たびこふれ

進化するポーランドの大都市・カトヴィツェ

記事投稿日:2014/03/31最終更新日:2017/11/21

Views:

筆者の住む最寄りの大都市、Katowice(カトヴィツェ)のここ数年の変化には目を見張るものがあります。

ポーランド南部に位置するシロンスク県の県都で、多くの炭鉱を有する工業都市です。戦後の共産主義時代には、環境を顧みない工業化がすすめられたため空気 汚染がひどく、「ポーランド一番空気の悪い地域」という不名誉な代名詞までつけられるほど。実際筆者も、カトヴィツェの街を歩いてから鼻をかむとティッシュが黒くなる、白い靴を履いて出かけたら家に帰る頃にはグレーになってしまったという経験を何度もしています。カトヴィツェといったら、グレーの町並み・空気汚染がひどい・おまけに治安も悪い、というあまり魅力のない街という印象が強かったのです。

それが近年、多くの外資系企業が経済特区に進出してきているのに加え、2010年からは"Miasto ogrodów" (庭園の街)というキャッチフレーズを県全体でかかげて、コンサートにフェスティバル、スポーツや国際会議など文化事業に力を入れ、少しずつ脱工業化を 図っているもようです。この試みは、欧州連合(EU)が行っている「欧州文化首都」という事業への参加がきっかけ。この「欧州文化首都」とは、EU加盟国の中から毎年いくつかの都市が選ばれ、その都市は一年間にわたり集中的に文化行事を展開するというプロジェクトです。これに選ばれるとEUから150万ユーロの補助金がおり、都市開発のいい契機となることから、カトヴィツェは2016年の文化首都選定を目指して2010年から動きだした、というわけです。

名乗りを挙げた都市はカトヴィツェの他に、グダニスク、ルブリン、ワルシャワ、ヴロツワフの4都市(ちなみにクラクフは2000年に選ばれています)。最終的に2016年の文化 首都にはヴロツワフが選ばれることが2011年に決まったのですが、カトヴィツェはその後も都市開発を推し進めることにし、今に至ります。

一番はっきりと目に見える変化は、カトヴィツェ中央駅に中央バスターミナル、中央広場とほぼ街全体を一新するといっても過言でないほどの大々的な改装工事。工事の始まった2010年暮れから去年初めごろまでは、あっちもこっちも工事中で街中穴だらけ、砂埃がもうもうと舞っていて一体どこを歩いたらいいのやら、前にも増して空気が悪いんじゃないかといったひどい様相だったのですが、最近は工事の成果が形になってきました。

PL_140401_01.jpg

中央広場(リネック)の現在。

カトヴィツェの中央広場は、ポーランドの一般的なもの(広場を中心にカフェやレストランが立ち並んで人々が憩う噴水などがある)とはずいぶん違って、トラムの線路が敷き詰められたトラムターミナル、といったかんじでそれも街の見た目、印象を悪くしている一因なのです。改装工事でもトラムの線路を取り除くこ とはできなかったようですが、それでも前よりは広々とした印象になりました。

PL_140401_02.jpg

中央広場を別の角度から。まだここは工事中。ここがどうなるのか、それによってずいぶん街の印象全体が変わりそうです。

PL_140401_03.jpg

カトヴィツェ中央駅。

カトヴィツェの中央駅はこれまで暗い・汚い・臭い・夜は危険!と負の要素がたくさん揃ったなるべく近寄りたくない場所だったのですが、全面改装が行われて、去年駅直結の大きなショッピングモールができたことでイメージアップに成功しました。

PL_140401_04.jpg

近未来的な外観の駅直結ショッピングモール「Galeria Katowicka(ガレリア・カトヴィツカ)」。

PL_140401_05.jpg

中に入ると、天井が高くガラス張りで日光がたくさん取り込まれる明るい造りになっています。

PL_140401_06.jpg

ポーランドではまだ大都市にいくつかしかないスターバックスも入っていますし(しかもショッピングモールと、駅と、ふたつも!)

PL_140401_07.jpg

ポーランド在住の外国人とって嬉しい、海外食料品店の大手チェーン店「Kuchnia Świata(クフニャシフィアタ)」も今年に入ってオープン!

PL_140401_08.jpg

日本食材もこのとおり、ずらり。 また、親子トイレも充実していて、子連れにはありがたい存在です。

PL_140401_09.jpg

ミラーボールの回るポップな作りの内装、中にはおむつ台、授乳用ソファーのほか、電子レンジなども。

このガレリアカトヴィツカはカトヴィツェ中央駅に直結という立地の良さもあって、カトヴィツェのみならず周辺の都市からの利用者も多いそうです。

カトヴィツェ市はこういった街の改装工事だけではなく、周辺の街とも連携してアートイベントなどにも力を入れています。2015年のカトヴィツェ市制定 150周年の記念日に向けて今後もいろいろな変化が期待できそうで、目が離せません。「ポーランド一空気の悪い都市」の汚名を返上できる日もそう遠くはないかも?!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ogrod
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/03/31最終更新日:2017/11/21

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.