たびこふれ

フィレンツェ有数のエレガントなホテル「HOTEL LUNGARNO」の魅力

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/02

Views:

フィレンツェのホテルを探しているなら、「ホテル・ルンガルノ」はいかがでしょう?ラグジュアリーとフレンドリーが同居する、フェラガモグループのホテルです。

ヴェッキオ橋からは徒歩3分、アルノ川がそばに見えるロケーションは非常に魅力的。

フェラガモ一族が経営するSLH加盟の「ホテル ルンガルノ」とは

今回は筆者の大好きな街、フィレンツェのオススメホテル「HOTEL LUNGARNO」をご紹介します。初めて泊まった時からその魅力の虜になり、フィレンツェに来たらココ!と決めているほど大好きなホテルです。

この「LUNGARNO」はフェラガモ一族が経営するホテルということもあり、何から何までセンス抜群! オシャレな内装、洗練されたサービスなど、一つ一つにウットリしてしまいます。

エントランスもロマンチックな意匠です
エントランスもロマンチックな意匠です。撮影:yukako

エントランスはこんな感じ。大規模なラグジュアリーホテルに比べると、こぢんまりとした印象を受けますが、こちらのホテルは、小規模ながら洗練されたサービスと空間を提供する「S.L.H(スモールラグジュアリーホテルズ)」に加盟しているんです。

フレンドリーなサービスも、旅の思い出に

そこには、小規模だからこそできるサービスが満載。たとえば、ドアマンやベルボーイ、レセプションにレストランスタッフ、どなたもフレンドリーでとても親切です。何度も顔を合わせている間に、ちょっとした彼らの趣味の話になることもしばしば。私が話したベルボーイの彼は、ジブリの大ファンであることを、照れ笑いしながらお話してくれました。

また、サッカーのチケットの取り方を教えてもらう時には、「ここの席は高いけど観にくいし......私のオススメはココの席よ!試合もバッチリ見えるし、安全だし、しかもお値段もお手頃!」と、フレンドリーに教えてくれたことも。

泊まるたび、ちょっとした事でも全てを楽しい思い出に変えてくれる、なんともイタリアらしいホテルです。

ロビーのラウンジスペースもシックな雰囲気。窓の外にはアルノ川!
ロビーのラウンジスペースもシックな雰囲気。窓の外にはアルノ川!撮影:yukako

アメニティも、もちろんフェラガモ

石けん2種、ボディシャンプー、シャンプー、コンディショナー、ボディローション、シェービングクリームなどが置かれています。
石けん2種、ボディシャンプー、シャンプー、コンディショナー、ボディローション、シェービングクリームなどが置かれています。撮影:yukako

ホテルのお楽しみ、アメニティも全てフェラガモの製品です。ファラガモの香水「TUSCAN SOUL」という上品な香りで統一されていますが、この香りは全てイタリア産の材料で作られていて、爽やかで洗練された森林と花の香りは、男女問わずお気に召すこと間違いなし。

単なる「フレグランス」という表現では物足りないぐらい、まさに「トスカーナのソウル」が詰まった素晴らしい香りだと思います。写真には写っていませんが、メンズのシェービングフォームまで同じ香りで揃えられています。

泊まるなら、ロマンティックなアルノ川サイドのお部屋で!

昼はヴェッキオ橋のにぎやかさが楽しめます
昼はヴェッキオ橋のにぎやかさが楽しめます。撮影:yukako

アルノ川側と道路側でお部屋の値段も変わってくるのですが、初めての方は少し奮発してでもアルノ川サイドのお部屋を予約することをオススメします。

ヴェッキオ橋鑑賞のベストポジションの一つで、夜はさらにロマンティックですよ!

この夜景にも、ウットリしてしまうはず
この夜景にも、ウットリしてしまうはず。撮影:yukako

もちろん、お部屋の内装にもウットリ

調和のとれた内装が素晴らしい
調和のとれた内装が素晴らしい。撮影:yukako

お部屋の内装はブルーと白でまとめられていて、とてもエレガント。最新の設備というワケではないので、新しくて大きな日本のホテルに慣れた人は戸惑うこともあるかもしれません。しかし、そんなところもチャーミングに思えるのが、このホテルの素晴らしいところ。

もちろん、何か不具合があった場合はすぐに対応してくれるので、遠慮なくフロントに連絡しましょう。

品の良い空間で、心もやすらぎます
品の良い空間で、心も安らぎます。撮影:yukako
洗面台もエレガント
洗面台もエレガント。撮影:yukako

ちなみに、冷蔵庫に入っている飲み物までとってもオシャレ......ミニバーのチョコレート(有料)は「チョコレート界のロマネコンティ」と称される「AMEDEI」のものです。

必ず食べたい、感動の朝食

筆者がこのホテルをオススメする時に、必ず話すポイントが「朝食」です。ペストリーは「フィレンツェで一番美味しい」と言われている、ホテルのすぐ近くパン屋さんから取り寄せられていて、クロワッサンやデニッシュはついつい食べ過ぎてしまいます。

また、新鮮なモッツァレラは日本では味えないような味。ヨーグルトのような感覚で頂くことができ、ナイフで割ってみるとそのクリーミー具合がよく分かると思います。

その他のハムやフルーツも全てシンプルながら、感動の美味しさです。

シンプルな見た目ながら、感動的な美味しさ
シンプルな見た目ながら、感動的な美味しさ。撮影:yukako

筆者はこの朝食をベストコンディションで食べたいがために、朝から早起きしてミケランジェロ広場まで散歩してみたりして、お腹をしっかり空かせてから朝食へ向かいます。

関連記事:フィレンツェを一望!ミケランジェロ広場の丘で絶景を楽しむ。

ヨーグルトはビン入りのオシャレなデザイン。種類は行く度にちょこちょこ変わっているので、その時々で美味しいものがセレクトされているのかもしれません。

こちらはレモン味。ラベルもオシャレです。
こちらはレモン味。ラベルもオシャレです。撮影:yuako

人気上昇中につき、早めのご予約がオススメ

ヴェッキオ橋(ポンテ ヴェッキオ)から徒歩3分という抜群のロケーションもあり、とても人気の高いホテルですが、レストランだけの予約も出来ますし、ロビーでお茶を楽しむこともできます。

フィレンツェ旅行者にとって、なくてはならない素敵な場所ですが、年々予約が取りにくくなっているとのこと。

旅の予定がたったら、すぐの予約をオススメ致します。

基本情報

名前:ホテル ルンガルノ(HOTEL LUNGARNO)

住所:Borgo S. Jacopo, 14, 50125 Firenze, Italy

TEL:+39 055 27261

公式サイト:http://www.lungarnocollection.com/en/the-collection/florence/hotel-lungarno

※最新情報は公式サイトをご確認ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

最終更新日:2017/11/02

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.