たびこふれ

マレーシアファッションウィーク!今年はパブリカで

記事投稿日:2017/11/04最終更新日:2017/11/04

Views:

MFW2017(マレーシアファッションウィーク2017)

10月18−22日、毎年恒例のマレーシアファッションウィークが開催された。今年の催し会場は、おしゃれなマレーシアンが集まるホットなスポット、パブリカで開催された。

パブリカといえば、クアラルンプールのデサスリハタマス地域にあり、定期的にジャズフェスティバル、一般人の参加が出来るダンスなど、といったトレンド風イベントで盛り上がっている小粋なモールだ。

ショップテナントの長いコンコースにブースを設け、隣のビルではイベント会場、ホワイトボックスとブラックボックスにて、ファッションショーやその他メイクのワークショップ、女性による工芸作りの非政府団体のイベントが連日繰り広げられた。

MR_201711_01_ 01.jpg

MR_201711_01_ 02.JPG

MR_201711_01_ 03.JPG

工芸品やリサイクル創作品も今年はたくさん

マレーシアファッションウィークは、こうしたファッションの展示のみではなく、オリジナリティー溢れる発明品や手作り品のブースもある。

例えば、「シートベルト」「バナー」「カーペット」などのリサイクルでバッグやアクセサリーグッズ、家具を作る「ビジビジ」。多国籍コラボレーションで、日本の古い着物の布を組み合わせた和風のシートベルトバッグもある。

また、今マレーシア国内で超人気のバッグ、東マレーシアサバ州の原住民女性によるハンドメイドの籠バッグも販売されていた。ありとあらゆるカラーがあり、無地ありカラフルな色使いもあり、小さな小型のものから大きなゴミ箱や洗濯物バスケットまで、一人が何個も購入して行く。

MR_201711_01_ 04.JPG

MR_201711_01_ 05.JPG

MR_201711_01_ 06.JPG

イスラムファッションのハブとなるマレーシア

最近イスラムファッションの先端を移行としているマレーシアでは、ユニクロでさえも、マレーシア限定のムスリム系頭被りが人気で、売れ行きが良いという。

MR_201711_01_ 07.png

MR_201711_01_ 08.JPG

MR_201711_01_ 09.jpg

マレーシアは、土地柄食べ物のみではないファッションに関しても東南アジア的なセンスが強すぎず、日本や韓国、そして欧米、中近東などのテイストがほどよくミックスされているので、比較的洗練されたイメージがある。イスラムファッションのハブとなる事が出来るか、今後の動向にも注目したい。

プロフィール画像
この記事を書いた人
YasminYoko
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/04最終更新日:2017/11/04

Views:

マレーシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.