たびこふれ

アンデスの街・カハマルカのおすすめレストラン2選~伝統料理とシーフード~

記事投稿日:2021/02/09最終更新日:2021/02/09

Views:

インカ帝国終焉の地として有名なアンデスの街・カハマルカ。リマから飛行機で約1時間15分の場所にある、ペルー国内有数の観光地だけあって、カハマルカの歴史地区には飲食店がたくさんあり、旅行者が食に困ることはありません。今回は数あるレストランの中から、筆者イチオシの2軒をご紹介しましょう。

目次

74年の歴史を誇るカハマルカの名店「サラス」

ペルー カハマルカ レストラン

カハマルカのアルマス広場に面して建つ、1947年創業のレストラン「Salas(サラス)」。カハマルキーノ(カハマルカっ子)なら知らない者はいないというほどの有名店です。小さく狭い入り口をくぐると奥には広々としたサロンがあり、いつも地元の人々で賑わっています。

ペルー スープ

サラスに来たら欠かせないのが、こちらの「Cardo Verde(緑のスープ)」。茹でたジャガイモのスープにフレッシュチーズや卵、すりつぶしてペースト状にしたハーブが入っています。ハーブの種類は店によって異なりますが、パセリやヒユ科のパイコ、ミカン科のルーダ、キク科のワカタイなどをミックスして使うのが一般的。見た目はちょっとインパクトがありますが、味は意外にもさっぱり。ハーブの効能で消化もよく、あまり食欲がない時にもぴったりです。

ペルー チチャロン・コン・モテ

豚肉の素揚げに茹でトウモロコシを添えた「Chicharrón con mote(チチャロン・コン・モテ)」。ペルー海岸部では柔らかくジューシーなものが主流ですが、アンデスのチチャロンは写真のように豚の赤身をしっかり揚げきるのが特徴です。噛めば噛むほど肉の旨みを楽しめる、いわばジャーキーのような感じでしょうか。美味しいけれど味が単調になりやすいので、サルサ・クリオージャ(タマネギのレモン和え/写真左上)やトウガラシのソース(写真右上)を添えてお召し上がりください。

ペルークイ・コン・アヒアコ

ペルー・アンデスの定番料理といえば、なんといってもクイ(天竺ネズミ/モルモット)を使った料理でしょう。「Cuy con ajiaco(クイ・コン・アヒアコ)」は、アヒアコと呼ばれるピューレ状のジャガイモの上にクイのフライが乗っています。脂がのったクイとアヒアコでお腹いっぱい、見た目以上にボリュームのある一品です。

2020年3月のペルーロックダウン以来、長らく休業を余儀なくされたサラスは、昨年12月にやっと営業再開を果たしました。サラスのSNSにはファンから喜びの声が寄せられるなど、地元の人たちに愛されているのがよくわかります。新型コロナウイルスなんかに負けず、これからも長く続いてほしいお店です。

Restaurante Salas/レストラン・サラス

  • 住所:Jirón Amalia Puga 637, Cajamarca
  • 電話:(076)362-867

カハマルカでシーフード料理が食べたくなったら「エル・ペス・ロコ」

ペルー カハマルカペルー レストラン

カハマルカの中心アルマス広場からわずか100m。古い2階建ての建物が並ぶその一角にあるのが「El Pez Loco(エル・ペス・ロコ)」です。標高2,750mのアンデス山間部にあって、新鮮な魚介類を堪能できる貴重な店。el pez(スペイン語で"魚"の意)という店名からも、素材に対する自信のほどがうかがえます。

ペルー カハマルカ レストラン店内

この店内写真は、パンデミック前の2月に訪問した時のもの。バレンタインデーが近かったため、店内には赤と白の風船が飾られていました。現在ペルーでは、レストランの店内接客は最大収容人数の40~70%と決められています(州の感染状況などによって異なります)。一日も早く新型コロナウイルスが収束し、以前のような賑やかな状態に戻ってほしいですね。

ペルー ハレア

こちらはペルー風魚介類のフライ「ハレア」。フライの上にサルサ・クリオージャ(紫タマネギのレモン和え)がたっぷり添えられています。衣はサクサクで脂っこさもなく、たくさん食べてもまったく胸焼けはしませんでした。ビールのおつまみにぴったりな一品です。

ペルー サルサ・クリオージャ

サルサ・クリオージャの下からカマロン(川エビ)の姿が!こういうちょっとサプライズ的な盛り付けってワクワクしますね。

ペルー アロス・コン・マリスコス

魚介類のシーフードピラフ「アロス・コン・マリスコス」も絶品。ボリューム満点なので、友達とシェアするといいでしょう。このほかセビーチェ(鮮魚のレモンマリネ)やフレッシュサラダも注文したのですが、おしゃべりに夢中で写真を撮り忘れてしまいました。

アンデス考古学に造詣の深い日本人考古学者の某先生も、カハマルカを訪れた際には必ず立ち寄るというエル・ペス・ロコ。カハマルカでシーフードが食べたい時は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

El Pez Loco/エル・ペス・ロコ

  • 住所:Jirón Cruz de Piedra 631 - 635, Cajamarca
  • 電話:(076)361-806
プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/02/09最終更新日:2021/02/09

Views:

ペルーのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.