たびこふれ

ポーランド1(驚きの世界遺産と美しい古都)

記事投稿日:2017/03/08最終更新日:2017/07/06

Views:

歴史を越えて今に残る奇跡 驚きの世界遺産と美しい古都

クラクフ_ishikawa.jpg
▲かつて中世の宝石と讃えられ栄華を極めた街「クラクフ」

東西ヨーロッパの中心部に位置し、中欧の文化と歴史が交錯する国ポーランド。激動の歴史を越えて美しい姿を残す古都や緑豊かな自然が多くの観光客を魅了しています。中世のロマンあふれるこの国の魅力をポーランド政府観光局の石川みゆきさんにお話いただきました。

EHP17-02965.jpg
(左)ポーランド政府観光局 局長補佐 石川みゆきさん
(右)阪急交通社 ツアー企画担当者 谷澤智也

谷澤 年々人気が高まっているポーランドですが、2016年1月に日本から直行便が就航して以来、ポーランドへ旅行されるお客様が急激に増えていますね!

石川さん 直行便のおかげで現地に行きやすくなり、テレビや雑誌等で取り上げられることも多くなりました。いま、ポーランドにたいへん大きな注目が集まっているのを感じています。

谷澤 そんな人気急上昇中のポーランドをひとことで言うと、どんな魅力を持つ国ですか?

石川さん ポーランドはとっても"ハートフルな国"です!例えば旅行中に道がわからなくなったら地元の人に聞いてみてください。みんな笑顔で答えてくれるはずです。人々が親切で治安も抜群にいいポーランドは、実はとっても旅行しやすい国なんですよ。

谷澤 本当に安心して旅行できる国ですね。私も現地で日本人女性が2人で観光している姿をよく見かけました。

石川さん 夕食のあとに女性だけで街を散策していただけるくらい治安がいいといわれています。夜は歴史ある建物がライトアップされて街が華やか。明るい雰囲気のカフェもたくさんありますから、ポーランドビールをぜひお試しください。ビール大国チェコにも負けない美味しさです!それに値段がとっても安いんです。物価が安いのもポーランド旅行の魅力のひとつですね。

谷澤 ツアーのお客様は夜の自由行動を楽しみにしていますので、一日中たっぷり楽しめるポーランドはますます人気が高まりそうですね!石川さんが特におすすめしたいポーランドの観光地といえば?

石川さん ぜひ見ていただきたいのが14~16世紀に首都として栄えた古都「クラクフ」です。第2次世界大戦時の戦災を免れて中世そのものの景観が奇跡的に残っています。この街の歴史地区はユネスコの世界遺産の一番最初に登録された12ヵ所のうちの1つ。それだけ貴重な価値のある街並みなんです。旧市街の中央広場を見学すればポーランド王国が全盛を誇った頃の姿を目の当たりにできますよ。

谷澤 確かに「聖マリア教会」の重厚で壮麗な外観には目を奪われます。

クラクフ聖マリア教会_ishikawa.jpg
▲聖マリア教会/13世紀初めに建造されたゴシック様式の建物

石川さん ほかにもルネッサンスなど様々な建築様式の融合美ともいえる「織物会館」や、かつてのポーランド王の居城「ヴァヴェル城」など見どころはたくさん。歩いて回るにはちょうど良い広さの街なので、散策が十分楽しめると思います。

クラクフ織物会館DSC03166_Ishikawa_podpisM.jpg
▲織物会館/14世紀に建てられたルネサンス様式が印象的な建物

また、近くには世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」もあります。全長はなんと300kmもある岩塩の採掘坑です!

DSC09890Wieliczka2.jpg
▲聖ギンガ礼拝堂/ヴィエリチカ岩塩抗の地下礼拝堂

谷澤 ツアーで見学しますが実際に行ってみると本当に広い!美しくも壮大な地下世界には驚愕します。

石川さん 地下へ降りて行く途中にはヴィエリチカの伝説や歴史を再現する塩の像が置かれています。ハイライトは「聖ギンガ礼拝堂」。ここは床や壁、聖像、さらには絵画に至るまですべてが塩でできた地下礼拝堂です。ダヴィンチの「最後の晩餐」の岩塩レリーフも、細かな塩をつなぎ合わせて作られたシャンデリアも、全て坑夫たちによって作られたものなんです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2017/03/08最終更新日:2017/07/06

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.