たびこふれ

自分だけの一足...高級リゾート地カプリ島で「カプリサンダル」をオーダー

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/06/03
最終更新日:2018/01/18

Views:

カプリ島でとっておきのお土産に。世界で自分だけのカプリサンダルをオーダーしてみませんか?ライターが実際に作ったときの体験をご紹介します。

観光、グルメ、そしてファッションでも有名な「カプリ島」でサンダルをオーダー

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

ナポリから船で約1時間弱のところにある高級リゾート地「カプリ島」。10平方キロメートル程度の小さな島ですが、その名が世界中に知れ渡る理由はいくつもあります。

まず、世界的に有名な観光スポット「青の洞窟」がある島として。トマト、モッツァレラ、バジルを合わせた「カプレーゼ」もカプリ風と称した有名な前菜ですね。さらに「カプリシャツ」、「カプリパンツ」など、ファッションアイテムにその名が付いていることでご存知の方も多いと思います。

もう1つ、世界中で有名なものが「カプリサンダル」。

今回はそのカプリサンダルをオーダーしてみました。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

オーダーと言っても、とても簡単。15分ほどで完成してしまうので、日帰り観光客でも気軽にオーダーできます。

【カプリサンダルオーダーまでの流れ】

お店によっても多少異なるかもしれませんが、今回は私が購入したお店の方法をご紹介します。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

1.店頭に並んでいるサンダルの中から、好きなデザインを選びます

壁にたくさんの飾り部分が陳列されていました。一瞬何かな?と思いますが、足の甲の部分にくるところです。お気に入りの飾りをチョイスしてみましょう。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

2.デザインが決まったらお店の人にサイズを見てもらいます

すると、お店の職人さんがトントンと、あっという間にサンダルを作ってくれます。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

3.甲部分のきつさ、ゆるさの微調整

履いてみて、きついところやゆるい箇所がないか確認します。ちなみにゆとりがある、は「ラルゴ」きついは「ストレット」です。

イタリア語を使わなくてもジェスチャーでどうにかなりますし、観光客慣れしているお店がほとんどなので、英語ももちろん通じます。

納得いくまで調整してもらいましょう。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

4.完成!素敵なカプリサンダルのできあがり

オーダーをしても100~200ユーロほど。お店によって多少お値段は違いますが、私が今回選んだデザインは120ユーロでした。

もう1足お土産用に購入したのですが、2足目は100ユーロにしてくれたり、と値引き対応も場合によっては発生することがあるようです。

撮影:Italyii ライター yukako

撮影:Italyii ライター yukako

カプリサンダルはとても履きやすくてオシャレなサンダルです。お店を回って、お気に入りの一足をゆっくり探してみるのもいいですね。

カプリの街はアップダウンのある坂が多く、石畳なので作ったサンダルをすぐその場で履いてお散歩するのも素敵です。

みなさんも、思い出の一足を本場で作ってみませんか?

撮影・執筆:Italyiiライター yukako

関連記事:「甘美な快楽の地」カプリ島と青の洞窟観光

関連記事:アマルフィ海岸のプライアーノにあるホテル「Hotel Tramonto D'Oro」

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/06/03
最終更新日:2018/01/18

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.