たびこふれ

ハワイで格安に泊まろう!1泊2人でも99ドル以下のおすすめホテル6選

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/04/15
最終更新日:2018/04/15

Views:

サムネイル:Pixabay(CC0)

憧れのハワイ旅行!と言うことで、オーシャンビューのゴージャスなホテルにセレブ気分で滞在したいという方もいらっしゃれば、なるべくコストを抑えて、長期滞在でハワイを楽しみたいもいらっしゃるはず。

そこでこの記事では、低予算でハワイ旅行を楽しみたい方におすすめの、お財布に優しいホテルをご紹介します。いずれもハワイ・オアフ島ワイキキエリアにあり、好立地な施設ばかり。

施設紹介と共に、リーズナブルなホテルを選ぶときのポイントもまとめています。

ハワイのホテルの宿泊費は日本の相場よりも高い!?

ハワイのホテルは宿泊費が高い!というイメージを持たれている方も多いのでは。もちろん、ワイキキビーチ沿いに立ち並ぶ有名ホテルグループのリゾートホテルなどは、1泊数百ドルからという価格設定も珍しくありません。

でもこれは、日本でも同じことが言えますよね。特別な立地や、グレードの高いホテルに宿泊すれば、滞在費はどうしても高くなります。

◎ハワイのホテルもグレードはさまざま

ハワイ、特にオアフ島は世界から観光客が集まるリゾート地ですが、ゴージャスなホテル以外の選択肢がないわけではありません。

オアフ島の中心部ワイキキにも、ワイキキビーチや人気ショッピングエリアまで徒歩数分の好立地に、リーズナブルに宿泊できるカジュアルホテルが数多くあります。

中には、バックパッカーや格安旅行を楽しみたい方向けのホステル・ドミトリー型施設もありますので、旅行の予算や目的に応じて宿泊施設を選べるんですよ。

◎ハワイのホテルを最安値で予約するには?

ハワイのホテルを最安値で予約するためには、英語サイトを中心とした有名大手Webサービス以外も含め、なるべく多数の宿泊予約サイトを比較してみることが重要です。

そのうえで、筆者や知人の経験からお伝えしたいのは、実際に宿泊予約をしたいホテルに連絡をとり、空室確認や値段交渉をしてみることです。ホテルにとっても、宿泊者からの直予約は嬉しいもの。

たとえ他サイトで確認した料金と同じ料金になったとしても、お部屋がアップグレードされるなどの嬉しい特典があるかもしれません。

もちろん、ラストミニット、いわゆる直前予約ですと掘り出し価格で宿泊できる可能性がありますが、わざわざ日本から旅行を考えている場合にはリスクがありますよね。よほど旅慣れた方でない限りは、これはあまりおすすめできません。

ですので、旅行初心者で予算をなるべく抑えたい方は、ホテル予約サイトを複数調べることから始めてみましょう。

ハワイ・ワイキキエリアのおすすめ格安ホテル6選

ここでは、ハワイの定番観光スポット、ワイキキエリアにある格安ホテルをいくつかご紹介します。

白砂のワイキキビーチに、たくさんのおしゃれなショップやレストランが立ち並ぶメインストリートまで歩いて1分という好立地にも、数多くのリーズナブルな宿があるんですよ!

※価格の算出方法について:今回は、オフシーズン(11月初旬)の木曜日にチェックインし、翌週の月曜日にチェックアウトする4泊6日のハワイ旅行を想定して、料金目安などを算出しています。目安として表記している宿泊費は1泊一部屋あたり2名利用時の料金です(一部例外有。また税金やその他費用は表示に含まれていません)。

※註:今回ご紹介している施設は、あくまでもライターの目線による情報を主体としています。清潔度やサービスの品質、騒音、客室の広さなどは感じ方に個人差がありますので、ご予約の際は必ず事前に詳細をお調べください。また、記載している電話番号は日本からかける場合国際電話となりますので、通話料には十分ご注意ください。

1.Holiday Surf Hotel / ホリデーサーフホテル 宿泊費目安:85ドル〜

ハワイ1写真1Holiday Surf Hotel.JPG
Holiday Surf Hotel (著者撮影・2017年8月)

2つ星ホテルのホリデーサーフホテルは、ワイキキ中心部を通る2本のメインストリートであるクヒオ・アヴェニューとカラカウア・アヴェニューのうち、北側のクヒオ・アヴェニューから歩いて2、3分ほどのところにあります。アラワイ運河沿いに立地しているため、部屋からは運河や対岸の美しいゴルフコースのグリーンが眺められます。

簡易キッチンやシャワーが付いたスタジオタイプが、最も安く宿泊できるお部屋。自炊ができるので、食費を含めた旅費全体のコストをリーズナブルに抑えたい方にもぴったり。ビジネス、バックパッカーの方向けのホテルと言えるでしょう。

◆Holiday Surf Hotel基本情報

■住所:2303 Ala Wai Boulevard, Honolulu, HI 96815
■TEL:(808) 923-8488
■URL:http://holidaysurfhotel.com/

