たびこふれ

~大阪を歩く~池田市から箕面市へ(五月山・六個山ウォーク)

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/14
最終更新日:2018/04/10

Views:

早春の休日、何の予定もない私は、阪急電車が主催するハイキングに参加しました。

こういうイベントに参加するのは3度目です。住んでいる箕面(みのお)がゴールで、今まで歩いたことがない場所でもあり、行くだけでスタッフや看板でゴールまで導いてくれるのです。電車代だけで参加できる大変ありがたいイベントです。

池田駅前公園に集合。集合時間には既に多数の参加者が、ウォーキンググッズに身を固めて準備体操。私はド素人徒歩人で、ダウンジャケットにジーパンというなりで参加。参加者の年齢は、60代・70代の方が中心、たまに子供連れの若いパパも交じってます。

市役所を出ると暫く街中を歩き、池田城跡公園を訪れます。

階段を上ると、そこが池田城跡です。

image3.JPG

image2.JPG

池田城とはあまり聞いたことがないかもしれません。案内によると歴史の資料に出てきたのは、1336年、後醍醐天皇の時代のようです。池田氏が治めていたそうです。市の名前もそこからなんですね。最後は織田信長により廃城となり、平成11年に再建されたそうです。こんな近くにも信長は来ていたとは知りませんでした。公園内の桜は少し蕾がふくらみ、春間近です。

image1.JPG

池田城跡公園を出ると五月山を目指してのぼっていきます。ひょうたん島コースを経て五月山の日の丸展望台をめざします。

image5.jpeg

だんだん道は細く、登っていきます。暑い。。。

image4.jpeg

途中、ちいさな吊り橋もあって渋滞。皆、いくつになってもこの手のアトラクションは好きなんですね。↓↓

image7.jpeg

出発から1時間半ほどで、日の丸展望台へ到着。30年ほど前、よく車で来た懐かしの場所。だいぶ変わったような。疲れて上には上りませんでした。↓↓

image6.jpeg

皆さん、まあまあお疲れ。ここでお弁当の方も多数。私もおにぎり1個補給しました。六個山の昼食ポイントまであと1時間なので、残りの食事はそこで食べる事にして出発です。

ゴルフ場をそばに見ながらウォーキングを続けます。この日は暖かくゴルファーも気持ち良さそうにプレーしてます。

image8.jpeg

ここから六個山までの間に途中、素晴らしい景色を見れるポイントがあるとのこと。楽しみです。

しばらく歩くと山上の霊園付近で、大阪市方面が一望できる場所に到着しました。

image9.JPG

奈良、大阪、神戸まで見渡せます。

そこからは、六個山を目指します。"ろっかやま"と読むそうです。地元にいながら知りませんでした。標高395メートルで多くの登山道が整備されてるそうです。

そこまでは結構細い道や登りもあり、小川を渡ったり、山道らしい道のりです。

image11.JPG

image10.JPG

かなり疲れてきたところでようやく、六個山山頂です。ここで昼食。木が多く、ここからは少し遠くが見にくいですが、気持ちのいい場所です。

image12.jpeg

最後の展望台は山頂から30分ほど、 "青空展望台"と書いてます。眺めは最高です。

image13.JPG

あとは、ゴールの箕面駅を目指すのみ!でも先はまだ長いです。昨年の台風の影響か道には大木が倒れたりして、影響の大きさが感じられます。

image14.jpeg

image15.jpeg

約10キロの道のりを4時間で気持ちよく、ほどよく疲れながら歩きました。地元ながら未知の場所を体験できましたし、城跡・展望台からの眺望・台風の爪痕などが印象に残るウォークでした。

尚、池田市は阪急電車の創業者、小林一三さんの記念館もあります。また箕面市は、阪急電車の前身"箕面有馬電機鉄道"の開業からOPENした場所で、秋の紅葉は大変な人気です。(昨年の台風の影響で現在、箕面大滝への道は通行止めとなり、6月開通予定)

プロフィール画像
この記事を書いた人
鯖太郎
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/14
最終更新日:2018/04/10

Views:

この記事に関連する記事

大阪のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.