たびこふれ

お土産にも!SNSで自慢したいハワイのスーパーで買えるプチプラお菓子

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/23
最終更新日:2018/08/06

Views:

ハワイ滞在中に、スーパーマーケットやドラッグストアに足を運ぶ方は多いはず。飲み物やちょっとした日用品を購入するだけでなく、スーパーマーケットのオリジナルブランド調味料やお菓子、スキン&ボディケア商品などはお土産としても喜ばれるため、ハワイ旅行のたびに訪ねる方もいることでしょう。

店内を見て回るだけでも、ハワイ・アメリカならではのパッケージやユニークな商品についつい目が留まるはず。特にお菓子は、日本のそれとはかなり違ったデザインやフレーバーを見つけるのが楽しいものです。

この記事では、ハワイのロコも愛用するスーパーマーケットで手軽に購入できて、お土産としても喜ばれるプチプラ&SNS映え必至のキュートなお菓子をご紹介します。

目次:クリックで見出しに移動します

ハワイでSNS映えするお菓子を購入するならここ!

まずはハワイのスーパーマーケットについて、「ローカル色が強め」「おしゃれ」「大型店」の3タイプに分けてご紹介しましょう。タイプによって売られているお菓子も違ってきますので、傾向をつかむ参考にしてくださいね。

日常生活に欠かせないローカル色強めのスーパーマーケット

ロコが毎日の食料品や日用品を購入するスーパーマーケットといえば、ホノルルを拠点として店舗展開をしているFoodland(以下、フードランド)とTimes Supermarket(以下、タイムス)です。

フードランドは、アラ・モアナ・ショッピングセンター内にFoodland Farmsが出店し、旅行者にもより一層身近な存在になりました。ワイキキから足を運びやすいのはやはりアラモアナショッピングセンター内のFoodland Farmsです。毎日朝5時から夜22時まで営業しています。

フードランドよりもさらにローカル色が感じられるのが、タイムス。ワイキキからは少し離れた立地なのが残念ですが、サウスキングストリート沿いの店舗へは、レンタルバイクのBiki(ビキ)を利用すれば、十分にアクセスできます。

■Foodland Farms
住所:1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
電話番号:808-949-5044
営業時間:毎日5:00~22:00
公式サイト:https://www.foodland.com/

■Times Supermarket McCULLY
住所:1772 South King Street, Honolulu, HI 96826
電話番号:808- 973-5868
営業時間:毎日6:00~10:00
公式サイト:https://www.timessupermarkets.com/

プライベートブランドも充実のおしゃれなスーパーマーケット

続いてはおしゃれなスーパーマーケットについて。オリジナルブランドの商品や店内で焼き上げるフレッシュなベーカリー&スイーツが豊富にそろうのが、Safeway(以下、セイフウェイ)です。ワイキキからなら、マラサダでおなじみのレナーズ・ベーカリーの手前左側に立地しているカパフルアベニュー沿いの店舗が便利。アメリカでも屈指の規模を誇るスーパーマーケットチェーンだけに、その品ぞろえと商品のクオリティはお墨付きです。

そして、ハワイでおしゃれ度高めのスーパーマーケットといえば、Whole Foods Market(以下、ホールフーズ)を忘れてはいけません。オアフ島内では、カハラ・モール店とカイルア店の2店舗展開。オーガニック商品の品ぞろえが充実しているので、健康志向の高い方、流行やトレンドに敏感な方へのお土産選びにぴったりです。

■Safeway
住所:888 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96816
電話番号:808-733-2600
営業時間:毎日 24時間営業
公式サイト:http://www.safeway.com/

■Whole Foods Market Honolulu
住所:4211 Wai'alae Avenue, Honolulu, HI 96816
電話番号:808-738-0820
営業時間:毎日 7:00~22:00
公式サイト:https://www.wholefoodsmarket.com/

何でもそろう大型店&ドラッグストアではセール品も狙おう

最後にご紹介するのは「大型店」。アラ・モアナ・ショッピングセンターに最新店舗がオープンしたばかりのTarget(以下ターゲット)や、そこから徒歩圏内のWalmart(以下ウォルマート)、Don Quijote(以下ドン・キホーテ)などでも、たくさんのアメリカン&ハワイアンなお菓子が販売されています。

もう一つ知っておきたいのが、ドラッグストアの存在。同じくアラ・モアナ・ショッピングセンター内にも店舗のあるLongs Drugs(ロングス)やショッピングセンター向かいのWalgreens(ウォルグリーンズ)の2大ドラッグストアチェーンの各店舗でも、お菓子類は充実の品ぞろえ。

