たびこふれ

ポーランドのとっても庶民派な食べ物と言えば?

記事投稿日:2017/03/14最終更新日:2017/12/14

Views:

日常生活では当たり前に食べるけども、
観光中に食べることは少ない・・・でもこの味も知って欲しい!

そんな庶民的なポーランドフードをいくつかご紹介します♪

<食べ物部門>
PL_20170302_01.jpg

「ザピエカンカ」

これは、レストランにはないですが、観光地であればアイス屋さんなどの並びと一緒に、もしくはパン屋さんにあるポーランドのピザパンです。細長く、フランスパンを横に半分切った形で、トマトソース・チーズ・マッシュルーム・サラミがのっているのが定番。ワルシャワですとメトロの地下街なんかにもお店が沢山あります。その場で焼いてくれるのでさくっと美味しい!気軽にスタンドで買って食べ歩けるので忙しい人にもピッタリです。

見た目は大きいのですがサクサク美味しいパンはペロっと食べられます。
値段も4zl~ととても安いのが魅力的。



PL_20170302_02.jpg
最近はおしゃれなザピエカンカ屋さんもオープンされていて、食べて行くことが出来るカフェスタイルのところもあります。

PL_20170302_03.jpg
「ルルキ ズ ビタシュメタノン」
ちょっと難しい単語ですが、直訳すると生クリームロールです。これはカフェに入るとおいてあるところがあるのですが、レストランではまずないでしょう。コーヒー・紅茶にぴったりの小さなスイーツです。大きすぎず、甘すぎず、しかしとっても美味しいケーキのようなロールスティック。デザートは是非カフェでのお楽しみに取っておいて、別に楽しんでみてはいかがでしょう♪

<飲み物編>
日本で言えば、例えば緑茶は日本の味としてレストランのメニューにありますよね。

しかし、同様に庶民の味の「麦茶」はどうでしょう?
麦茶って家ではよく飲みますし、ペットボトルにもありますが、観光客が行くようなレストランのメニューにあることは滅多にないですよね。


そんな飲み物がポーランドにもあります。
それがこちらの「コンポト」です。

PL_20170302_04.jpg

コンポトは一般的にはドライフルーツにクローブやシナモンを入れて作る飲み物なのですが、入れるフルーツは作る人によって違うのでお母さんの味です。夏は冷たいコンポト、冬は暖かいコンポト。ドライフルーツの種類としては、リンゴ・洋ナシ・ブドウ・ブラックカラントなどのドライフルーツを煮だすだけです。

フルーツの自然の甘さがとても美味しいコンポトは、レストランでも置いてあるところもあるので、見つけたら是非試してみてください!


PL_20170302_05.JPG
ランチの時間だとおまけでついてくることが多いのでおすすめです♪
そしてもう一つはお店では飲むことはまず出来ないであろう、ポーランドの味!


PL_20170302_06.jpg

「インカ」です。
「インカ」はポーランド原産の飲み物で、原材料は大麦、ライ麦、チコリー、甜菜です。昔は良く飲まれていたそうですが、今は若い人はあまり飲まないそう。しかし私はこれを知ってからはまってしまい、毎日飲んでいます。


PL_20170302_07.jpg
インカは、ノンカフェインでビタミンBや繊維質豊富で健康にもとてもいい飲み物です。ノンカフェインなので小さなお子様(3歳以上)や妊婦さんも飲めます。コーヒーではないのですが、コーヒー同様に牛乳や豆乳を入れたり、インカの粉を使ってフラペチーノを作るのもおすすめです♪

残念ながらこのポーランドの美味しいインカは日本ではネットでも売っているのを見たことがありません。
(違う国のだったり違うブランドはあるのですがそれを買った知人に聞いたところ味が大分違うそうです。)

ポーランドにお越しの際はお土産にもぴったり!
スーパーではコーヒーコーナーに必ず置いてありますのでお土産に是非買ってみてはいかがでしょう?

是非試してみてくださいね!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kaori@Warsaw
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/03/14最終更新日:2017/12/14

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.