たびこふれ

<イベント終了>【イベント告知】オンラインセミナー:ノルマンディーと印象派 ~印象派のふるさとへ旅にでよう!~<7月28日(水)20時~>

記事投稿日:2021/07/13最終更新日:2021/08/08

Views:

ノルマンディー地方

みなさん、こんにちは。フランス在住ライターの原田さゆりです。

私は北西フランス、ノルマンディー地方に住んでいます。今回、たびこふれのオンラインライブで、「ノルマンディーと印象派」というテーマで、お話しさせていただくことになりました。そう、モネの「睡蓮」などの、あの印象派です!

実は、私が暮らすノルマンディー地方は「印象派のふるさと」と称される場所。ここで私は、たくさんの印象派絵画や物語に出会い、すっかりその世界に魅せられてしまいました。

そこで今回は、地元に住む者の目線で、名画の話や、それを描かれた街の現在の様子を、みなさんにお伝えしたいと思っています。

美しい空と海をもつ緑豊かなノルマンディーを、名画と共に旅してみませんか?

※このイベントは終了しました。たびこふれサロンでは随時サロンメンバー向けのイベントを開催しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

目次

ノルマンディーと印象派

みなさんは、「ノルマンディー」と聞いて、どんなイメージが思い浮かびますか?

ノルマンディーの海は、パリから一番近い距離にある海です。パリから流れるセーヌ川は、緩やかにノルマンディーの大地を横切り、やがてイギリス海峡へと合流します。川と海が融合するその周辺は、雲が多く、格別に美しい空模様が現れます。

印象派の巨匠クロード・モネは、その地で幼少期を過ごし、画学生としてパリに移ってからも幾度となくノルマンディーを訪問し、多数の作品を描きながら、自分の楽園を築き、その地で永眠しました。

現在のノルマンディーは、驚くほど昔の面影が残っている場所もあれば、まったく様子を変えてしまった場所もあります。ライブでは、印象派ゆかりの街の現在の姿や観光スポットもご紹介します。特に絵画に興味がない方にも、分かりやすく説明するつもりですので、知らないフランス街や村を、旅してみたい方はぜひ遊びに来てください!

イベントの内容(予定)

  • ノルマンディーってどんなところ?
  • 印象派はどうして生まれた?
  • 印象派ゆかりのノルマンディーの5つの街・村(ル・アーブル、オンフルール、エトルタ、ルーアン、ジヴェルニー)

などをご案内する予定です。

こんな方におすすめ

このイベントは、こんな方におすすめです。オンラインツール「Zoom」を利用したフランスへの心の旅に、お気軽にご参加下さい。

  • 旅が好きな方
  • パリ以外のフランスを知りたい方
  • アートが好きな方
  • 歴史が好きな方
  • 人間が好きな方
  • オンラインサロンに興味がある方
  • コロナ禍でストレスが溜まっている方

イベント詳細と参加方法

オンラインセミナーの参加方法をご案内します。

【オンラインセミナー】ノルマンディーと印象派 ~印象派のふるさとへ旅にでよう~

  • 開催日時 2021年7月28日(水)20:00~21:00 ※終了時間は前後する場合があります。
  • 会  場 オンライン(Zoom利用)
  • 参加方法 

(1)たびこふれサロンの会員になる(会費:月額900円/税別)
 >>サロン詳細・お申し込みはこちらから

※サロン会員になると、今回のイベント参加はもちろん、過去のイベント動画を視聴したり、他のコンテンツを楽しむことができます。

(2)Peatixでチケットを申し込む(自分で金額を決めるスタイル:0円/500円/1,000円)
 >>チケットのお申し込みはこちらから

※今回のイベントのみ参加することができます。

たくさんのご参加をお待ちしています!

※このイベントは終了しました。たびこふれサロンでは随時サロンメンバー向けのイベントを開催しています。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
原田さゆり
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/07/13最終更新日:2021/08/08

Views:

フランスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.