これらの店舗では毎週目玉セール商品が設定されているほか、価格も他のスーパーマーケットなどと比べ相対的に安価であることが多いので、お得にたくさん購入したい方には特におススメです。ドラッグストアはオアフ島各地に店舗を構えていますので、お菓子だけでなく万が一薬を買う必要がときに備えて覚えておくと良いでしょう。

■Target Honolulu Ala Moana Center
所在地:1450 Ala Moana Blvd, Ste 2401 Honolulu, HI 96814
営業時間:8:00~23:00
電話番号:808-206-7162
公式サイト:https://www.target.com/sl/oahu-honolulu-ala-moana/2870?dvm=true&lnk=store

■Walmart Honolulu
所在地:700 Keeaumoku St, HI 96814
営業時間:毎日24時間
公式サイト:https://www.walmart.com/store/3478/honolulu-hi

■Don Quijote Hawaii
所在地:801 Kaheka St., Honolulu, HI 96814
営業時間:毎日24時間
公式サイト:http://donquijotehawaii.com/

■Longs Drugs Ala Moana Center
所在地:1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814
営業時間:毎日6:00~23:00
公式サイト:https://www.alamoanacenter.com/ja/directory/longs-drugs-789.html

■Walgreens #12072
所在地:1488 KAPIOLANI BLVD Honolulu, HI 96814
営業時間:[店舗]24時間 [薬局]9:00~21:00
公式サイト:https://www.walgreens.com/

かわいい見た目でプチプラ。ハワイのスーパーでおススメのお菓子

アメリカのお菓子というと、奇抜なパッケージやカラフル過ぎる色合い、味付けが強すぎるというイメージから、あまりおいしくないのではないかと敬遠している方も多いかと思います。

残念ながら、確かにそれは完全な間違いではありません。スーパーで売られている商品の中には、あまりにも不健康そうな色合いのキャンディや、日本人の舌には合わないフレーバーのスナック菓子などがあることも事実です。

でも、見方を変えればそれもまたアメリカの個性。ユニークな経験のおすそ分けとして日本に持ち帰るのも悪くはないですよね。もちろんアメリカのお菓子にも、見た目も味も大満足できるものがたくさんあります。それらの中からいくつか、おすすめの商品をご紹介しましょう。

Pepperidge Farmのクッキー

Pepperidge Farmのクッキー.jpeg
2017年11月著者撮影

まずご紹介したいのが、パッケージはシンプルでかわいらしく、商品バリエーションも豊富なPepperidge Farm(ペパリッジファーム)のクッキーです。焼き菓子やクッキー好きの方におすすめなのが、こちらの商品。

シンプルなショートブレッドタイプ、薄地のクッキーでチョコレートを挟んだミラノシリーズ、ジャム入りのもの、アメリカ人にファンの多いソフトタイプのチャンククッキーなど、あれもこれもと迷ってしまいます。

筆者が特におすすめするのが、ミラノシリーズのクッキーです。薄いラングドシャタイプのクッキーでミルクチョコレートやダークチョコレート、ミントチョコレートを挟んでいます。一つ一つのサイズも小ぶりで食べやすいことも魅力です。

また、こちらのブランドのクッキーで特におすすめなのが、シーズン毎に限定発売される限定フレーバーの商品です。店頭で見かけたら迷わずゲットしてくださいね。

SNSに投稿する際は、パッケージからいくつかの種類を取り出してお皿に盛り付け、アフタヌーンティーと共に写真に収める構図がおすすめです。

公式サイト:https://www.pepperidgefarm.com/product-categories/cookies/

Blue Diamondのアーモンド

Blue Diamondのアーモンド.jpeg
2017年11月著者撮影

甘いものは苦手という方にも喜ばれそうなアイテムが、Blue Diamond(ブルーダイヤモンド)のアーモンドです。栄養価の高さでも人気のアーモンドやナッツ類とドライフルーツの組み合わせは、ヘルシーなスナックオプションとしてロコにも人気です。

筆者の職場でも、ちょっと小腹がすいた時のスナック用にと、保存用ジップロックバッグにマイミックスを作って持参している女性がたくさんいます。

カリフォルニアで100年以上の歴史がある、高品質のアーモンド商品に特化したこちらのブランド。スナックアーモンドだけでなく、アーモンドミルクのラインナップでも知られています。

