たびこふれ

無形文化遺産:バンシュのカーニバル

記事投稿日:2016/03/15最終更新日:2017/11/14

Views:

日本でもよくテレビで紹介されている「バンシュのカーニバル(Carnaval de Binche)」は、今年は2月7日(日)~9日(火)に開催されました。一番盛り上がるのは火曜日のマルディグラで、主役のジルが登場し、名物のオレンジ投げをします。

このカーニバルは2003年にユネスコ無形世界遺産に登録されています。前回ご紹介したアールストのカーニバルも登録されていますが、こちらの方が早く登録されていて、もっと世界的に有名です。このカーニバルを見に世界各国から旅行者がこの時期に訪れます。バンシュの街自体は小さいので宿泊施設も少ないです。ブリュッセルに滞在して電車(国鉄)で当日にバンシュに移動する方がほとんどだと思います。電車のチケットもカーニバル用に安くなるので、お得ですね。

BK_20160302_01.jpg

彼らがジルです。仮面を付けている時と、仮面は外し帽子をかぶっている時があります。この白い大きな帽子は、ダチョウの羽根で造られています。実はバンシュのカーニバルに参加できるジルは、このバンシュ出身の男性しかなることを許されていません。少年の頃からカーニバルに参加します。この町の人は、このカーニバルに誇りを持っていて、かなりのお金と準備の時間を費やしているそうです。

BK_20160302_02.jpg

残念ながら今年の9日(火)は雨でした。雨の場合は、ダチョウの羽根の帽子を被ったジルを見る事ができません。

BK_20160302_03.jpg

仮面をかぶったジルは、リズムに合わせて靴を鳴らしながら練り歩きます。可愛いサングラスをかけた様な仮面ですよね。

BK_20160302_04.jpg

こちらは仮面なしのジルで、オレンジを持っています。

マルディグラの日の午後3時くらいから、オレンジ投げの行事が始まります。これが名物なので、このカーニバルを見に行く時はこの時間帯は外せません。このオレンジを受け取るとその年は幸福が訪れると言われています。オレンジは手渡してくれるジルもいますが、基本的には投げます!手で受け取らずに体に当たると痛い場合もあるのでご注意を。

BK_20160302_05.jpg

周辺の家も特設の窓でオレンジが飛んできて割れない様にガードしています。これだとガードしながら部屋の窓からオレンジ投げを見物できますね。

このカーニバルは、キリストの復活祭の46日前にあたる「灰の水曜日」の前の3日間に行われるので、毎年日程が変わります。2017年は2月26日~28日に開催されます。ぜひジルからオレンジを受け取る貴重な体験をしてみてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ベル通スタッフ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/03/15最終更新日:2017/11/14

Views:

ベルギーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.