たびこふれ

美味しいご飯で夏を乗り切ろう!釜山名物グルメ3選

記事投稿日:2022/08/31最終更新日:2022/08/31

Views:

ミルミョン

梅雨の時期が終わり、いよいよ夏本番になった8月の釜山。今回は、そんなジメジメとした夏を乗り越えるのにぴったりな釜山の美味しいご飯3選を紹介します。釜山に遊びに来た際はぜひ食べてみてくださいね!

目次

1. ツルッとした麺であっという間に完食してしまう「ミルミョン」

1つ目に紹介する釜山グルメは、冷たいスープとツルッとした麺との相性が最高な「ミルミョン」です。ミルミョンは小麦粉でできた麺ですが、みなさんお馴染みの冷麺と似ているところがあります。冷麺と比べるとミルミョンがよりサッパリとしているので、熱い夏の気候にぴったりな食べ物です。釜山の街中を歩いてるとミルミョンのお店をたくさん見かけるのですが、そのくらい釜山の人たちに愛されている釜山のソウルフードともいえます。

ミルミョンはお店によって味が異なるのが面白く、いつもは近所のミルミョンのお店に行くのですが、今回はいつもと違うお店に行ってみることにしました。

今回訪れたのは、海雲台にある「ヘウンデカヤミルミョン」という、釜山でも人気のミルミョンのお店です。釜山に住む友人にも一度おすすめしてもらったので、気になっていました。

この日も気温が30度を超える真夏日だったので、こんな暑い日だからそんなに人はいないはず!と思いながらお店へ向かったのですが、到着してみると......。

ヘウンデカヤミルミョン

車がお店の周辺にぎっしり並び、たくさんの人がお店の前で順番が来るのを待っていました。

ここまで来たからには絶対食べよう!と意を決して整理券を受け取りに。

順番が近づいたらメールで知らせてくれるシステムに登録して、待つこと約1時間。ようやくお店の中に入れました。

ヘウンデカヤミルミョン

お店の中は座席数が50席ほどはあり、お客さんの回転も良い印象でした。

席について早速注文。釜山ではミルミョンを食べる時はマンドゥと言われる餃子を一緒に食べるのがマストです。マンドゥもミルミョン同様、お店によって味が異なるので、どんな味なのかワクワクしながら注文しました。

タッチパネル

席ごとにタッチパネルがあるので、店員さんを呼ぶ手間もなく楽に注文できます。お会計も同時にできて、カード社会の韓国ならではの注文スタイルです。

注文してからあっという間にミルミョンが到着。澄んだスープと細い麺を見るだけで食欲が一気に増します。

ミルミョン

ミルミョンを注文すると、大きなキッチンバサミが一緒に出てくるので、食べやすいように麺をカットします。コチュジャンと麺を混ぜていると、マンドゥもやってきました。

ミルミョンとマンドゥ

ツルっとした麺と甘辛いコチュジャン、出汁のきいたスープの相性が最高であっという間に完食。マンドゥもモチッとした皮の中にしっかり味がついた餡が包まれていて、なんなく完食。1時間待ったかいがありました。

해운대가야밀면(ヘウンデカヤミルミョン)

  • 住所: 부산 해운대구 좌동순환로 27
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:なし

2. スタミナつけて夏を乗り切る「テジクッパ」

次に紹介する釜山グルメは「テジクッパ」です。テジクッパも釜山を代表するグルメの1つで、豚骨などをじっくり煮込んだスープに豚肉が入っているスープです。一緒に出てくるニラや塩、セウジョ(エビの塩辛)で味つけしながらいただきます。

テジクッパもお店によって味が異なるので、新しいテジクッパのお店に行くたびにワクワクしながら注文します。

テジクッパというと熱々のスープなので、夏に食べるのはどうなの...... ?と思われるかもしれませんが、暑い夏だからこそスタミナをつけて元気になりたい!という時にぴったりな食べ物です。

