たびこふれ

オールインクルーシブで大満喫!クラブメッド・チェラティン|マレーシア

記事投稿日:2020/11/26最終更新日:2020/11/26

Views:

皆さんは世界中にあるクラブメッドという宿泊施設をご存知でしょうか?クラブメッドは24ヵ国約70箇所にリゾートを展開していて、日本にも沖縄の石垣島、北海道のトマムとサホロにあります。

この施設の最大の魅力といえば、滞在中の食事、飲み物、アクティビティが全て宿泊費に含まれているオールインクルーシブシステム。滞在中はお財布いらずで楽しめちゃうんです。

先日ファミリーでマレーシアのチェラティンにあるクラブメッドに宿泊してきましたので、今回はクラブメッドの魅力をご紹介します!!

mys2011-02.jpeg

目次

クラブメッド・チェラティンまでの行き方

mys2011-03.jpeg

日本からチェラティンへ直接向かう場合は、以下のルートが最短になります。

日本〜クアラルンプール(飛行機で約7時間)
 ↓
クアラルンプール〜クアンタン(飛行機で約50分)
 ↓
クアンタン〜チェラティン(車で約45分)

クアラルンプールからチェラティンまで車で行くこともできます。渋滞に引っかからなければ約3時間半。

今回私たちは大人3名、子供3名だったので7シーターのタクシーをチャーターしていきました。往復で1,000リンギット(約26,000円)だったので、人数が多い場合は飛行機より車の方がお得かもしれませんね。

クラブメッド・チェラティンはどんなところ?

mys2011-04.jpeg

クラブメッド・チェラティンは、熱帯雨林のジャングルの中にあります。

80ヘクタール(東京ドーム約17個分!!!)の超巨大な敷地の中は、手付かずの自然が広がっていて、亜熱帯特有のカラフルなお花、綺麗な鳥や、サル、オオトカゲなど珍しい生き物もたくさん。
建物は伝統的な高床式建築「パレ・オリエント」で統一されていてリゾート感満載です。

クラブメッドで働くスタッフはG.O(ジェントル・オーガナイザーの略)と呼ばれ、昼間はレセプションやバーテンダー、アクティビティーのインストラクター、キッズクラブの先生などの業務をしています。でも、普通のホテルとは違うのは、ランチやディナーの時にゲストの食卓にて一緒にご飯を食べたり、バーで一緒に飲んだり、夜になるとショーのダンサーになったりするんです!

普通のホテルのスタッフよりもフレンドリーで、しょっちゅう話しかけてきてくれて距離が近いのがクラブメッドのG.O達。息子もすっかり仲良くなって、帰るときにはハグをして別れを惜しんでいました。

ちなみに日本人のG.Oも3人います。困ったときに日本が通じるのは安心ですよね。

オールインクルーシブの魅力

オールインクルーシブを売りにしているリゾートはたくさんありますが、クラブメッドほど内容が充実しているリゾートはなかなかないのではないでしょうか?!

食事

mys2011-05.jpeg

メインレストラン『Mutiara』・・・世界各国の料理が楽しめるビュッフェレストラン。品数も豊富だし、何よりどれも美味しい!

プールサイドの席が風が気持ちよくてオススメです。でも、時々サルがご飯を盗みに来るので注意が必要。

mys2011-06.jpeg

ヌードルバー『Enak』・・・メインレストランがクローズしている時間帯にお腹が空いても、こちらのお店が開いているので安心。多彩な麺とスープがあり、自分が好きな組み合わせにカスタマイズできます。麺の他にもサンドイッチやフルーツなどの軽食もありました。

mys2011-07.jpeg

スペシャリティレストラン『Ramburan』・・・完全予約制のコース料理のレストラン。ちょっとお洒落な雰囲気なので、ぜひお洒落をして行ってください。予約は前日までなので、チェックインの際に翌日以降の予約をとることをオススメします!

mys2011-08.jpeg

この他に、どの時間帯でも利用できるバーが3軒。メインバーの『Orchid』には子供専用バーカウンターもあって、キッズ用のカクテルを作ってもらえます。子供達もバーに通うのを楽しんでいました。

