たびこふれ

バリ島ジンバランでイカンバカールを安く食べるならココ!私のオススメ店もご紹介します!

記事投稿日:2018/06/14最終更新日:2019/11/08

Views:

スラマッシアーン!みなさんこんにちは。バリ島在住のManggaです。

今日バリ島からお届けするのは、インドネシア式バーベキュー「イカンバカール」です!

目次

イカンバカールってどんなもの?

インドネシア語で「イカン=魚」、「バカール=焼く」を意味しますので、直訳すると「焼き魚」ということになります。

とは言っても単なる焼き魚ではなく、シーフードバーベキューを指すんですよ。

イカンバカールが有名なのは、バリ島南部の「ジンバラン」

バリ島で有名なのは、バリ島南部「ジンバラン」にあるイカンバカールです。ジンバランのビーチにいくつものイカンバカール屋さんが並んでいて好きなお店に入ります。

ちょうど夕暮れ時に行くとサンセットと共に食事が楽しめ、夕日が沈んだ後はテーブルにキャンドルが並び、ロマンティックなディナーとなります。

しかし、私がオススメするのはジンバランのロマンティックなイカンバカールではありません。

ジンバランで安くイカンバカールを食べるなら「クドガナン」で!

ジンバランビーチのロマンティックディナーを横目に通り過ぎると、「クドガナン(Kedonganan)と言う大きな魚市場があります。決して綺麗ではありませんが、観光客も自由に買うことが出来ます。この魚市場から魚介類を仕入れているお店も多いんですよ。

IMG_0130.JPG

市場なので新鮮で安く、いろんな種類の魚が並んでいます。値引き交渉も可能です。日本では見たことがないカラフルな魚も売っていたりして、見るだけでも楽しいですよ。

IMG_0129.JPG

ここでシーフードを買って外に出ます。そうすると、ビーチ沿いではない方にもイカンバカールのお店が並んでいます。そのお店に市場で買ってきた魚を持ち込んで焼いてもらうことが出来るんです。

IMG_0128.JPG

もちろんお金はかかりますが、タレを付けて焼いてくれて、付け合わせの空心菜を茹でたものや、サンバルマタ(バリの辛い薬味)も注文できます。

そうすれば、ビーチ沿いのロマンティックなイカンバカールの3分の1くらいの値段で食べることが出来るんですよ!

自分で選んだ新鮮シーフードが格安で食べられる裏技です!

私のお気に入りは、ナクラ通りのイカンバカール屋さん!

ジンバランは私が住んでいる地域からは遠いため、なかなか行く機会がありません。そんな私がイカンバカールを食べたくなると行くのはナクラ通りの市場(Pasar Nakula)の中にあるイカンバカール屋さんです。

ここには5年くらい通っています。いつ行っても大賑わいであまり遅い時間に行くと魚の種類が少ないので、6時台に行くのがおすすめです。ピーク時間に行くと席もいっぱいで焼くのにも随分待つことになります。それくらい人気店なのです。ローカル(地元民)にはもちろん、この店は外国人にも人気です。人気の理由は、辛すぎないタレと値段にあると思います。

場所はナクラ市場を入り左手にあります。このお店にあやかってか、数年前に反対側にもイカンバカールのお店が出来ましたが、味はダントツで左のお店の方が美味しいと言っていました。

IMG_9700.JPG

IMG_9701.JPG

お店の前には発泡スチロールの中に入った魚介類が並んでいます。その中から好きなものを好きなだけ注文して焼いてもらいます。

IMG_9702.JPG

お店オリジナルのタレをたっぷり塗って、ヤシの実の殻の炭で香ばしく焼き上げます。

IMG_0131.JPG

3人で行って魚1匹、イカ1杯、エビを一人前でちょうどいい量です。その他にご飯、茹でたもやしと空心菜、サンバルが付きます。

飲み物を合わせても一人1,000円以下です。定食並みの値段でシーフードBBQが食べられちゃいますよ!

バリ島に来たらイカンバカールも試してみて!

インドネシア式バーベキューいかがでしたか?書いてた私本人が食べたくなってしまいました(笑)。

ナクラのイカンバカールは観光客の方には少しハードルが高いかもしれませんが、ガイドと一緒なら安心して行けますよ。バリ島に来たらナシゴレンやミーゴレン以外にもイカンバカール、是非試してみてくださいね。

それでは今日はこの辺でサンパイジュンパ~

バリ島の観光やグルメを楽しむならこちらの記事も要チェック!

観光編

グルメ編

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mangga
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/06/14最終更新日:2019/11/08

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.