たびこふれ

大自然が迫る!アラン諸島の旅-後編

記事投稿日:2013/08/06最終更新日:2017/12/08

Views:

大自然が迫る!アラン諸島の旅-前編 はこちら↓↓
https://tabicoffret.com/article/74029/

Dún Aonghasa(ダン・アンガス)の次におじさんに連れて行ってもらったのは、"Na Seacht d'Teampaill"、The Seven Churches。

IRE_20130801_01.JPG

8世紀に建てられたとされる古い教会です。

IRE_20130801_02.JPG

しかし残念ながら現在は完全に廃墟となっています。

IRE_20130801_03.JPG

IRE_20130801_04.JPG

その後車で走っていると、こんな風景に出会いました。

IRE_20130801_05.JPG

こんな場面は珍しいというおじさん。あまりにもかわいらしいロバさんたちに心が和みます。

次の目的地はSeal Colony。

アザラシのコロニーを見るはずでしたが、車からは距離があり、よく見えずじまい。結局写真も撮れませんでした。その後おじさんはとあるコテージの前に止まり、「写真を撮らないのか?」と言うので仕方なく撮った一枚がこちらです。

IRE_20130801_06.JPG

個人的にはもっと綺麗なコテージが見たかったのですが。。。

実はこのバスツアーはMaggie Danin Cottageという、島で一番小さいわらぶき屋根のコテージに行くはずだったのですが、訪れた覚えがありません。私が転寝をしていたから覚えがないのでしょう。

そして最後に有名なコテージMan of Aran Cottageへ。1930年代の映画、"Man of Aran"で使われたオリジナルコテージに到着しましたが、車を止めて降りることはなく、ゆっくり走ったまま通り過ぎてしまい、写真を撮ることができませんでした。

ツアーの後はB&Bに戻り一休みし、島では大変有名な、B&Bも経営しているフィッシュ・レストラン、Pier House Restaurantで夕食をとることにしました。

IRE_20130801_07.JPG

レストランの横でアメリカ国旗が風に揺られているのに気がついた方もみえるでしょう。アイルランドではアメリカ人観光客がよく訪れるレストランやホテルはアイルランド国旗と共にアメリカ国旗を揚げることがあります。アメリカに大量移民をした歴史がありますから、アメリカ人観光客には思い入れが強いのかもしれませんね。

そして旗が半旗になっていることにも気づかれたかもしれません。島出身の方でロンドンにお住まいだった方が亡くなられ、この日遺体が教会に入る日(Removal)だったため、島全体が喪に服していたのです。島の人が島で亡くなるとパブやレストランはすべて閉まってしまいます。

レストランに話を戻しましょう。テーブルに着き、オーダーし終わると、早速パンプキンの種の入ったソーダブレッドが出てきました。

IRE_20130801_08.JPG

アイルランドのレストランでは、オーダーした食事が出てくる前にパンを出してくれることがよくあります。他の国では頼んでもないのにパンを出され、その上お金を要求するところもありますが、アイルランドでは無料です。パンのおかわりもできます。うれしいサービスです。

スターターはカラマリ(イカのフライ)。3人でシェアーしました。

IRE_20130801_09.JPG

魚が苦手な友だちはチキンとバジルのソース添えを頼みました。

IRE_20130801_10.JPG

私が頼んだのはやはり魚料理。今日のスペシャルを頼みました。

IRE_20130801_11.JPG

バスマティ・ライスの上にアンコウの切り身が乗せられ、タイのグリーンカレーのようなソースがかかっています。しかし予想していたものと全く違う料理が出てきてしまい驚いたとともに、あまりおいしくなかったのでがっかりしました。このレストランでは定番メニューから選んだ方がいいかもしれません。

その後、B&Bへ戻る途中にJoe Watty'sというパブに寄り、ここでBaby Guinness(ベイビー・ギネス)と言う、ギネスの上にベイリーズが乗っているショットで一日を締めくくりました。アイルランドではよく飲まれているショットです。大変飲みやすくおいしいので飲みすぎには注意が必要です。

IRE_20130801_12.JPG

この日、地元の男の子の18歳の誕生日パーティーがこのパブで開かれていました。彼の誕生日ケーキはバンジョーの形をしたアイシング・ケーキ。すばらしい出来でした。

IRE_20130801_13.JPG

B&Bに泊まる楽しみといえば朝食。前日から食べるのをとても楽しみにしていました。

私たちが泊まったOcean Viewの朝食はもちろんフル・アイリッシュ・ブレックファースト。たっぷりいただきました。

IRE_20130801_14.JPG

IRE_20130801_15.JPG

IRE_20130801_16.JPG

この後、船に乗るため、港へ行かなければなりませんでしたが、天気が良かったのでタクシーを使わず、徒歩で向かうことにしました。

道中、ロバさんが私たちを見送ってくれました。

IRE_20130801_17.JPG

そしてこの素敵な、大自然が一杯のイニシュモア島を後にしました。

IRE_20130801_18.JPG

アラン諸島を訪れるのに一番いい時期はやはり夏です。夏は観光シーズンで、たくさんの人が訪れます。日帰りも可です。泊まる予定の方はB&Bの予約は事前にしておくことをお勧めします。冬は天気も悪く、空いているB&Bも少なく、お店も閉まることが多いので冬に訪れる場合は注意が必要です。

詳しくはこちらからどうぞ。http://www.aranisland.info/

http://www.discoverireland.ie/Ireland-s-Islands/The-Aran-Islands/Inishmore-Arainn

今回泊まったB&Bはこちらです。http://www.oceanviewaran.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
ティファニー・カイリー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2013/08/06最終更新日:2017/12/08

Views:

アイルランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.