2.White Sand Hotel / ホワイトサンドホテル 宿泊費目安:95ドル〜

ハワイ1写真2White Sand Hotel.JPG
White Sand Hotel (著者撮影・2017年8月)

ワイキキ中心部を走るクヒオ・アヴェニューとアラワイ運河を結ぶ、ノホナニ・ストリート沿いに建つホワイトサンドホテル。ノホナニ・ストリートにはいくつかリーズナブルに宿泊できるホテルが立ち並んでいます。

3階建てのこじんまりとしたホワイトサンドホテルは、エントランスのアーチとそれを彩る南国の植物と花々が印象的です。エントランスを抜けた1階中央部には、屋外プールがあります。

ワイキキエリアの新人気スポットで、お惣菜やサラダを扱うデリタイプのお店やカフェ、レストランなどが集うDUKES LANE(デュ―クスレーン)や、スターバックスまでは徒歩1分ほどです。

◆White Sand Hotel 基本情報

■住所:431 Nohonani Street, Honolulu, HI 96815
■TEL:(808)924-7263
■URL:http://www.whitesandshotel.com/

3.Kuhio Banyan Club / クヒオバンヤンクラブ 宿泊費目安:80ドル〜

ハワイ1写真3Kuhio Banyan Hotel.JPG
Kuhio Banyan Club (著者撮影・2017年8月)

クヒオ・アヴェニュー沿い、最先端のデザイナーズファッションからリーズナブルなアパレル、有名レストランなど、魅力的な店舗が盛りだくさんの人気スポットInternational Market Place(インターナショナルマーケットプレイス)の向かい側にあるのが、クヒオバンヤンクラブ。通りから少し奥まったところにホテルの入り口があります。

建物があるのは、WAIKIKI MARKET PLACEの一角で、こちらには一日中人の列が絶えないMarukame Udon(丸亀製麵ワイキキ店)や、キュートでユニークなデザインで人気のTシャツストア88Teasなどがあります。

ミニキッチンが付いたクイーンスタジオタイプの部屋は、滞在費を安くあげたい方にぴったり。バスルームの広さは十分で清潔感もありますし、居室のベッドが壁に収納できる形になっていて、日中はベッドを上げて空間を広々と使えるように工夫されています。

以前、8月のトップシーズンに筆者の友人が実際にこちらのホテルに宿泊した際には、金曜日から月曜日までの3泊4日を、1泊当たり80ドルで泊まれたと満足していました。

◆Kuhio Banyan Club 基本情報

■住所:2310 Kuhio Avenue Honolulu, HI 96815
■TEL:(808) 923-5887
■URL:http://www.kuhiobanyanwaikiki.com/

4.Royal Grove Hotel / ロイヤルグローブホテル 宿泊費目安:60ドル〜80ドル

ハワイ1写真4Royal Grove Hotel.JPG
Royal Grove Hotel (著者撮影・2017年8月)

ロイヤルグローブホテルは、ワイキキ中心部を通るクヒオ・アヴェニューからウルニウ・アヴェニューに少し入った、ホノルル動物園やダイヤモンドヘッドに近い側のワイキキに位置しています。

1つ星ホテルで施設の古さは否めませんが、海側のお部屋(ワンベッドルームタイプ・古キッチン付き)からは部分的にではあるものの、オーシャンビューを得ることができます。

このホテルにおいて最安値で宿泊できるのは、スタジオタイプのお部屋。知人によれば、1泊50ドル以下で宿泊できたそうです。

ワイキキビーチまでは徒歩で数分の好立地ですが、ホテルでのんびりしたいという日には、建物の1階に屋外プールが備え付けられているので便利です。ホテルの1階の一角には、お菓子類や飲料・酒類などが購入できるRoyal Mini Mart(ロイヤルミニマート)や、テイクアウトもできて便利なME BBQがあります。

また、ホテルの向かい側には、東京・白金に本店のある有名な鉄板焼きレストラン、Jinroku Pacific.(甚六パシフィック)があり、お得なランチメニューを食べられることで人気です。

◆Royal Grove Hotel 基本情報

■住所:151 Uluniu Ave, Honolulu, HI 96815
■電話番号: (808) 923-7691
■URL:http://www.royalgrovehotel.com/

5.Waikiki Beachside Hostel / ワイキキビーチサイドホステル
宿泊費目安:34.22ドル〜(※共用部屋1人当たり。別途個室も有)

ハワイ1写真5Waikiki Beachside Hostel.JPG
Waikiki Beachside Hostel (著者撮影・2017年8月)

クヒオ・アヴェニューとカラカウア・アヴェニューを結ぶパオカラ二・アヴェニューから、ホノルル動物園のあるカパフル・アヴェニュー方面に抜けるレモン・ロード沿いに建つ、ワイキキビーチサイドホステル。

ホステルというだけに、1人当たり1泊34.22ドルの最安値で泊まれるお部屋は二段ベッド二台の4人共用部屋(男女別・混合の両方有り)ですが、もう少しプライベート感が欲しいという方向けのお部屋もあります。

