たびこふれ

台湾夜市の衛生状況は? 海鮮、かき氷、フルーツ、どれが危険?

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/22
最終更新日:2018/11/06

Views:

活気あふれる台湾の夜市は、女子旅行でもぜひ訪れておきたい場所のひとつ。道いっぱいに並んだお店では、現地のグルメがたくさん!胡椒餅やおこわ、水餃子、海鮮料理、果物をいっぱい使ったフルーツなどが売られていて、あれもこれも食べてみたくなってしまいます! でもここで気になるのが衛生面に関すること。台湾はアジア諸国の中でもそれほど衛生状況が悪い国ではないけれど、夜市の屋台で食事をするときには少し注意が必要です。そこで今回は、台湾の夜市を安心して楽しむための安全ポイントを詳しく紹介します!

目次

台湾夜市の基本的な衛生面の判断材料

台湾滞在中の夜に一度は訪れておきたいのが、「夜市」。その名の通り、夕暮れから開店する屋台市場のことで、夜遅くなればなるほど多くの人たちで賑わいます。台北の「士林観光夜市」や「寧夏路夜市」、高尾の「六合二路夜市」、台南の「花園夜市」など台湾各地で多くの夜市が開かれていて、可愛い雑貨やアクセサリー、洋服のお店から、ゲームや麻雀が楽しめるお店、マッサージや占いをしてもらえるお店まで、ありとあらゆる種類の店が並ぶのが特徴です。観光客はもちろん地元の人たちもたくさん訪れるから、ローカルな台湾の熱気を思いっきり満喫することができるはず。

そんな台湾夜市の一番の楽しみと言えば、やっぱり「食べ歩き」。台湾の定番料理から地元っ子たちが愛するローカルフードや人気のB級グルメまで、台湾の食文化を思う存分堪能しない手はありません。ただ、ここでも注意したいのが衛生面のこと。残念ながら夜市の中には決して清潔とは言い難いお店があるのも事実。食中毒などを避けるためには、安心できるお店を見極めることが大切です。

では、清潔なお店とそうではないお店をどのようにして見分けたら、良いのでしょうか。主なポイントをまとめてみました。

ガイドブックに載っている

台湾の夜市を訪れるなら、ガイドブックやネットを活用した事前のリサーチはマスト。夜市は台湾各地でたくさん開かれていますが、ガイドブックなどで紹介されているような有名スポットであれば、比較的夜市の中でも安心して楽しむことができるでしょう。

行列ができている

多くの人で賑わう台湾の夜市ですが、行列ができるほどの人気店は基本的に衛生面での管理がしっかりと行き届いているケースが多いようです。インターネットが広く普及した現代では、ちょっとした問題でもあっという間に噂が拡散されてしまうのは台湾も日本も同じ。行列ができる人気店というのは、それなりにしっかりしたお店だと言えるでしょう。

露店ではなくきちんとしたお店に入る

台湾の夜市には露店や屋台だけでなく、きちんとしたお店もあります。厨房などの設備のことを考えると、やはりこうしたお店のほうが露店や屋台よりも衛生面はしっかりしているようです。ひとつの目安として「値段に比例して安全性は高くなる」という考えを持っておくと良いかもしれません。夏の店内は寒いくらいに冷房が効いているお店も多いので、冷房対策として羽織りものを持参することも忘れずに。

罫線.png

【台湾一口メモ】
海外旅行初心者にまずオススメできるのが台湾。日本からの飛行時間は3~4時間、時差もマイナス1時間ですので、気軽に行くことができます。親日的としても知られていますので、親切に対応してくれる方も多いと思います。台湾グルメにショッピング、夜市が楽しい「台北」、赤い提灯が美しい「九フン」、願い事を書いて空に放つ"天燈上げ"が楽しい「十分」など、台湾は見どころがいっぱいです。格安ツアーから豪華ホテルに泊まるツアーまで、たくさんのプランが用意されています。

<時間と費用>(目安)
●飛行時間:約4時間(羽田~台北)
●旅行日数:2~5日間
●ツアー費用:約25,000円~約180,000円

台湾のツアーはたくさんあります。まずはどんなツアーがあるか探してみてはいかがでしょうか?

>>>台湾のツアーを探す(外部サイトへリンクします)
罫線.png

台湾夜市の衛生面で特に注意するポイント

日本は世界的に見ても有数の清潔な国として知られています。そうした環境で生活している私たち日本人にとっては、海外のちょっとした衛生面での違いが、思わぬ健康トラブルを引き起こしてしまうことも......。旅先での急な体調不良は精神的にも金銭的にも大きな負担となりますので、できることなら避けたいものです。台湾はアジア圏のほかの国と比べても特に衛生面で心配という訳ではありませんが、それでも夜市など屋外で食事をする際には注意が必要でしょう。では、夜市の衛生面に関する注意ポイントを、詳しく見ていきましょう。

