たびこふれ

ベルギーではサンタクロースではなくシンタクラース?

記事投稿日:2017/12/22最終更新日:2017/12/22

Views:

12月6日は、ベルギーの子供達がとても楽しみにしている日で、「シンタクラースの日」です。12月5日の夜にシンタクラースが家に訪れて子供達のプレゼントを置いて行きます。「それはクリスマスでは?」と思われる方が多いと思いますが、これは別の日で、プレゼントを届けてくれるのはサンタクロースではなく、シンタクラースなんです。そう、ベルギーでは子供達は、12月はシンタクラースの日とクリスマスの2回プレゼントがもらえるんです!

シンタクラースは、サンタクロースのモデルとなったという説もあり、シンタクラース(フランス語ではサン・二コラ)は西暦300年ごろに現在のトルコで実在していた司教聖人ニコラスがモデルだそうです。その聖人ニコラスは貧しい子供達を救ったことから、命日の12月6日が聖二コラの日としてベルギーやオランダなどで祝われていて、子供達はプレゼントをもらう日となっています。

ベルギーでは11月下旬から各地で「シンタクラースの到着」イベントが開催され、海沿いの町では実際に船でシンタクラースはやってきます。シンタクラースはズワート・ピート(黒いピート)という肌を黒色に塗られたお手伝いを連れています。このイベントでは、到着後にパレードが行われ、町の中心地にある広場や市庁舎で子供たちにお菓子を配ったりします。

4.jpg

3_20-thumb-700xauto-38108.jpg

この2人がいたずら好きなズワート・ピートです。

12月5日の夜にシンタクラースが家に訪れてプレゼントを置いて行ってくれます。ロバ/馬にあげる人参とプレゼント用の靴下を準備して子供達は眠りにつき、次の朝にプレゼントがあるという、まさにクリスマスと同じ状況です。

実際に12月6日には学校などにもシンタクラースは現れます。シンタクラースは良い子にはプレゼントやお菓子・みかんをくれますが、悪い子にはお仕置きが待っているそうです。(話の中では大きな袋にいれて連れ去られるそうです。笑)でもみんな良い子として名前を読み上げられお菓子をもらえます。

11月からはお店にはシンタクラースのクッキーやチョコレートが並びます。

5.JPG

こちらはスピキュロースというジンジャークッキーで、パッケージの絵には、シンタクラースとズワート・ピートがプレゼントをもってやってきた様子が描かれています。

0.jpg

チョコレート屋さんにもシンタクラースをかたどったチョコレートがたくさん売られます。

11月~12月上旬にベルギーに来られる場合は、シンタクラース(サン・二コラ)のお菓子やチョコレートがお土産におすすめです。シンタクラースのお話と一緒に良いお土産になるかと思います。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ベル通スタッフ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/12/22最終更新日:2017/12/22

Views:

ベルギーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.