今回は広安里にある「オミョンベクテジクッパ」というお店を紹介します。

オミョンベクテジクッパ

周辺に焼肉屋や居酒屋が並ぶなか、こちらのお店は少しレトロな印象のお店でした。

オミョンベクテジクッパ

お店の中に入ると木を基調とした店内で、外の暑さを忘れるほど落ち着きます。席について早速テジクッパを注文。

オミョンベクテジクッパ

こちらのテジクッパは豚肉が2種類入っているものと5種類入っているものがあるので、友人と1つずつ注文してみました。

テジクッパ

こちらは2種類の豚肉が入っているテジクッパです。

テジクッパ

こちらは5種類の豚肉が入っているテジクッパ。味は2種類の豚肉のテジクッパと同じですが、お肉の食感がそれぞれ異なるので、食感を楽しみながら食べられます。

初めて見た時、いつも食べているテジクッパとは異なり、スープが透明なのに驚きました。スープを飲んでみるとサラッとしていて無駄な脂身がなく、暑い夏でもペロッと食べられました。

엄용백돼지국밥(オミョンベクテジクッパ)

  • 住所: 부산 수영구 수영로680번길 39
  • 営業時間:11:30〜22:00
  • 定休日:なし

3. ヘルシーで罪悪感がない「オリコギ」

最後に紹介するのは「オリコギ」です。オリコギとは韓国語でアヒル(またはカモ)の肉という意味で、日本ではアヒルのお肉を食べることにあまり馴染みがないかもしれませんが、解毒作用もありヘルシーなお肉として、韓国ではよく食べられているお肉なんです。

今回は西面エリアにある、「冷水湯園」というお店に訪れました。

西面から約30分バスに乗り、着いたところは木が生い茂る山のような坂道でした。

いつも歩いている街中とは雰囲気がガラッと異なり、緑がたくさん茂っているので、歩いているだけでもヒーリングになります(ただ、暑い夏にこの坂道を登るのは大変でした......)。

坂道

10分ほど坂道を登ったあたりで、ようやくお店に到着しました。

室内と室外のどちらも座席がありましたが、ほとんどの人が暑い夏にもかかわらず外で食事をしていました。

冷水湯園

というのも、このお店が人気な理由の1つが、お店の雰囲気なんです。木々で囲まれた客席は非日常を感じられ、思ったよりも暑さを感じないので外での食事を選ぶ人が多いのかなと感じました。

冷水湯園

早速外の席に座って「オリプルコギ」を注文しました。オリプルコギはオリコギを甘辛いタレで味付けしたもので、まさにご飯泥棒のような、食欲をそそる料理です。

オリプルコギ

しばらくするとオリプルコギが来ました。お店の人が炒めてくれて、出来上がったものを早速いただきます。

日本ではお肉と一緒にご飯を食べる人も多いかもしれませんが、サンチュというレタスのような葉っぱにお肉やキムチなどを包んで食べるのが韓国での食べ方です。野菜をたくさん食べられてヘルシーですよね。オリプルコギも、このように野菜に包んで食べます。

オリプルコギ

お肉なのに無駄な脂身が無くサッパリとしていて、永遠に食べられるくらい美味しいです。

オリプルコギを注文した後に必ずしないといけないのがチャーハン。韓国の人は必ず白ごはんを注文して、〆にチャーハンを食べるのがマストです。

チャーハンもお店の人が目の前で作ってくれて、できあがったものをいただきます。

チャーハン

オリプルコギの甘辛いタレとご飯が最高にマッチしていて、あっという間に食べてしまいました。

ヘルシーなお肉でスタミナが付きました。また食べに行こうと思います。

냉수탕가든(冷水湯園)

  • 住所: 부산 부산진구 가야공원로 107
  • 営業時間:11:00〜21:40
  • 定休日: なし

さいごに

今回紹介した釜山のおすすめグルメは、釜山であればどの地域でも食べることができます。同じ料理でもお店によって異なる味を楽しめるので、お気に入りの味を探すのも面白いかもしれません。釜山に来た際にはぜひ食べてみてくださいね!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
allie
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/08/31最終更新日:2022/08/31

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.