たびこふれ

アマルフィやカプリ島観光にも便利な街「ソレント」での過ごし方

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/12/12
最終更新日:2018/01/29

Views:

南イタリアの小さな街ソレントは、こぎれいでお洒落なリゾート地で多くの人から人気の場所。街歩きをするもよし、極上のホテルに滞在するのもよし。楽しみ方はさまざまな、ソレントの魅力を紹介します!

かの有名な曲にも歌われた海の美しさも、ぜひ堪能してください。

※写真は全てイメージです。クリエイティブ・コモンズ(Public Domain,CC-BY,CC-BY-SA)ライセンスに基づいて掲載しています。

参考:クリエイティブ・コモンズ公式サイト(外部サイトに遷移します)

南イタリアの楽園「ソレント(Sorrento)」

Sorrento

「Sorrento」
Photo by Dave & Margie Hill / Kleerup
Taken on May 25, 2011(CC BY-SA 2.0)

南イタリアにある街ソレント。かの有名な楽曲「帰れソレントへ」にも歌われている街ですが、実際にはどのような街かイメージが付かない、と言う方も多いのでは。なぜこの街が歌の舞台となるほどなのか、その魅力についてさまざまな視点からご紹介していきましょう。

ソレントはソレント半島に位置する海沿いの街。目の前にはナポリ湾が広がり、その遠くにはヴェスヴィオ山がそびえ、背後にはレモンやオリーブの木が茂る牧歌的な自然が広がっています。また、南イタリアで不動の人気を誇るリゾート地アマルフィやポジターノ、カプリ島観光への拠点としても利便性の高い町。

南イタリアでのバカンスを存分に楽しむなら、ソレントで宿泊してこれらの有名スポットに足を伸ばすというのもおすすめです。

ソレントへの行き方

italyii-sorrento2-Pixabay-CC0.jpg

※Photo by Pixabay(CC0,Public Domain)

ソレントへの行き方はいくつかありますが、おすすめはナポリなどから船でアクセスする方法。紺碧のナポリ湾を船で走り、断崖絶壁に張り付くようにカラフルな街が見えてきたらそこがソレントです。

街の中心は切り立った崖の上。坂や階段は少々きついですが、南イタリアならではのリゾートチックな雰囲気が気持ちを高揚させ、あっという間に街の中心であるタッソ広場へ辿り着くでしょう。

目抜き通りやタッソ広場でカフェと美食を楽しむ

広場の辺りは、最も人で賑わうところです。楽しげなカフェや美食を提供するリストランテ、洗練されたショップが軒を連ね、ついつい目移りしてしまいます。気の向くままにカフェブレイクをしたり、美食を堪能したりしても良いですね。

ソレントならではのお土産をゲット!3つのおすすめをご紹介

Photo by Fatboo

Photo by Fatboo

「Sorrento」Photo by Fatboo
Taken on May 14, 2007(CC BY 2.0)

南イタリア旅の拠点として便利なソレント。周辺の有名観光地と同じく、こちらでも魅力的なお土産を購入できますよ。中には、ソレントならではの名物も。代表的な3つのお土産をご紹介しましょう。

ソレントのお土産1:レモンチェッロ

ソレントでお土産を買うなら、南イタリア名物レモンチェッロがポピュラーです。レモンチェッロはレモンを用いたリキュールの一種で、リモンチェッロ、リモンチーノとも呼ばれます。カプリ島やアマルフィなどでも見かけるレモンチェッロは、液体の色も鮮やかなレモンイエローで、いかにも南イタリアチック。趣向を凝らしたボトルも可愛くて、お土産にピッタリです。

気になるレモンチェッロの味は、濃い甘さの中にレモンピールのほろ苦さが後を引く大人の味。食前酒としてショットで飲むのがポピュラーですが、キンキンに冷やしてアイスにかけたり、紅茶の香り付けに加えたりすると良いでしょう。

なお、度数は意外にも30%以上の高さがあるため、お酒に弱い人はご注意を。炭酸水で割って飲むのも爽やかな味わいとなって美味しいですよ。

ソレントのお土産2:寄木細工

ほかの街ではあまり見かけないソレントならではの名物と言えば、寄木細工。1800年代から続く伝統工芸の技術は非常に高く、バラエティに富んだ精巧な作品が手に入ります。

小箱やオルゴールなど、お気に入りの逸品を見つけてみてはいかがでしょうか?