軽い塩味や減塩タイプ、スモークフレーバーなど長く愛されている定番商品は、実際に毎日食べても飽きのこないシンプルな味わいで万人受け間違いありません。定番以外では、シラチャ(※)フレーバー、スイートタイチリ、ハバネロBBQなどのユニークなフレーバーも展開されています。

SNSに投稿する際には、外箱のまま並べて撮ってももちろんかわいらしいですが、クリアなカクテルグラスなどに盛り付けても素敵です。

公式サイト:https://www.bluediamond.com/brand/snack-almonds

※註:シラチャ(シラチャーソース)は、タイ発祥アメリカ開発の由来を持つソースのこと。甘味とピリ辛を同時に楽しめ、タイ料理や中南米料理などによく合います。日本でも、輸入品のシラチャーソースや、フレーバーを名乗った食品が販売されています。

Russell Stoverのチョコレート

Russell Stoverのチョコレート.jpeg
2017年11月著者撮影

続いてご紹介するのは、Russell Stover(ラッセル・ストーバー)のチョコレート・キャンディー類です。

ミズーリ州のカンザスシティーに本社・ファクトリーのあるラッセル・ストーバーは、アメリカ人なら知らない人はいないのではないかと思われるほど有名なチョコレート・キャンディーカンパニーです。ギフトやお土産としても便利な箱入りのチョコレートのバリエーションも充実しています。

パッケージはシンプル&クラシカルな雰囲気で、大人っぽさと高級感があります。もちろん味もお墨付き。特に、チョコレートの中にトフィー(※)の入ったものは、外側のチョコレートの甘さとトフィーの塩味が絶妙なバランス! 甘いだけのチョコレートは苦手という方にも楽しんでいただけると思います。

そしてもう一つ、ラッセル・ストーバーのラインナップで一押しなのが、シュガーフリーの商品です。チョコレートはもちろん、トフィーやハードキャンディまであらゆるアイテムで砂糖不使用のバージョンが用意されています。糖質制限がある方、糖分の過剰摂取を気にするヘルシー志向の方にも喜ばれるアイテムです。

公式サイト:https://www.russellstover.com/

※註:トフィー(トッフィー、タフィー)はイギリスの伝統的なお菓子。キャラメルと似ていますが、トフィーはバターと砂糖を主に用いており、レシピも異なります。

ホームパーティーを盛り上げる!衝撃のジェリービーンズ

加工済ハワイ記事2写真04.jpeg
2017年11月著者撮影

最後にご紹介するのが、アメリカを代表するお菓子ジェリービーンズ。でも、こちらのジェリービーンズは、いつもの甘い幸せな時間を運んでくれるそらまめ型の砂糖菓子ではありません。

Bean Boozled(ビーン ブーズル※)と名付けられたこちらの商品は、その名前が暗示する通り、同じ色のジェリービーンズにそれぞれ2パターンの味が仕込まれています。たとえば、片方は甘くておいしい通常のジェリービーンズでも、もう片方は腐った卵、くさい靴下、缶入りドッグフードなどの衝撃的なフレーバーとなっています。

また、この商品はフタの部分がルーレットになっており、それが指定した色のジェリービーンズを食べるルールを設定しています。つまり、美味しくないフレーバーに当たる確率は初期状態で2分の1。美味しいフレーバーに当たるたび、以降はどんどん悲惨なことに......。

ロシアンルーレットのようなドキドキ感もあるこの商品は、友達が集まるパーティーや職場の飲み会などで、盛り上げアイテムとして活躍してくれそうですよね。

もちろん、見た目にはとってもカラフルでかわいらしいため、真っ白なお皿の上にジェリービーンズでアートを描いてSNSに投稿すると注目度大ですよ。飾った後も最後まで美味しくいただくのであれば、通常の商品を買いましょう。

※註:「bamboozle(人をだます、惑わせるの意味)」または「boozed(お酒で酔っぱらう)」をもじった名称と言えます。

今回ご紹介したもの以外にも、ハワイのスーパーで買えるお菓子は手軽に買えてかわいいものもたくさんあるため、バラ撒き用のお土産にもぴったり。ハワイを訪れた際は、ぜひチェックしてみてくださいね!

写真・執筆:ヒューレット秦泉寺 明佳

この記事と一緒に読みたい関連記事

2017年10月、ターゲットがアラモアナセンターに開店!気になる店内の様子は?

持ってきて大正解!女子必携のハワイ旅行持ち物リスト

お土産にチョイス!ナチュラル成分で香りも見た目も素敵なハワイのおすすめ石鹸

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/07/23
最終更新日:2018/08/06

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.