たびこふれ

ベルギーのスーパーマーケットって?

記事投稿日:2014/08/13最終更新日:2017/11/17

Views:

野菜やお肉・魚、チーズやハムなどは、新鮮な物を求めてマルシェ(Marche)で買うけれども、やっぱり水やお酒、日用品や加工品も買いたい時は、スーパーマーケットで買うのが便利です。旅行で訪れる際もお土産調達に行ってみたいですよね。

ベルギーでメジャーなスーパーと言えば、「Delhaize」「Carrefour」「Colruyt」があります。Delhaizeはベルギー発祥で主 に食品と日用品を扱っていて、自社ブランドもあり人気のスーパーです。Carrefourはフランス発祥で大型店では衣料品や電化製品なども扱っていま す。Colruytは大量購入におすすめの、日本で言う業務スーパーのイメージです。

BK_20140802_01.jpg

センターエリアには、Delhaize ProxyやCarrefour Expressといった小型スーパーがあります。ベルギーではスーパーや一般のお店は日曜日が定休日ですが、観光地のお店や小型スーパーは日曜日や祝日も 営業しているところがあります。ベルギーにはコンビニがないので助かりますね。

スーパーで買い物をする際に日本と違う点は、野菜や果物などの量り売りがある事です。1個単位で売っている物もありますが、量り売りも多いので注意してください。

量り売りの機械はこんなかんじで置いてあります。

BK_20140802_02.jpg

BK_20140802_03.jpg

一般的にブリュッセルはフランス語とオランダ語が公用語なので、食品の名前も両方が併記されています。絵や写真もあるので、名前がわからなくても大丈夫。

BK_20140802_04.jpg

①人参を買うとすると、必要なだけ選びます。
②近くに置いてある袋にいれます。
③量るとラベルが印刷されます。
④ラベルを袋に貼ります。レジではそのラベルのコードを読み取ります。

もう1つ日本と異なる点は、レジへ行くとベルトコンベヤーの上にカゴから出して商品を並べます。レジの人がバーコードを読み取る度に前に進んで行きます。進まない場合もご心配なく。レジの人がスイッチを押して動かしてくれます。

BK_20140802_05.jpg

そして自分の購入商品の前には、前の人がおいてくれている場合が多いですが、置いてなければ写真の様にバー(仕切り)を起きます。自分の購入する物の後には必ずそのバーを置いてください。

覚えておくと良い点は、ベルギーでは全ての値段に税金(付加価値税)が既に含まれています。そして袋は無料ではないので、エコバッグを持参するか、その場で枚数を伝え合計が終わる前にレジで伝えます。セルフスキャンのレジがあるスーパーもあります。

スーパーはお土産を買うのに便利です。値段も安いのでぜひスーパーを活用してください。

例えばベルギーワッフル。袋の中でまた個別包装してあるものもあり、ちょっとしたお土産として配りたい時に便利です。

BK_20140802_06.JPG

デストローパーのガレット(クッキー)もスーパーで購入。空港でも売っていますが、スーパーでも色んな種類が購入できます。

BK_20140802_07.JPG

そしてベルギービール!ベルギーでは瓶が主流ですが、缶も数種類あります。

BK_20140802_08.JPG

瓶は買う時にデポジットとして10セントくらい加算されて、店の専用機械に空きビンを入れると店の割引チケットがもらえるシステムです。お土産として買う 場合は、缶の方がスーツケースの重さ制限もあるので瓶よりは持ち帰りやすいと思います。日本で買うと高いですものね!ちなみにスーパーではワインも豊富に 揃っているので、空港で買わずにスーパーで。

お土産購入にも便利ですし、その国の生活をまるごと体験できるスーパーマーケットは、ぜひ訪れてみたいものですね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ベル通スタッフ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/08/13最終更新日:2017/11/17

Views:

ベルギーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.