たびこふれ

芸術&食欲の秋をマニアックに!オリジナリティーを体感「神戸ART&EATツアー!」

記事投稿日:2021/11/08最終更新日:2021/11/08

Views:

神戸アート

秋がやってきましたね。街を歩くだけでもホントに気持ちいいものです。この秋、ちょっとした冒険感を味わってみたいと思いませんか?

冒険といってもワイルドな感じではなく、普段あまり見る機会のないことに触れてみるといったものです。ここに、私なりのちょっとした入り口をご用意してみました。神戸の少しマニアックな「ART&EATツアー」です。ではチラリとここでプチ体験してみましょう!

目次

あなたを恐怖の館へとご案内します...

横尾忠則現代美術館

まずはJR灘駅近くにある「横尾忠則現代美術館」からスタート。こちらはアーティスト横尾忠則さんの美術館です。その独特な世界観で、見るものを虜にして深い世界へといざなってしまう彼、その作品の数々がちょっと変わった形で展示されている空間です。

今回はなんと「お化け屋敷」。ここが美術館コスプレと呼ばれる訳は、毎回テーマが変わるたびに本気でその空間を作り出してしまう所にあります。仕掛けさながら、横尾忠則作品の圧倒的な恐怖感に引きずり込まれてしまうという面白さが魅力になっています。

横尾忠則現代美術館

薄暗い中、方向感覚を失ってしまうような小道を行きつ戻りつ迷い歩きます。女性の悲鳴や呻き声、時折パッとフラッシュがたかれて浮かび上がる絵画の数々...横尾忠則の描く世界と、衝撃的に出会えるような仕掛けがとても斬新です。

横尾忠則現代美術館

横尾忠則の絵の中には、常に物語が宿っています。ひとつの絵の中にある時間と意識を合わせると、どこまでも遠くへと連れて行かれてしまう...そんな途方もない面白さがあります。彼の表現方法は多種多様な上、こういった展示の仕掛けを経てさらに絵の真相が深みを増してくる。まるで生き物のような進化物が、横尾忠則のアートなんです。

横尾忠則の恐怖の館展

  • 開催期間:2021年9月18日~2022年2月27日
  • 場所:横尾忠則現代美術館(神戸市灘区原田通3-8-30)
  • 開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)※当面の間、金・土曜日の夜間中止
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月31日、1月1日)、メンテナンス休館(不定期)
  • 観覧料:一般700円、大学生550円、70歳以上350円、高校生以下無料
  • 電話番号:078-855-5607(総合案内)
  • URL:https://ytmoca.jp/
  • チケット購入・予約:https://www.e-tix.jp/ytmoca/

異国の味、ハラルフードってどんなもの?

さて。恐怖と向き合ってスッキリした後は、お腹が減るのでランチへと向かいます。

JR元町駅から徒歩3分の場所に「ケバブサンド」のお店があります。こちらは海外によくある店内カウンターでの立ち食い方式ですが、テイクアウトも可能です。JR元町駅前にある可愛い波型のウッドベンチや近くの公園などで食べてもいいかもですね。

ラフィ ドリーム ケバブ

ここでおすすめめなのがファラフェルピタパン。ファラフェルとは中近東の料理で「ひよこ豆ペーストの揚げ物」なのですが、これが旨味が凝縮されていて美味しいんです。タヒニというゴマのソースと相性もバッチリ、お肉無しのビーガン食でハラルフードでもあります。もちろん、お肉が好きな人はケバブピタパンでガッツリ、ラフィーさん特製ピリ辛ソースでお楽しみください。

RAFI DREAM KEBAB(ラフィ ドリーム ケバブ)

  • 住所:兵庫県神戸市中央区北長狭通3-30-80 ピアザkobe
  • 電話番号:090-3935-1474
  • 営業時間:11:00~20:00
  • 定休日:なし
  • Instagram

お散歩がてら聖域へと侵入

満腹になったら、散歩がてら高架下沿いを三宮駅方面へと歩いて行きます。途中、三宮駅手前の山手側にある生田神社に寄ってみてはいかがでしょうか。

神社の裏手には生田の森もあり、水が流れる休憩スポットになっています。大きな御神木に囲まれた空間に座って英気を養ったり、水みくじを引いてみたりするのもいい時間になりそうです。

【関連記事】赤に染まる美しい神戸「生田神社」で幸福をゲットしよう!!

ハイセンスなものに触れてみる

ラシャンブラン

再開発された阪急三宮駅の山側は、オープエアで食事できるお店が立ち並び、海外を思わせるような雰囲気になっているので歩いているだけでも楽しいですよ。そこから次の目的地へと向かいます。阪急三宮駅の東口から山方面に向かって歩き、なだらかな北野坂を登っていくといくつかの洋服店を通り過ぎます。

そのうちの一つに「La cham blanc(ラシャンブラン)」があります。ちょうどスタバの向かい側にある、赤いレンガの建物の一階です。ここでは普段あまり目にすることのない「パリコレに出ているお洒落の最先端ブランド」などに出会えます。しかもこのお店はユーズド&アウトレットショップなので、比較的リーズナブルにそれらを購入できるんです。

「ラシャンブラン」のオーナー夫妻は、神戸のファッション界を裏で支えてきたような人達です。セレクトショップのバイヤーとして本も出版し、その礎を築いてきた奥さんと、遊び心たっぷりのお店をプロデュースする旦那さんの手掛けたお店が、この坂の道沿いに4店舗もあります。そのどれもが違ったコンセプトで、高級感たっぷりの「イタリアの古いお城のような空間」もあれば、男の隠れ家をテーマに一生使えるアイテムを紹介する「アンティーク調の新作ブランド」ショップなどもあって、それぞれが個性的で質の良さを物語っています。

ラシャンブラン

「ラシャンブラン」で一際輝いていたのは、オートクチュールをアメリカで初めて手掛けた「オスカー・デ・ラ・レンタ」のお洋服。ウエディングドレスでも有名なデザイナーさんということですが、そんな素敵なブランドのお洋服を日常のお洒落に取り入れることができるなんて凄いと思いませんか?人とは少し違ったものを身につけたいという欲求があるならば、見逃せないお店です。

La cham blanc(ラシャンブラン)

  • 住所:兵庫県神戸市中央区北野町2丁目7-18RIN'S GALLERY 1F
  • 電話番号:078-230-2633
  • 営業時間:11:30~20:00
  • 定休日:水曜
  • HP:https://lachamblanc.com/

街を歩いて世界を身近に感じよう

素晴らしいファッションや芸術は、実際に見ることや触れてみることで感化され、お洒落や美の意識もどんどん高まっていきます。私がこのツアーでご紹介したかったことは、どこか遠い世界のように思っているもの物でも、自分から近寄っていけば案外身近に触れられる場所にあったりもするということなんです。

知らない美の世界、味わったことのない食べ物、初めての場所で感じる不思議な感覚...。そこから得られるものたちは少し退屈な日常を変化させ、柔らかな刺激となって心を満たしてくれることでしょう。

ここでご紹介したのはまだ、入り口でしかありません。行ってみて初めて本当の面白みを感じることができるものばかりです。感性が深まる秋だからこそ、ぜひ実際に歩いて色んなもの達に出会いに行くような、刺激的なお出かけをしてみてはいかがでしょうか。

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hinata Yoshioka
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/11/08最終更新日:2021/11/08

Views:

兵庫のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.