4人まで宿泊できるプライベートルームでも、一部屋あたり80.72 ドルとリーズナブル。プライベートルームには、キッチン(一部対応)、専用バスルーム、バルコニー、居室ドアには電子ロックキーが整備されていて安心です。

毎週水曜日の夜7時半からは、地元のミュージシャンによるライブミュージックも開催されています。

◆Waikiki Beachside Hostel 基本情報

■所在地: 2556 Lemon Rd b101, Honolulu, HI 96815
■電話番号: (808) 923-9566
■URL:http://www.waikikibeachsidehostel.com/

6.Polynesian Hostel Beach Club / ポリネシアンホステルビーチクラブ
宿泊費目安:29.40ドル〜(※共用部屋1人当たり。別途個室も有)

ハワイ1写真6Polynesian Hostel Beach Club.JPG
Polynesian Hostel Beach Club (著者撮影・2017年8月)

ワイキキビーチまで徒歩一分のレモン・ロード沿いに建つポリネシアンホステルビーチクラブは、水着でサーフボードを担いで楽々ビーチまで出られる好立地。朝食付きで無料WiFiもありながらリーズナブルな宿泊費で、長期滞在客などに人気のホステルです。

最安値で宿泊できる部屋は、男女共用の8台ベッドの部屋で、1泊1人29.40ドル。女性のみの4台ベッドの部屋が1泊1人37.24ドル、女性のみの二台ベッドの部屋でも1泊1人38.50ドルとリーズナブル。

もちろん、プライベート感を重視した個室タイプの部屋も完備されています。ベーシックダブルルームですと、1泊一部屋当たり78.96ドルで宿泊することができます。建物からの眺望は望めませんが、ホステルの外に一歩出れば通りからはダイヤモンドヘッドを望むことができます。

カパフル・アヴェニューを渡れば、ホノルル動物園があり、また広大な公園のカピオラニリージョナルパーク、海岸沿いをお散歩やランニングできるビーチサイドウォークへのアクセスも抜群。ワイキキでアクティブに過ごしたい人におすすめのホステルです。

◆Polynesian Hostel Beach Club 基本情報

■住所: 2584 Lemon Rd, Honolulu, HI 96815
■電話番号: (808) 922-1340
■URL:https://polynesianhostel.com/

ハワイの格安ホテルは良いことばかりではない!?

今回、6軒の格安で宿泊することができるオアフ島・ワイキキエリアの施設をご紹介しましたが、価格が安いだけに、いろいろと制限があったり、設備やサービスが高級ホテルのそれに比較すれば、格段に劣る部分もあることは否めません。

リーズナブルに滞在するときは、以下のポイントを意識してホテルを選ぶようにしましょう。

■24時間ではないフロントサービス?門限がある?

通常のホテルであれば当たり前の24時間対応フロントサービスですが、こうした格安ホテルの中には、深夜になるとフロントサービスが終了するところもあります。

たとえば夜遅くにホテルに到着するとチェックインができない、外出時にルームキーを持参し忘れた、外出先で紛失したといった事態になると、ホテルの部屋に戻れないなどの不具合が生じることがあります。

もちろん、緊急時の対応連絡先などは準備されていますが、即座の対応が望めないリスクは念頭に置いておく必要があります。

■バスタブ・バルコニー・駐車場がないことも!

ハワイのホテルの一部には、シャワーは設置されているもののバスタブはない部屋や、通常の半分以下のサイズのバスタブしかない部屋もあります。

また、格安の施設や部屋の場合は、部屋からの眺望が望めないことはもちろん、バルコニーすらないことも多々あります。さらに、数日間にわたってレンタカーを借りる予定のある方は、ホテルに駐車場があるかを確認しておくことも重要です。

限られたスペースしかないハワイの中心部の駐車場事情はとても悪く、宿泊費は安くあげたものの、ホテルから遠い不便な駐車場代に意外と費用がかかってしまった......という事態にもなりかねません。

目的と予算に合わせて、ハワイ滞在を楽しんで!

物価が高いと言われやすいハワイ滞在も、泊まる場所を選べばコストを抑えることができます。

ただし、先にご説明したように注意も必要なので、事前の準備は入念に! ご自身の目的や予算、こだわる部分と気にしない部分を明確にして、快適なハワイ旅行を楽しんでくださいね!

執筆:ヒューレット秦泉寺 明佳

※掲載情報はライター執筆時のものです。価格、サービスの最新情報についてはホテル公式サイト、口コミサイトなどを入念に調べ、ご自身で判断をお願いいたします。

この記事と一緒に読みたい関連記事

予約前にチェック!ハワイ旅行の満足度がアップするホテル選びのポイント

ホテルのチェックインから買い物まで!ハワイへ行く前に知っておきたい英語表現

出発前に要チェック!ハワイ滞在中に携帯電話を安全&おトクに使うためのポイント

ハワイの最新情報をチェック!便利で使える厳選アプリ・Web & SNSコミュニティ

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/04/15
最終更新日:2018/04/15

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.