たびこふれ

地元っ子がこっそり教える夜市完全ガイド

記事投稿日:2014/12/29最終更新日:2018/04/12

Views:

 台湾に来たら絶対行っておきたいのが夜市ですね。行き当たりばったりもいいですが、事前に準備しておくと、より一層楽しい夜市散策になること間違いなしですよ!!

TW_20150101_01.jpg

 まず決めなくてはならないのは、どこの夜市に行くか!夜市は毎晩台湾のあちらこちらで開催されていますが、空き地に屋台が集まるタイプや、ストリートタイプ、曜日限定で開催されるところもあるので、宿泊先から夜市までのアクセスはもちろん、規模や特徴なども事前に調べておきましょう。時間はだいたい18時位から始まりますが、20時から22時までが一番混みあいます。スリに遭う可能性も高くなるのであえてその時間を避けるのも手です。トイレもあまりきれいではなかったり混みあったりするので前もって済ませておきましょう。

夜市の出店は三種類に分かれます。

①食べ物や飲み物などの屋台

TW_20150101_02.jpg

②洋服や雑貨などの物販

TW_20150101_03.jpg

③輪投げやパチンコなどのゲームコーナー

TW_20150101_04.jpg

それぞれかたまって売り場を構えていることが多いので、どこから攻めるかも考えておくとスムーズにまわれますよ。

それではお勧めの夜市グルメベスト3を紹介します。

仔煎(オアツェン)

小ぶりで身がプリッとしたカキ、ニラなどの野菜、卵が入った台湾風お好み焼きです。よく「夜市で食べたいグルメ」特集などで№1に選ばれています。生地はモチモチしていて、とろとろの甘酸っぱいソースがよく合いますよ。

TW_20150101_05.jpg

②臭豆腐(ツォードウフー)

こちらは好き嫌いがはっきり分かれますが、ものすごい存在感で日本では味わえないので、思い出作りにお勧めです。発酵した豆腐を一度油であげて、水キムチと一緒に食べるので意外と大丈夫だという人も多いようです。

TW_20150101_07.jpg

③珍珠茶(ツェンズーナイツァー)

日本でもお馴染みのタピオカミルクティー!台湾が発祥なのでぜひぜひ押さえておきたい一品です。大きなモチモチした黒いタピオカ用にストローも極太サイズ。甘さ控えめなミルクティーに相性ばっちりですよ。

TW_20150101_06.jpg

夜市ではデーブル席が少ないので初めに、飲み物や食べ歩ける小さいおつまみを買って、テーブル席のあるところに持ち込むのがお勧めです。またウェットティッシュは必須なのでお忘れなく!!胃腸薬があれば更に心強いですよ。

TW_20150101_08.jpg

お腹がいっぱいになったら、物販やゲームなども挑戦してみましょう。物販コーナーでは洋服や靴、アクセサリーやスマホカバーなどなど、いろいろな物が安く手に入りますよ。そしてゲームコーナーでは、日本では最近見かけることの少なくなったレトロな遊びがいっぱいあって、大人から子供まで楽しめます。

出かける前に計画を練っておけば、スムーズに効率よく夜市を散策することができますよ。これを参考にぜひ、思い出に残る自分だけの夜市ぶらり旅をカスタマイズしてみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ロータス
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/12/29最終更新日:2018/04/12

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.