たびこふれ

登山いらず! アルプスの女王に会いに、3,800mにある展望台へ行こう!

記事投稿日:2016/05/06最終更新日:2017/04/28

Views:

160506swiss1-thumb-960xauto-121393.jpg

マッターホルンは、アルプス山脈に属する標高4,478mの山で、イタリア語では「チェルヴィーノ」(Cervino)「鹿の角」の意味になります。山頂にはスイスとイタリアの国境が通り、麓の町はスイス側にツェルマット、イタリア側にブレイユ=チェルヴィニアがあります。マッターホルンという名称は、ドイツ語で牧草地を表す「matt」と、山頂を表す「horn」に由来しています。

日本からマッターホルンに行くにはざっとこんな感じ。日本からチューリッヒ(飛行機で約12時間25分)、チューリッヒからツェルマット(電車で3時間45分)。遠いと思われましたでしょうか?それとも近くに感じますか? さすがに飛行機の時間は長いですが、現地に行ったら一瞬でその疲れも吹っ飛ぶことでしょう。

マッターホルン

マッターホルンの麓にあるツェルマットの村で宿泊し、朝から観光スタート。と、その前に運が良ければホテルのベランダからマッターホルンの頂きに朝日が射し、オレンジ色に染まるマッターホルンが見られるかもしれません。これを見られたらラッキー!鳥肌モノです。

マッターホルン

朝食後いよいよマッターホルンへ!スイスは登山列車やロープウェイが充実しており、それらを乗り継いで行くだけで登山は全くしなくても、富士山より高い3,833mの所にある展望台にもなんなく行くことが出来ます。これは日本では考えられないですよね。

マッターホルン・グレーシャーパラダイス展望台に行ったなら、そこは本当に美しい山々のパラダイス。目の前に雪化粧をした絶景が広がります。アルプスの女王と呼ばれるその姿に是非会いに行ってみませんか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
世界の絶景編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2016/05/06最終更新日:2017/04/28

Views:

この記事に関連する記事

スイスのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.