たびこふれ

2018年、最高の避暑地。緑がきれいな奥入瀬へ。

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/13
最終更新日:2018/08/13

Views:

目次

十和田湖から奥入瀬渓流へ

「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。名前を聞いたことや、写真を見た事がある人は多いのではないでしょうか?この渓流は、青森県と秋田県にまたがる十和田湖・子ノ口から焼山へ14キロ続いています。

奥入瀬.jpg

遊歩道はとってもさわやか!この日の東北は猛暑日。外を歩けば汗をかくような暑さでしたが、 木々が生い茂っていて陽射しもやわらかく、 足元は風が吹いてとても涼しかったです。

奥入瀬①.jpg

水の流れの横を遊歩道が続いています。 今回はバスで下流まで行き、 上流に向かって歩いていきました。

奥入瀬②.jpg

奥入瀬③.jpg

とってもきれい!

奥入瀬④.jpg

白い水しぶきが美しい。 よく写真で出てくるのは "阿修羅の流れ" という景勝地。 今回は残念ながら阿修羅の流れはバスから眺めるのみでしたが、 ゴツゴツした岩の間を水が流れる光景は圧巻でした。

滝、滝、滝。滝がたくさんあるんです!

遊歩道は多くの滝が流れています。細く細く、繊細に流れる"千筋の滝"。なかよく2つ並んで流れる"姉妹の滝"。ころころ転がるように流れる "玉簾(たまだれ)の滝"。そしていちばん子ノ口(ねのくち)に近く、大きく迫力があるのが "銚子大滝(ちょうしおおたき)"。

奥入瀬⑤.jpg

だんだん見えてきます。

奥入瀬⑥.jpg

おおおおお。

奥入瀬⑦.jpg

マイナスイオンのシャワーでした。滝をすぐ近くで眺めることができます。

勢いよく水が流れているので、滝のミストがあたり一面に漂っていて とっても気持ちよかったです。

ぜひ一度身をもって体感してください

自然がたっぷり感じられる美しい渓流、奥入瀬。

特に夏の景色は、"THE 奥入瀬"というような緑々しい風景でしたが、 奥入瀬の魅力はそれだけではありません。

少しゆっくり訪れる春は花が咲き始め、 秋は赤、茶、黄色に葉が染まっていき、 雨季の積もる冬は、滝が凍ってガラスのようなつららを見ることができます。

四季折々の景色が楽しめる奥入瀬渓流。 皆さんもぜひ一度訪れてみてください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
にぴやま
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/13
最終更新日:2018/08/13

Views:

この記事に関連する記事

青森のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.