たびこふれ

感動の瞬間!台湾の天燈上げイベントに参加してきました!

記事投稿日:2018/03/27最終更新日:2022/03/23

Views:

天燈上げ

目次

台湾で人気の天燈上げ体験!その人気の理由に迫る!

日本統治時代の面影が残るどこか懐かしい雰囲気と、食事もおいしく、親日的な国として日本人にとって人気の海外旅行先のひとつになっている台湾。

その台湾に訪れた際にぜひやってみたいのが、現在、台湾の北東部のみでしか体験できない天燈上げ体験!直径約80センチ、高さ約1メートル、小さな気球のような「天燈(てんとう)」に願い事を書いて、天燈の下にある火種に火をつけ、気球と同じように熱で発生する上昇気流によって空へ上げます!

願い事を書いた天燈を空に上げることでその願いが叶うと言われており、地元台湾の観光客はもちろん、日本人だけでなく、様々な国からも観光客が訪れる台湾の人気観光スポットです。

人気観光地を訪れた後、イベント会場へ!

今回私が参加したのは、旅行会社阪急交通社が主催する天燈上げイベント。日頃から観光客向けに行われている天燈上げ体験とは違って何十個もの天燈を一斉に空に上げるイベントでした!しかも夜に開催されるということで、天燈の灯りが夜空にいくつも輝くフォトジェニックな写真が撮れること間違いなし!ということで期待大で出発です。

九ふん
<九ふん>

イベントは夜からということで会場に移動する前に、人気観光地である九ふんや日頃から天燈上げ体験が行われている十分(ジュッフン)を訪れました。雲行きが怪しい天候ではありましたが多くの観光客であふれていました!

天燈上げ
<天燈上げ/十分>

ローカル列車 平渓線
<ローカル列車「平渓線」/十分>

台湾のローカル列車「平渓線」の終着駅でもある「青桐駅」。この駅の近くにある小学校のグラウンドが今回の天燈上げイベントの会場!会場に到着した時は小雨が降っており、天燈が上がるのか不安な天候。。。グラウンドにはステージがあり、天燈上げの由来や天燈の上げ方の説明がありました。

天燈上げイベント

台湾の北東部は年間300日雨が降るそうで、そういった年間を通して降水量が多いところだからこそ、山火事等の心配がなく、天燈を上げることが許可されているのだそう。また、天燈上げはもともと台湾の旧正月に新年の祝い事として「家庭円満」「平和」「健康」の願いを込めて空に上げることで、その願いが神様に届くことを祈っていたのが始まりだということでした。

>>>【Fun】十分でのランタン上げや九份観光を楽しめるツアーはこちら!

感動の瞬間!願いを込めて天燈を夜空へ

各グループに1つずつ天燈が渡され、事前に書いていた願い事を貼っていきます!天燈の上の部分の四隅をピンと張った状態で待機します。そして地元の職人さんによって各天燈の火種に1つずつ火がつけられていきました。ちょっと熱いですがすべての天燈に火が付くまでしばらくの我慢。。。司会者の掛け声が始まりました!「3、2、1どうぞ」その掛け声とともに一斉に放たれた天燈は雨にも負けず綺麗に夜空へ上がっていきました!

天燈上げ

大歓声とともに舞い上がった天燈が夜空に光り輝く景色は何とも幻想的なものでした。圧巻の一言!

あっという間に灯りは小さくなり、大成功に終わったイベントは参加者全員の大拍手によって幕を閉じました。

天燈上げ

【番外編】熱気あふれる台湾の夜市へ!

天燈上げイベントの余韻に浸りつつ、台湾の首都、台北に戻った後に向かったのが台湾の夜市。台北市内だけでもいくつもの夜市があり、夜遅くまで露店が賑わいを見せていました。

今回夜市で挑戦してみたのが「臭豆腐」!豆腐を発酵させているもので何ともキツイ匂いがすることで有名な台湾のソウルフード。発酵させただけの豆腐の他にも発酵させて豆腐を揚げたものもありました。確かに匂いはきつかったですが、口に入れてみるとそれほど匂いは気にならず、おいしくいただけました♪皆さんもぜひ勇気をもって挑戦してみてください!

夜市

最後に・・・

台湾の人気観光地はほとんど行ったことがあるという皆様!今回ご紹介したような、イベントでないと見ることができない台湾の絶景もまだまだあります!イベントを見つけた際はぜひ参加してみてください♪

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
よーたまん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/03/27最終更新日:2022/03/23

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.