たびこふれ

ベトナムのニャチャンで南国バカンスを120%満喫する方法

記事投稿日:2022/08/05最終更新日:2022/08/05

Views:

ニャチャン

2022年に入ると、ベトナムも新型コロナウイルスとの共存の道を進むべく、段階的に規制が解除され、8月時点では観光に伴う制限はほぼすべてが撤廃され、コロナ前と同じような環境へと戻ってきました。しかし、まだ都市部においては旅行者向けのお店が閉店しており、場合によっては外国人は不便を強いられる可能性もあります。

そこでおすすめしたいのが、今回ご紹介する「ニャチャン」での南国バカンスです。日本人にはあまり聞きなれない都市名かもしれませんが、実は欧米人にとっては、ベトナムのビーチリゾートの象徴となる観光地でもあります。

ここではベトナムのニャチャンでコロナも忘れる南国バカンスを120%楽しむ方法をご紹介します。

目次

ホーチミンから国内線でたったの1時間で行ける「ニャチャン」

ニャチャン

ベトナム中南部に位置するニャチャンは、現時点では日本との直行便はありませんので、ホーチミンから国内線に乗り換えて行くのが近道です。国内線であればおよそ1時間で行くことができますし、ベトジェットエアをはじめ、LCCも就航しています。

また、ホーチミンからニャチャンまでは寝台列車が走っていて、およそ9時間ほどの列車旅になります。滞在日数に余裕のある中期旅行者に人気のルートになりますので、普通の旅行者は空路を選ぶといいでしょう。

「ニャチャン」はホーチミンとはまるで違う南国都市

ニャチャン

ホーチミンやハノイはベトナム最大の都市となり、特にホーチミンは辺りを見渡せば高層ビル群ばかりが目に飛び込みます。その一方で、ニャチャンはThe南国!といったリゾート感たっぷりの海の町です。都会らしい大きな建物はホテルくらいなもので、全体的にのんびりとしてた空気が流れているのが特徴です。

ニャチャン

旅行者にとって、ニャチャン市内の観光エリアは中心市街地になりますので、現地人と生活の場を共有することになります。滞在中は地元で人気の大衆食堂などに足を運んでみるのもいいでしょう。

やっぱり海側に泊まりたい!ニャチャンのおすすめ滞在エリア

ビーチエリア

ビーチエリアを観光するのであれば、「やっぱり海側のホテルに泊まりたい」と考えるものですよね。しかし、ニャチャンの海側エリアは、ニャチャンビーチに沿って南北に走るチャンフー通り(Tran Phu)全体となり、全長は7kmにも及びます。「騒がしいのはあまり好きじゃないから」とあまり北や南に寄ってしまうと、徒歩圏内で行けるお店がまったくなく、不便な滞在を送ることにもなりかねません。

ホテル

そこでおすすめしたいのは、市街中心部にレタントン通り(Le Thanh Ton)とチャンフー通りの交差点周辺エリアです。欧米人がとにかく多いので少々騒がしいかもしれませんが、何よりもアジアンビーチらしさ満点です。外国人が行き交い、ゲストハウスが並び、多国籍に富むレストランや安マッサージ店、雑貨店が集まるエリアとなります。

もし喧噪から離れたいのであれば、半径1km以内の南北のホテルを探すといいでしょう。北側は比較的高級ホテルが、南側は安ホテルが多く集まっています。予算や気分に合わせて探してみてください。

ニャチャンでは5つ星のリゾートホテルに泊まろう!

ニャチャンビーチ

ニャチャンも昨今はリゾート開発が進んでいて、5つ星の高級リゾートホテルもいくつかオープンするようになりました。海側に建つリゾートホテルであれば、海に面していてプライベートビーチを楽しめたり、海を望めるインフィニティプールを満喫でたりします。

多少市街地から離れている場合が多いのですが、ホテル内で半日程度は余裕で過ごすことができますので、1泊くらいは贅沢なホテルライフを体験してみるのはいかがでしょうか。

ニャチャンビーチで南国バカンスを満喫!

ニャチャンビーチ

広大なニャチャンビーチの中でも、パラソルが咲き並んでいるエリアで海水浴を楽しむのが旅行者にはおすすめです。パラソルは1日300~500円程度で借りることができ、寝そべっているとココナッツを売り歩く行商が寄ってくることもあります。

それ以外にもカヤックやジェットスキー、バナナボートといったマリンスポーツの受付もありますし、近くにはサーフショップや水着ショップも幾つかあります。

ただし、海水浴を楽しむのはせいぜい2~3時間程度に留めておくのがいいでしょう。ニャチャンの紫外線は非常に強いので、日本人の肌には少々きついかもしれません。なによりもニャチャン市内には見どころとなる観光スポットが多々あるので、海水浴だけで1日終えてしまうのはいささかもったいない気がします。

ニャチャン名物&シーフードは旅に欠かせない!

シーフード料理

ビーチリゾートのニャチャンに来たからにはシーフードは欠かせません。ニャチャンではホーチミンやハノイといった都心では滅多に食べられないウニやシャコ、ロブスターなどを割安で食べることができます。お店を選ぶポイントとしては、冷房が効いているようなレストランではなく、現地人が行きそうな大衆食堂を探すことです。海鮮の味や鮮度は変わらないものの、前者は旅行者向けなので割高です。

お店

またベトナム(ニャチャン)名物料理もしっかりと押さえておきたいところです。米粉麺のブンに海鮮を原料にしたさつま揚げの「チャーカー」や、クラゲを具にした麺料理「ブン・スア」などがおすすめです。その他の一般的なベトナム料理は、宿泊ホテルの朝食で食べることができるはずです。

ニャチャンは観光スポットが盛りだくさん!市場や史跡、景勝地に行こう

市場

ニャチャン市街地には海以外にも下記のような観光スポットがあります。

  • ダム市場:ニャチャン市内最大の屋内市場。お土産を売るお店も多数あります
  • ポーナガル:いまは滅んだチャンパ王国の史跡
  • ホンチョン岬:岩場の景勝地。近くにはオーシャンビューが素敵なカフェもあります
  • ヴィンパールランド:離島を丸ごとテーマパークとした大規模遊園地
  • 泥温泉:清潔な泥水を湯舟に溜めた新感覚エンタメ。温水プールも併設しています

ダム市場とポーナガル、ホンチョン岬は半日で行くことができます。その他、子供がいるならばヴィンパールランド、カップルであれば泥温泉がおすすめのルート。こちらも半日コースです。

ベトナムのニャチャンを満喫するポイントは「観光スポット巡りはほどほどに」

ビーチ

ベトナムのニャチャンはここで紹介した以外にも見どころは多くあります。しかし、それらをすべて回ろうとすると、滞在中自由な時間がほとんどなくなってしまいます。せっかくの南国バカンスですから、時間を気にしない滞在余暇を楽しんでください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
古川悠紀
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/08/05最終更新日:2022/08/05

Views:

ベトナムのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.