たびこふれ

観光客も地元民もお気に入りのレストラン「アッラ・ヴェッキア・ベットラ」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/06

Views:

フィレンツェに住む友人がイチオシというレストラン「アッラ・ヴェッキア・ベットラ」に行ってきました。

サント・スピリト地区にあるので、中心部からは少しはずれますが、地元の人にも大人気のレストランです。その様子をご紹介しましょう。

まずは「キノコのマリネ」からいただきました

アンティパスト(前菜)は、キノコのマリネからスタートです。さまざまな種類のキノコの食感を楽しめるので、キノコ好きにはたまらない一品でしょう。

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

素材の味が活きた「ソラマメとペコリーノチーズの前菜」

スタッフにおすすめされたソラマメとペコリーノチーズの前菜は、シンプルな味わいながら素材の良さをじっくりと堪能できます。

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

ほかにも、定番のクロスティーニ(レバーペーストをトーストしたパンに乗せた前菜)や生ハムの盛り合わせなどもあるので、好みのものをスタッフさんと相談してオーダーしてみてくださいね。

評判を聞きつけてやってくる観光客の方も多いので、スタッフは皆さん親切で英語も分かってくれます。

関連記事:マダム直伝のレシピ付き!朝食にもおつまみにも!イタリア定番のクロスティーニって何?

これだけは外せない! 「ペンネ・アッラ・ベットラ」

ここを訪ねたとき絶対にオーダーしたいのは、ヴェッキオ・ベットラのスペシャリテ「ペンネ・アッラ・ベットラ」。

トマトクリームのソースに、唐辛子がほんのりアクセントになっていて絶妙な味わいです。

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

モチモチ食感のペンネとクリーミーなソース、トマトの酸味......。

さまざまな要素が加わって、非常に完成度が高い一皿になっています。「シンプルそうなので、家でも作ってみたい」と思わされること間違いナシですが、この味の再現はなかなか難しいかもしれません。

ボリューム満点! 見た目も圧巻!ヴェッキオ・ベットラの「ビステッカ」

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

圧巻の1.7kgのビステッカにも挑戦しました。

今回は、食いしん坊のメンバー5名で行ったので、あっという間に肉の塊が消えていきましたが、赤身の美味しさをじっくり味わうには、やはりTボーンステーキ「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」は外せませんね。

ボリュームの割りにあっさりしているので、たくさん食べても胃もたれするような重たさはありません。

「スペアリブの炭火焼」はレモンの酸味とピッタリ

撮影:Italyii ライター yukaco

撮影:Italyii ライター yukaco

ビステッカ以外のお肉にも注目してみました。スペアリブの炭火焼です。

レモンを搾って豪快に手で持ってかぶりつくと、口いっぱいに広がるジューシーな脂身の美味しさは、旅の思い出の1ページに刻まれること間違いなしでしょう。

お店の雰囲気は気取らず楽しい雰囲気なので、普段着でもちろんOKです。気になるものや食べたいものがあれば、スタッフさんに気軽に相談してみましょう。

「アッラ・ヴェッキア・ベットラ」は、フィレンツェを訪れたらまた行きたいなと思わされるレストランのうちのひとつです!

執筆:Italyii ライター yukaco

店舗情報

名前:アッラ・ヴェッキア・ベットラ(Alla Vecchia Bettola)

住所:Via Vasco Pratolini, 3, Firenze

想定予算:21€〜40€

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/09/06

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.