また滞在中に、現金を持ち歩かなくていいように『クラブメッドパス』というショッピングカードがチェックインの際に発行されます。スパや売店など追加料金が発生するものは全てクラブメッドパスで支払いし、チェックアウトの際に現金かクレジットカードで精算します。このシステムもクラブメッドならではですね。

アクティビティ

4歳以上の託児は無料、空中ブランコ、アーチェリー、テニスレッスン、バドミントン、卓球、ヨガ、ロッククライミング、水中エアロビクス、シーカヤック、キッズクラフト教室、キッズお菓子パーティー、G.Oショー、ダンスパーティーなど。

毎日朝から夜まで目白押しなので飽きることはありません。

施設内の様子

mys2011-09.jpeg

施設の真ん中には大きなプール。子供用に浅いプールもあるので安心して遊ばせることができます。大人用の深いプールでは水中ヨガのレッスンなども開催されていました。

mys2011-10.jpeg

mys2011-11.jpeg

クラブメッドのすぐ隣にウミガメ保護センターがあり、砂浜で産卵した卵を回収して孵化を助け、また海に戻すという活動をしています。オールインクルーシブには含まれていないので別料金が必要ですが、産卵を観察するツアーや小ガメを海に返すツアーもあるので、ぜひ体験して欲しいです!

mys2011-12.jpeg

お部屋は至ってシンプルなつくり。建物自体けっこう古いし、狭いし、アメニティーもシャンプー&コンディショナーとボディソープのみでした。

ラグジュアリーなホテルステイが好きな人にはイマイチかもしれません・・・。

私は朝から夜まで遊び倒して寝に帰るだけだったので、全く問題ありませんでした。

毎日内容が変わるエンターテイメントショーは圧巻です。昼間とは雰囲気が違うG.Oたちを見られるのもクラブメッドの楽しみ!

早めに会場に行って、ステージ正面の席を確保しておくことをオススメします。

滞在中の注意点

  • 海にはクラゲが多いので遊泳の際は刺されないように気をつけてください。
  • チェラティンのビーチには、サンドフライと呼ばれる虫がたくさん飛んでいます。サンドフライはブヨのような外見で、人の血を吸います。刺されると猛烈な痛みと痒みがあるので、ビーチに行く際は虫除け対策をしっかりしましょう。
  • 施設内には野生の猿がたくさんいます。彼らは非常に頭が良く、動きも早いので、食べ物を持ってうろうろしていたりすると襲われる危険があります。また、部屋の窓の開け方も知っていて中に侵入してくることもあるのだそう。部屋の窓は必ず施錠してくださいね。
  • ネット環境がイマイチで、Wi-Fiがつながったり繋がらなかったり不安定・・・。でも、せっかくリゾートにきたんだからパソコンや携帯は放置して思いっきり遊んじゃいましょう!
  • クラブメッドには毎日夜のドレスコードがあります。例えば、私が滞在していた日は1日目はネオン&ブラック、2日目はオールブラック、3日目はホワイト&デニムでした。もちろん着用は強制ではないですが、せっかくならドレスコードでイベントに参加した方が断然楽しめますよ!クラブメッドのアプリで事前に来週のドレスコードを確認することもできます。

まとめ

今回初めてクラブメッドに宿泊しましたが、大大大満足でした。

大人目線でいうと、施設が若干古かったり、食事のクオリティが今ひとつだったり(どれも普通に美味しいんだけど、感激するほどの美味しさはなかった・・・)、イマイチな点はいくつかありましたが、子供連れの旅行にはここは最高の場所だと思います。

我が家の息子は、海、プール、ビンゴ大会、お菓子パーティー、クラフト教室、エンターテイメントショー、ダンスパーティーなど朝から夜まで息つく暇なく一日中遊んでいました。普段はすぐiPadでゲームしたがるのに、この旅行中は一度も見ることなく、デジタルデトックスできたなぁと思います。

またすぐに再訪したい!!!

クラブメッド・チェラティン、自信を持ってオススメします。

Club Med Cherating Malaysia

>>Tripadvisorで「クラブメッド・チェラティン」を調べてみる

プロフィール画像
この記事を書いた人
moco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/11/26最終更新日:2020/11/26

Views:

マレーシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.