たびこふれ

アフリカのパリ、歴史と自然豊かなセネガルの魅力

記事投稿日:2021/05/08最終更新日:2021/05/08

Views:

セネガルはヨーロッパからのアクセスと治安の良さから西アフリカ随一の観光大国です。北部の赤い湖、ラックローズなどが有名です。

今回は有名な観光地ではなく、イル・ゴレ(ゴレ島)と空港からアクセスの良い自然派アクティビティを紹介します。

目次

アフリカのパリ!?、セネガルってどんなところ?

セネガル

セネガルはアフリカ大陸の最西端に位置し、かつてパリ-ダカールラリーのゴールにもなった国。国民の95%がムスリムのイスラム国家です。2018年のワールドカップでは、日本と対戦したことも記憶に新しいのではないでしょうか。

日本から首都のダカールへは、ドバイ経由、アジスアベバ経由、もしくはパリを経由した入国が一般的です。2017年に新しくオープンした国際空港は、ダカールから47km離れているため、バスもしくはタクシーを利用するのが良いでしょう。タクシーを利用する場合でもダカール市内への料金は一律で固定されているため、交渉の必要はありません。旧フランス領であるため、近隣8ヵ国で使われている西アフリカセーファフラン(XOF)が流通しています(1ユーロ=656セーファ)。セーファからユーロへの為替レートは1999年以降固定されているため、ユーロを持っていくと便利ですし、ボッタクリの心配もありません。

日本のパスポートがある場合、3ヶ月以内の観光目的であればビザは不要です。

熱帯性気候であるため日差しが強いですが、海風が心地よく夜は涼しくなります。特に、1月から5月は一年のうちでも比較的涼しく、肌寒く感じることも。また、6月から10月は雨季となるため、蒸し暑く、道路の状況も悪くなるため避けた方が良いでしょう。12月から3月にかけては、砂塵を含んだ季節風(ハルマッタン )がサハラ砂漠から吹くため、肌の乾燥や喉の痛みに注意する必要があります。また、黄熱病や腸チフスなどの予防接種のほか、マラリアへの対策も重要です。

公用語はフランス語ですが、現地語のウォロフ語が多く使われ、高齢者や地方部ではフランス語を話さない人も少なくありません。一方で、市街中心部や観光地ではフランス語が通じます。

奴隷貿易の拠点、ユネスコ世界遺産イル・ゴレ

イル・ゴレは、ダカールの沖合に浮かぶ、最も歴史ある観光名所の一つです。

ダカールのプラトー港から、往復で約5,000CFA(セーファ)のフェリーで、20分ほどすると到着。東西に300m、南北に900mと小さい島ですが、1944年にポルトガル人に発見されて以来、欧州各国の主権争いの的となりました。この島は1848年に奴隷貿易が禁止されるまで、300年以上の間、大西洋奴隷貿易の出発地となっていたのです。フランスの港湾都市ナントでは、1763年から775年の10年余りで、10万人以上の奴隷が売買されたとの記述も見つかっているそうです。

当時、常に150人から200人の奴隷が「出発」までの間収容されていた「奴隷の家」は、現在博物館となっており、当時の様子を記した書物や鉄製の首輪などの資料が展示されています。博物館の中では、ツアーガイドが当時の様子を犠牲者のストーリーを交えて説明してくれ、当時の劣悪な環境が手に取るように見えます。

奴隷の家

奴隷の家を訪れる際には、「帰らざる扉」を見てみてください。なんの変哲も無い、青い海が先にある扉のように見えますが、当時は奴隷運搬船の停泊所となっており、この扉を出ると2度とアフリカには帰ってこられなかったのです。

帰らざる扉
<帰らざる扉>

凄惨な歴史を持つイル・ゴレですが、 ポルトガル様式の華やかな彩色の建物や植民地時代の建築物、世界大戦時の要塞などの歴史的建造物がいたるところにあり、見どころ満載です。アートギャラリーや工房も多くあり、島を散歩しながらお土産を探すのも良いでしょう。(値段は要交渉ですが、それもアフリカ文化!)

