たびこふれ

【愛知県】冬の日間賀島でふぐづくし!

記事投稿日:2022/01/31最終更新日:2022/01/31

Views:

ふぐ

名古屋から一番近い島「日間賀島(ひまかじま)」。

知多半島の先端の師崎から2km、高速船で10分の日帰りでも楽しめる島です。日間賀島といえばタコとフグ。その他にも漁師の島として、新鮮な四季折々の魚介類が楽しめます。

徒歩でも一周できる小さな冬の島で、美味しいふぐを満喫する1日を過ごしてみませんか?

目次

日間賀島とは

日間賀島
<海からみえる日間賀島>

日間賀島は、三河国定公園に指定されている漁業と観光の島です。島は一周5.5kmほどで、名古屋から一番近い島です。船で河和港より20分、師崎港より10分。名物はタコとフグ、「多幸(タコ)の、福(フグ)の島」と呼ばれています。

夏には海水浴に訪れる他、温暖な気候で年間を通じて自然を楽しめる島として人気です。

たこのモニュメント
<たこのモニュメントが港で迎えてくれます>

日間賀島のとらふぐ

てっさ
<てっさ>

日間賀島のある愛知県は、日本で1、2位を争う天然のとらふぐの水揚げ量を誇っていることをご存知ですか? 平成15年には、国内のとらふぐの漁獲量の約22%にあたる154tを水揚げでした。伊勢湾口はとらふぐの産卵場のひとつで、海底にふ化したとらふぐの稚魚は伊勢湾内で過ごします。その後、成長したとらふぐは、黒潮を目指し、外海に出るので、日間賀島近海の三河湾、伊勢湾、遠州灘でふぐがよく採れるのです。

日間賀島のとらふぐ漁は100年以上といわれ、ふぐ漁の代表的な漁法が「延縄漁(はえなわりょう)」と呼ばれるふぐを傷つけないように1匹1匹釣りあげる漁法です。「幹縄」と呼ばれる長いロープに、等間隔に釣針が付いて針金同士を縄にくくりつける漁法です。

延縄漁の解禁は10〜3月です。深夜、漁港を出た漁船が、決められたポイントで日の出を待って一斉に漁を始めます。延縄の長さは数kmに及び、水深40m以上の海底まで仕掛けを沈め、しばらくして引き揚げます、釣り上げられたふぐは、生簀の中で噛み合って傷がつかないように、鋭い歯を切り取ってから船底の生簀に泳がせるということです。

しかし、実は生粋の名古屋っ子の私ですが、実はふぐが日間賀島の名物と知ったのはつい最近のことです。その理由は、以前は名古屋を中心とした中京圏でふぐを食べる文化があまりなかったため、鳥羽から大阪・下関に出荷されていたからだそうです。

地元食材の「ふぐ料理」で日間賀島を盛り立てる取り組みが始まったのが20年前。現在では、延縄漁をする漁師さん約90名、ふぐの調理師免許を保有している料理人約80名の、総勢約170名が「とらふぐの本場日間賀島」を支えていると説明をうけました。

日間賀島のたこ

干しだこ
<干しだこ>

日間賀島は、古くからたことの関わりが深い島です。地元に伝わる民話によると、およそ600年前、大きな地震で島のお寺が海に沈んだのですが、安置されていた阿弥陀様が大たこに守られて漁師の網に掛かったといいます。それは「蛸阿弥陀如来」として安楽寺に祀られ、今も崇められているそうです。

島の周辺にはカニやアサリなどエサがふんだんにあるので、たこの水揚げ量が豊富です。10月になると島のあちこちで干しだこが風に揺れる風景が見られます。この干しだこは「ひっぱりだこ」の語源といわれており、正月には氏神様に供えられ、大漁、家内安全、無病息災が祈願されます。こうしたことから日間賀島は別名「多幸(たこ)の島」とも呼ばれています。

蛸壺
<蛸壷>

日間賀島の通年料理の主役はタコです。甘味があり、茹でても固くならない日間賀島特産の「タコ丸茹で」はもちろん、刺身・唐揚げ・タコしゃぶ・タコの酢の物などが味わえるタコのコースがあります。

日間賀島のふぐづくしプラン

湯引きとふぐてっさ 
<ふぐの皮の湯引きとふぐてっさ>

日間賀島では、とらふぐ三味のコースが10月から3月末まで各旅館、ホテルで用意されています。日帰りコースには、デラックスプランとスタンダードプランがあり、お風呂にもはいれます。

スタンダードプランは、ふぐの皮の湯引き、ふぐの唐揚げ、ふぐのてっさ、ふぐ雑炊、ふぐ鍋がついています。そしてデラックスプランには、タコまる茹でと伊勢海老のお造りが追加でついています。

ふぐの唐揚げ
<ふぐの唐揚げ>

白子のてんぶら
<白子のてんぶら(追加オーダー)>

ゆでたこ足
<ゆでたこ足>

ふぐ鍋
<ふぐ鍋>

ふぐ雑炊
<ふぐ雑炊>

本当にふぐづくしです。てっさは少し厚めだったのですが、逆に歯応えがあって美味しく、満足のふぐづくしコースでした。 

私が今回利用した旅行プランは、名鉄観光のものです。お食事どころは、すずや海游亭を選びました。

行き方は、名鉄で河和駅へ行き、河和港から高速船はやぶさで日間賀島の西港につき、歩いて海游亭へ行きました。そして食べた後はお風呂にはいって、海沿いを散歩して、腹ごなしして、ゆっくりと1日を過ごした後、西港にもどり河和港に向かいました。

>>日間賀島ふぐづくしプランの詳細はこちら(名鉄観光)

すず屋海游亭

  • 住所:愛知県知多郡南知多町日間賀島西港
  • 電話:0569-68-2026
  • URL:すず屋 海游亭

高速艇 はやぶさ
<高速艇 はやぶさ>

まとめ

知多半島
<日間賀島から見る知多半島の眺め>

愛知県でふぐづくし。イメージがないかもしれません。実は愛知県はとらふぐ水揚げ量としては日本1、2位なのです。そしてその名古屋から一番近い島、漁師の島の「日間賀島」でふぐづくしを満喫する日帰りの旅。至福の時を過ごせること間違いなしです。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Sachiko
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/01/31最終更新日:2022/01/31

Views:

愛知のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.