海鮮は危険度が高い

「基隆」と呼ばれる台湾北部の港町で開かれる「基隆夜市」や同じく港町として知られる「高雄」の「六合夜市」などでは現地でとれた魚介類の塩焼きや、海鮮麺、海鮮饅頭や海鮮粥など、港で水揚げされた海鮮を使ったグルメがずらりと並んでいます。港町で売られている海鮮というとなんとなく新鮮だから安心というイメージもありますが、夜市で売られている海鮮は要注意なのです。なぜなら、長時間にわたって屋外の店頭に並んだままの海鮮は傷んでいるものもあるため、危険度が高く、できれば食べないほうが良いでしょう。どうしても海鮮を食べたい! という方は、生の状態は避けて、焼いたり煮たりしてしっかり火を通したものを食べるようにしましょう。

生水はNG

水道の浄化設備がしっかりと整備されている日本では、水道の水をそのまま飲むことが可能ですが、台湾では生水の衛生面に不安があるため、「水道水は飲まない」というのが鉄則です。台湾の夜市ではお冷を提供しているお店はほとんどないと思いますが、もしお冷が出された場合には飲まないようにしましょう。また、夜市で売られているドリンクの中にも生水で作った氷を利用しているところもあるため、胃腸の弱い方や小さなお子さんは避けたほうが無難です。夜市を食べ歩くときには、水分補給としてミネラルウォーターを持参するようにしましょう。

関連記事
台湾の水って飲めるの? 歯磨きやうがいなら大丈夫?

生卵は避けたほうが良い

海鮮と同じく台湾の夜市で要注意の生卵。日本では卵かけご飯など生卵を食べることがありますが、生卵を安全に食べられる国というのも世界的にはごく少数。台湾で生卵や半熟の卵料理を見かけた場合には、なるべくなら食べないほうが良いでしょう。

かき氷は胃腸が弱い方は注意が必要だが、そこまで心配しなくて良い

台湾スイーツの定番として人気のかき氷ですが、夜市の露店や屋台で売られているかき氷の中には、生水から作った氷を利用しているお店も少なからずあるようですが、ほとんどの店は専用の業者から仕入れた氷を使っているので、そこまで心配する必要はありません。ただ、胃腸が弱い方や小さいお子さんなどは、露店や屋台のかき氷ではなく、カフェやレストランなどのかき氷を食べるほうが安心でしょう。

フルーツは念のためにおいを確認する

フルーツ天国と言われる台湾。夜市でも、マンゴー、パイナップル、ドラゴンフルーツ、ライチなどの色とりどりの果物がずらりと並んでいて、見ているだけでも楽しくなるほどです。でも、ここでも食べるのであれば、衛生面には少々注意が必要です。特に露店に長く平積みされているフルーツについては、念のためにおいを確認してから買うようにしましょう。

箸やお皿が汚れている場合がある

夜市の屋台や露店では、洗浄不足でお箸やお皿が汚れていることもあります。夜市でがっつり食べたい! という方は、除菌ウエットティッシュやマイ箸などを持参すると安心でしょう。

台湾夜市で衛生面以外にも注意したほうが良いポイント

台湾の夜市を楽しむためには、衛生面はもちろん以下のポイントにも注意が必要です。

必要以上の暴飲暴食には気をつける

美味しそうな食べものがずらりと並ぶ台湾の夜市では、旅行のテンションに任せてついつい食べ過ぎてしまうことも珍しくありません。暴飲暴食は胃腸系のトラブルの原因にもなりますので、自分の体と相談しながら腹八分目を意識して食べるようにしましょう。

ゴミ箱がない場合があるので、ビニール袋を持っていくと良い

台湾の夜市にはゴミ箱が設置されていないところが多いようです。食べ歩きの際にはビニール袋を持参して、自分のゴミは自分で持ち帰りましょう。

ビールは事前にコンビニやスーパーなどで入手

夜市の中にはアルコール類が売られていない夜市も数多くあります。ビールを飲みながら台湾グルメを楽しみたい! という方は、事前にコンビニやスーパーなどで買っておくことをおすすめします。

快適な旅行を楽しむには、衛生面での配慮が必要です。台湾の夜市で美味しいグルメを堪能するためにも、上記を参考に、生の海鮮や水道水など事前に注意するべきポイントを把握しておきましょう。しっかりと自衛をして、台湾夜市のグルメを楽しんでくださいね!

罫線.png

【台湾一口メモ】
海外旅行初心者にまずオススメできるのが台湾。日本からの飛行時間は3~4時間、時差もマイナス1時間ですので、気軽に行くことができます。親日的としても知られていますので、親切に対応してくれる方も多いと思います。台湾グルメにショッピング、夜市が楽しい「台北」、赤い提灯が美しい「九フン」、願い事を書いて空に放つ"天燈上げ"が楽しい「十分」など、台湾は見どころがいっぱいです。格安ツアーから豪華ホテルに泊まるツアーまで、たくさんのプランが用意されています。

<時間と費用>(目安)
●飛行時間:約4時間(羽田~台北)
●旅行日数:2~5日間
●ツアー費用:約25,000円~約180,000円

台湾のツアーはたくさんあります。まずはどんなツアーがあるか探してみてはいかがでしょうか?

>>>台湾のツアーを探す(外部サイトへリンクします)
罫線.png

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/22
最終更新日:2018/11/06

Views:

この記事に関連する記事

台湾のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.