たびこふれ

ソウルで最も古いパン屋さん!レトロなベーカリーカフェ「太極堂」

記事投稿日:2022/02/22最終更新日:2022/02/22

Views:

目次

創業1946年

太極堂

奨忠洞にある太極堂(テグッダン)の創業は1946年。ということは戦後すぐですね。昔懐かしの姿を保つ「モナカアイス」や、昭和を彷彿とさせる佇まいに日本人も懐かしさを隠しきれません。

それもそのはず!元は「みどりや」という日本経営の製菓店が前身だからなんです。

太極堂

創業者は「こんなに勤勉な韓国人は見たことがない」と言われるほど、必死で技術を学んだそうです。今でもこんなに"懐かしい"のは、当時の雰囲気をそのまま、製法もそのままに、こだわりのパンを作り続けたからに他なりません。それを裏付けるように、勤続50年以上の職人が未だに働いているのだそうです。

76年もこだわり続けたパン屋さんは、今でも変わらずソウル市民に愛されています。

レトロな店内

太極堂

お店に入ると大きなシャンデリアがお出迎えしてくれます。2015年にリニューアルしたそうですが、レトロな雰囲気を残してくれたようです。お店の雰囲気も、パンの包装もレトロなコンセプトなので、昭和の時代にタイムスリップした気になります。

パンの種類も多いので目移りしますが、人気のメニューには、ちゃんと赤い印がついています。また親切なことにそれぞれのパンの説明もついてますので、スマホの翻訳機で説明を理解して購入できます。

太極堂

人気メニュー1「モナカアイス」

モナカアイス

とにかく代表的なメニューは「モナカアイス」。パッケージもレトロですが、モナカも"今どき"なモナカを想像してはいけません!ふわふわで、口の裏に張り付くようなモナカではなく、"圧縮された"という表現がぴったりなモナカです。クッキーに近いと言えばわかりやすいかもしれません。。。すみません表現力の限界です。。。

モナカアイス

人気メニュー2「野菜サラダ」

普通に、コッペパンにサラダが挟まっているだけの素朴なサンドで、2時間以内に食べるようにという注意書きがあります。しかし、6,500ウォンという値段にびっくりです。確かにかなりのボリュームですが、普通の食事くらいのお値段です。

野菜サラダ

人気メニュー3「ウォルビョン」「シュークリームパン」

ウォルビョン

「ウォルビョン」は、日本のまんじゅうに似ていますが、中身は白あんにクルミなどが入ってるようです。

シュークリームパン

「シュークリームパン」は、卵たっぷり、クリームが溢れ出すくらいのボリュームで、飽きない味と評判だそうです。

カフェでまったり

太極堂 カフェ
<1階カフェ>

カフェは1階と2階にありますので、飲み物をカウンターで注文してお好きな席へ。かなり広いのでゆったりできますが、日頃から人が多いとのことなので、2階のほうがおすすめです。

太極堂 カフェ
<2階カフェ。奥に長く見えるのは鏡>

たまごサンド

今回はコーヒーに「野菜サラダ」ではなく、少し似た感じの「たまごサンド」を買いました。「野菜サラダ」のボリュームに挑戦できなかったヘタレで申し訳ないです。「たまごサンド」も、なかなかのボリュームでした。

たまごサンド

すべてを紹介できなくて残念ですが、ソウルに来たら一度は訪れてみてほしいお店です。

太極堂(テグッダン)

  • アクセス:地下鉄3号線 東大入口駅 2番出口徒歩1分
  • 住所:ソウル市中区東湖路24通り7
  • TEL:02-2279-3152
  • 営業時間:8:30~21:30
  • 定休日:旧正月、旧盆
  • HP:太極堂

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
COZ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/02/22最終更新日:2022/02/22

Views:

韓国のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.