たびこふれ

何度訪れても楽しい!魅力満載の九份

記事投稿日:2022/03/20最終更新日:2022/03/20

Views:

九份

台湾の人気観光スポット九份(きゅうふん)。ライトアップされた夜の雰囲気はとても幻想的ですが、昼に歩く街も魅力がぎゅっと詰まっています。

長くて急な階段があり、大勢の人が訪れる九份は少々歩きにくく感じるのが本音。小さなお子様連れのご家族や、孫旅を楽しむ人々にとっては、明るい時間に訪れた方が足元をしっかり見ながら歩けるのでは?と思います。

今回は、台北市内からバスを使って九份へ行く方法と、老街の様子やおすすめスイーツなどをご紹介。様々な状況が落ち着いたその時は、ノスタルジックなこの街をぜひ訪れてみてください。

目次

九份とはどの様な街?

九份は台北北部の山の上にある小さな街。日本統治時代だった19世紀後半に金鉱が発見されゴールドラッシュを迎えましたが、1971年に閉山し街は衰退。その後1989年に台湾映画「悲情城市」が制作され、舞台となったこの街は再び活気を取り戻しました。

また「千と千尋の神隠し」のモデルになったと噂され、瞬く間に知名度が上がった九份。多くの人を魅了する素晴らしい景色は、「阿妹茶樓」が佇む階段から眺めることができます。

明るい時間は古い建物や遠くに望む海を、夜は提灯の明かりが輝く情緒的な雰囲気を楽しむことができる街、それが九份です。

MRT北門駅からバスで九份へ

MRT北門駅 

高速バス

台北から九份へ向かうには、バス、電車、タクシーを使う...といった3つの方法がありますが、今回はMRT北門駅から乗り換え無しで行ける「965番」高速バスをご紹介。

バス停は北門駅2番出口を出たすぐ隣、台北駅周辺で宿泊する人々にとって、歩いて向かえる便利な場所にあります。運賃は片道90元、悠遊卡等のICカードを使って乗車します。北門駅から九份までの乗車時間は約1時間半。バスは黄金博物館がある「金瓜石」が終点となっています。

高速バス情報

  • 運行時間:平日06:00~21:00、週末・祝日:07:00~21:00
    ※30分~40分に1便運行(オフピーク時の平日は40分~60分に1便となります)
    ※MRT板橋、西門駅からも乗車可能です。
    ※高速道路や快速道路を走行する際、シートベルトを着用してください。(4歳以上の方)
  • 台北客運965路線図
  • 台北客運965現在位置情報

美味しい!素敵!を探しながら老街散策

九份

老街

九份老街バス停で下車し、緩やかな坂を上がれば、お土産店やローカル食堂が立ち並ぶ老街(基山街)入口に到着。新型コロナウイルスの影響で随分店が減った印象を受けましたが、それでも風情ある雰囲気を楽しむことができます。

老友號芋圓

老友號芋圓

まずは50mほど歩いた右手にある「老友號芋圓」で休憩タイム。九份名物の芋団子をいただきます。スイーツメニューは6種(全50元)。おすすめは3種のトッピングが選べる「刨冰+老友芋圓」、指差し注文ができるので、言葉のストレスはそこまで感じません。先に支払いを済ませたらテラス席へ向かってください。

芋圓

キラキラっと光るタロ芋とかぼちゃの団子の下には、ざくっとした氷がたっぷり入っています。団子がほんのり温かい場合は、器の中身をかき混ぜながら味わえばOK。もちもちっとした団子は素朴で優しい甘さ、タロ芋そのものの香りが口の中でふわっと広がります。しっかりエネルギーチャージした後、ゆっくり老街を散策するのがベスト。九份にはこちらの店以外に数軒の芋圓専門店があるので、お腹と相談しながら食べ比べするのも楽しいかもしれません。

老街

書道筆専門店

お店

お店

店を出てしばらく歩くと書道筆専門店が。字を練習する姿が非常に真剣で、息が止まりそうになります。すぐ近くの雑貨店ではレトロな商品がずらり、台湾テイスト溢れる商品が多くお土産探しにぴったりです。

老街

九份は路地裏に様々な「楽しい」が隠れています。ふと気になった路地は軽くチェックしてみてください。その先に趣のある景色があるかもしれません。

老友號芋圓

  • 住所:新北市瑞芳區基山街4-4號
  • 営業時間:08:30~20:30
  • Facebookページ

カメラに納めたいフォトスポット

九份

老街(基山街)を真っ直ぐ進み、突き当たりの広場に向かえば、緑とブルーの壮観な風景が楽しめる、九份の絶景スポットに到着。記念撮影を終えたら、次は赤提灯で有名な階段(豎埼路)がある十字路に戻ります。

九份

九份

とても急な階段は一度降りてしまうと、再び上がるのは面倒。なので降りながら何枚か撮影しておくのがベストです。

昇平戲院

展示物

昇平戲院

階段の途中にある「昇平戲院」は、日本統治時代に建てられた映画館、建物は1962年に改築されたもので、現在は博物館として公開されています。映画好き、建築好きな方はぜひ立ち寄ってみてください。

昇平戲院

  • 住所:新北市瑞芳區輕便路137號
  • 営業時間:月~木 09:30~17:30、土・日 09:30~18:00
  • 休業日:第一月曜日
  • HP:昇平戲院

約1時間半もあれば、ぐるっと廻れるコンパクトな街ですが、ここでの時間をもう少し満喫したいなら茶芸館でティータイム、あるいは先ほどの「965番」バスに乗って金瓜石へ向かうのも有りかもしれません。

この他たくさんの見どころが詰まった九份。次の台湾旅行の際にここを訪れ、魅力を存分に味わってみてください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
ちょびこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/03/20最終更新日:2022/03/20

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.