たびこふれ

本物の水鏡が美しすぎる!嵐山「祐斎亭」の見どころ・予約方法・行き方まとめ

記事投稿日:2022/01/19最終更新日:2022/01/19

Views:

水面鏡

渡月橋から歩いて約10分。嵐山公園亀山地区に染色アートギャラリー「嵐山 祐斎亭」があります。

平安時代より貴族が別荘地として四季折々の美しさを楽しんできた1200年前の風景と染色アートを楽しめる場所なのですが、幻想的なリフレクション撮影も楽しめる場所なので、その見所をお届けします。

目次

川端康成の部屋(リフレクション撮影1)

川端康成の部屋

受付後、すぐ左手にあるのが「川端康成の部屋」です。その名の通り、文豪・川端康成が『山の音』を執筆したという部屋なのですが、紅葉と大堰川(桂川)を一望することができます。

川端康成の部屋

そして部屋の奥に置かれているトチノキのテーブルにはガラスの水鏡があり、この光景が目に飛び込んできたときには、思わず感嘆のため息を漏らしました。

茶室

茶室

続いて「茶室」へ。美しい風景や窓際の腰掛けもさることながら、障子のまばらな抜け感も面白いです。

なお、通常シーズンの見学なら、お抹茶・お茶菓子の無料サービスが付いてきます(通常シーズン以外でも、別途1,000円で注文することができます)。

丸窓の部屋(リフレクション撮影2)

丸窓の部屋

続いてご紹介するのは「茶室」の横にある「丸窓の部屋」。丸窓が連結しているのもユニークですが、この部屋でも机を利用してリフレクションを楽しむことができ、再び感嘆のため息が出ました。

丸窓の部屋

刻一刻と山の輝きも変わり、ずっと眺めていられる美しさ。耳を澄ませば、川下りの船の音や木々の間を飛び回る鳥の音が聞こえてきます。

染色アートギャラリー

染色アートギャラリー

さらに奥へ進むと「染色アートギャラリー」があり、奥田祐斎さんの作品を間近で見ることができます。

光によって染め色が変化する「夢こうろ染(ゆめこうろぞめ)」という独自の染色技術が高く評価されているのですが、実際に作品に光を当てて染め色が変わる様子も見られます。

染色アートギャラリー

工房では、染色に関して質問があれば、職人さんが気さくに教えてくださいます。

さらに「祐斎亭は築150年を誇る明治期の建物なんだけどね、かつては『千鳥』という料理旅館で、京都の舞妓や芸妓たちの憧れの場所だったんだよ」と、当時の大スターたちがとのように豪遊していたのかも教えてくださいました。

ここは渡月橋から絶対に見えない奥まった場所なので、隠れて遊ぶのに最適。周囲に桜を植えて、目の前の川に船を浮かべ、自分たちだけのプライベート花見を楽しんでいたそう。

夢の水鏡(リフレクション撮影3)

夢の水鏡

最後にご紹介するのは、「絶景テラス」を抜けた先にある「夢の水鏡」です。2021年10月にできたばかりなのですが、大きなテーブルに水を張った、世界初と思われる「本当の」水鏡です。

夢の水鏡

テーブルには筆も用意されているので、あえて水滴を落として波紋を起こしてみてください。「川端康成の部屋」や「丸窓の部屋」のテーブルリフレクションとは違い、本物の水鏡だからこその不思議な絵模様を楽しむことができます。

お手持ちのスマートフォンで動画撮影をされる際は、スローモーション設定でも撮影してみると、さらに幻想的な世界を覗くことができます。

その他の見どころ

ご紹介した他にも、

  • 建物の外観からは想像できないほど派手なアートが施された廊下
  • 「ぜひ見学を」とスタッフさんが声をかけてくださるほど個性的な「水きんくつとアート」「金魚」という2つのトイレ

も見どころです。

廊下は人が一人やっと通れる狭さなのですが、斬新で大胆な壁画に、小作品(10cmアート)がずらっと飾られています。

祐斎亭の予約方法と行き方

祐斎亭の見学には事前Web予約が必要で、見学料(2,000円)は当日現金で支払います(ただし空きがあれば、当日受付も可)。

祐斎亭

行き方ですが、渡月橋から嵐山公園(亀山地区)まで川沿いをずっと進み、川沿いにある食事処「亀山家」も通過したところに写真のような看板が出ているので、この階段を登れば到着します。食事処「亀山家」の脇にある階段は嵐山公園の中へと進む階段なので、お間違えにようにご注意ください。

祐斎亭

春は桜、初夏は青もみじ、秋は紅葉、冬は雪景色と、一年を通して幻想的な光景が楽しめます。

見学するシーズンにより、開館時間やライトアップの実施、お抹茶・お茶菓子の有無は異なりますので、最新情報は公式ホームページでご確認ください。

祐斎亭

  • 住所:京都市右京区嵯峨亀ノ尾町6
  • 開館時間:通常シーズン10:00~18:00(見学シーズンにより異なります)
  • 定休日:展示会の開催や貸切時、年末年始
  • 見学料:2,000円
  • URL:祐斎亭
プロフィール画像
この記事を書いた人
Mami
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/01/19最終更新日:2022/01/19

Views:

京都のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.