ソレントのお土産3:リゾートウェア

ソレントはセレブも訪れるリゾート地だけあって、リゾートウェアもファッショナブルな掘り出し物がたくさん。革製のサンダルに華やかでゆったりとしたウェアの装いで、リラックスしたリゾート時間を過ごしたいものですね。

※編集部注:カプリサンダルは本場カプリ島でなら、自分好みにカスタマイズした一足を購入できます。南イタリアを旅しながら、自分だけのリゾートウェアを手に入れてみては。

関連記事:自分だけの一足...高級リゾート地カプリ島で「カプリサンダル」をオーダー

楽園ならではの絶景を堪能。名曲にも歌われた海を眺める。

Port of Sorrento with Mount Vesuvius in the background

「Port of Sorrento with Mount Vesuvius in the background」
Photo by Kim
Taken on October 3, 2013(CC BY-SA 2.0)

ソレントは絶景の宝庫。海に面したホテルのテラスなどからも絶景が眺められますが、市民公園からの眺めは特に絶景です。

南国風の花々が咲き乱れる楽園のような市民公園の先には、青くかすむナポリ湾の美観が広がっています。小鳥のさえずりに耳を傾けながら、しばしゆったりと景色を眺める......というのも贅沢ですね。

「帰れソレントへ」にも歌われた海を、ぜひその目で確かめてみては。

洗練されたホテルで極上の滞在を

Grand Hotel Excelsior Vittoria

「Grand Hotel Excelsior Vittoria」
Photo by Kim
Taken on September 20, 2011(CC BY-SA 2.0)

ソレントは国際的に人気のリゾート地だけあって、ホテルもさまざま。

クラシックなホテルでとことんラグジュアリーな滞在を楽しみたい、という方は、ナポリ湾に張り出した絶壁に立つハイクラスなグランドホテル「エクセルシオール・ヴィットリア」に滞在してみてはいかがでしょうか。かつてローマ皇帝アウグストゥスの別荘だった場所に建てられ、静寂とプライベート感が漂うまさに隠れ家リゾートです。

そしてもうひとつ、「パラッツォ・グアルダティ」もぜひ一度は滞在したいホテルです。バスタブ付きの優雅な内装、美味しいと評判の朝食が人気の秘密。

クラシカルホテルとモダンなホテルのどちらも建ち並ぶソレント、好みや予算に応じて、くつろげる場所を探してみてください。

少し足を伸ばしてアグリツーリズモを体験する

最後に、南イタリアの食や農業に関心のある方向けに、嬉しいポイントをご紹介しましょう。

ソレントからタクシーで15分も走れば、海辺のリゾートとは一味違った牧歌的な自然の風景に出会うことができます。レモン、オレンジ、オリーブの木々が茂る畑の間には、農場体験ができるアグリツーリズモの農家があります。自家製のグルメをレモンの香り漂うガーデンで味わったり、オリーブの収穫体験や料理教室に参加したり、うっとりするような自然に囲まれた農家で過ごすのも、特別な思い出になるでしょう。

どこをとっても絵になるソレントの街。南イタリアの人気コースであるアマルフィ、ポジターノ、カプリ島を訪ねるなら、すべてのスポットにアクセスしやすいソレントに滞在するのが断然おすすめ! 華やいだ街並み、絶景、牧歌的な自然、美味しいシーフードがそろったソレントは、まるでひとつの楽園のよう。

日々の喧噪を忘れに、ソレントへ逃避行してはいかがでしょうか?

サムネイル写真:Pixabay

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/12/12
最終更新日:2018/01/29

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.