お土産

イル・ゴレ

奴隷の家

  • 住所: Rue Saint-Germain Ile de Goree
  • 営業時間: 10:30-12:00 14:30-18:00 (金曜日は15時から)
  • 定休日: 月曜日
  • 入場料: 500 XOFから (ガイドへのチップも必要)
  • URL: House of Slaves(奴隷の家)

緑豊かなマングローブ、ソモーン・ラグーン

セネガルは大西洋に面しており、ダカール市内にも海を満喫できるスポットがありますが、せっかくなら少し足を伸ばして自然保護地区ソモーン・ラグーン(La Somone)を訪れてみてください!ダカールからは車で1時間半ほどで到着しますが、国際空港に近く位置するため、到着後もしくは帰国前に1泊するのも良いでしょう。

このラグーンには、ペリカン、シロサギ、フラミンゴなどの鳥類が生息し、牡蠣などの貝類も養殖されているのです。ラグーン内のマングローブをボートで周遊するアクティビティ(1時間10,000-20,00CFA程度)や、4輪バギー(要国際運転免許)でラグーン周辺を駆け抜けることも可能です。ボートツアーを利用する場合、ぜひ牡蠣の養殖場「Chez Norbert」に寄り道してみて!目の前で取れた牡蠣や赤貝をグリルして、ローカルビールで乾杯できます。

ソモーン・ラグーン

貝

ソモーン・ラグーン

また、ラグーンと海がつながる入江ではカイトサーフィンも楽しめます。セネガルでは初心者向けのレッスンが開講されていないので、中上級者向けです。

カイトサーフィン

Chez Norbert

ミニサファリも楽しめるバンディア自然保護区&アクロ・バオバブ

サファリというと東アフリカのイメージが強いですが、空港から約20分のバンディア自然保護区でも大型動物に出会えます。

自家用車、もしくは園内でサファリカーをレンタルして出発!フェンスで囲まれた3,500haの保護地区内には、大型肉食動物を除く、キリン、カバ、シマウマ、クロコダイルなどの動物が生息します。また、絶滅危惧種となっているシロサイも保護されています。

バンディア自然保護区

東アフリカのサファリとは異なり、比較的小さな公園に動物たちが生息しているため、至近距離で多くの動物を見ることができます。雨季には道路がぬかるむことから、四輪自動車が必要(レンタルも可能)ですが、乾季にはタクシーでのアクセスも可能なようです。動物たちは暑さを嫌うため、早朝の訪問がおすすめ。

バンディア自然保護区

Bandia reserve

  • 住所: Sindia, Senegal
  • 営業時間: 日の出から日の入りまで
  • 定休日: なし
  • 入場料: 大人 12,000セーファ、12歳までの子供 7,000セーファ 
  • URL:http://www.reservedebandia.com/

バンディア自然保護区のすぐ隣には、バオバブの間をロープやハシゴで渡っていく世界で唯一のフォレストアドベンチャー、アクロ・バオバブがあります。

ガイドがきちんとアドバイスをくれるほか、命綱もしっかりと付いているので、高所でも安心です。子供向けに低い位置のアスレチックやプールもあるため、大人も子供も思う存分体を動かして楽しむことができます。かなりアクロバティックなアクティビティのため、動きやすい服装が必須!

アクティビティを無事に達成すると証明書(ディプロマ)をもらい終了です。

証明書

Acrobaobab

  • 住所: 1 Off National Route, Dakar Sénégal
  • 営業時間: 8:00-19:00
  • 定休日: 月曜日
  • 入場料: アクティビティ次第、4,000セーファから
  • URL: http://www.accro-baobab.com/

まとめ

ダカールは気候も比較的過ごしやすく、人々も大らかで優しい性格の人が多く、バカンスには最適の国です。

新しくオープンした国際空港は、ダカール市内から距離があるため、あまり評判がよくありませんでしたが、観光地を見てみると、空港からアクセス抜群な場所が多くあるのです。

日中はサファリやアクロ・バオバブで体を動かし、夕刻はラグーンや海沿いで大西洋に沈む真っ赤な夕日を臨むなんて欲張りなことも可能!西アフリカの雄大な自然とその歴史を是非体験してみてください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Saori K. Courtois
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/05/08最終更新日:2021/05/08

Views:

アフリカその他のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.