たびこふれ

ハワイでパーティーにお呼ばれされたら?男女別服装やマナーを徹底解説!

記事投稿日:2020/11/06最終更新日:2020/11/06

Views:

ハワイでの結婚式や会社主催の祝賀パーティー、親戚に招待された各種パーティーなどに誘われることがあるかもしれません。そんなときは、いったいどんな服装でいくのが正しいのでしょうか。

また、日本国内でもハワイ出身の方やハワイの文化に造詣の深い方からフォーマルなお誘いを受けたときは、ハワイの文化にならった服装がドレスコードになる可能性もあります。 この記事では、そんな時に参考になるハワイでのフォーマルウェアや、T.P.O.に合わせた服装についてのヒントをご紹介します。

※編集部註:当記事は2019年3月時点の内容をもとに、最新情報を収集の上把握できたものを含めて再構成しています。また、服装やマナーは情勢により変更される可能性がありますので、ご了承ください

目次

<1. ハワイの挙式やパーティーの招待を受けた!何を着ていこう?>

<2. ハワイのパーティーに合う服装(女性編)>

<3. ハワイのパーティーに合う服装(男性編)>

<4. ハワイの結婚式パーティーで知っておきたいマナー>

<5. ハワイでレストランやショップがオープンする時の儀式でマストなもの>

1. ハワイの挙式やパーティーの招待を受けた!何を着ていこう?

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-01
<撮影:yukarinn808>

日本で挙式参列の服装と言えば、女性なら着物やドレス(場合によってはミニドレス)が多いと思います。男性なら正礼装・準礼装・略礼装などブラックスーツを基調とした礼服となるケースが多いでしょう。ところがハワイの場合は、こういった服装で参列することはまずありません。

その理由の一つには、ハワイの気候が関係しています。ハワイの平均気温は時期によって異なりますが摂氏18度~26度前後。1年を通じて暖かいので、薄着が基本です。では、いったいどんな服装がよいのでしょう? ハワイアン・ウェディングの場合は、たいてい女性はリゾートドレスやムームー、男性はアロハシャツにスラックスが正装とされています。また、フォーマルなパーティーなどに出席する際の服装は、昼と夜とでセミフォーマル、フォーマルとドレスコードが変わるので注意してください。

さらに、ハワイは年中暖かいとは言え、朝晩は気温が下がることにも気を付けましょう。ここ数年は異常気象で最低気温の新記録を更新するなど、ハワイでも不安定な気象が続くことがあるので、いざという時のためにドレスにマッチした羽織りものを準備しておくと安心です。

関連記事

2. ハワイのパーティーに合う服装(女性編)

地域によって違いはあれど、パーティーでは華やかであったり煌びやかな装いになる女性の服装。せっかくなら、ハワイならではのアイテムを取り入れたいですよね。身に着ける物だけでなく、ヘアスタイルでもハワイらしく演出することができますよ。

2.1 ハワイらしさが高まるパーティードレスはこれ!

女性のパーティードレスには日本でも着られるフォーマルドレスのほか、ハワイという土地柄、これにサマードレスやムームーが加わります。フォーマルドレスを着用する場合でも、ハワイらしい華やかな色合いや、涼しげな素材を選びたいもの。先ほどの項目で掲載した写真のような色柄をチョイスしてみてはいかがでしょうか。

昼間のパーティーには肌を比較的隠す形のアフタヌーンドレス、反対に夜のパーティーでは、肌の色が多いほどフォーマルさが増すイブニングドレスを着用します。 サマードレスはストラップやチューブトップなど、涼しげなノースリーブタイプが主流。カジュアルな結婚式やパーティーが多いハワイでは、こちらの方がしっくりくるかもしれませんね。

そして何と言ってもハワイの正装はムームー。短い袖があるものが主流で、ゆったりとしたラインが特徴です。スカート丈は、ショートからロングまで幅広いデザインがそろいます。

※編集部註:PinterestやInstagramで「Hawaiian party」と検索すると、さまざまなパーティーファッションのアイデアが得られます。こちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

2.2 ハワイのパーティーで選ばれる靴とバッグは?

ほとんどのパーティーでは、パンプス、サンダル、ミュールでOK。ドレスに合わせた色や形を選べば大丈夫です。ただし、開催場所が芝生や砂浜だった場合、ヒールのあるタイプだと芝生や砂浜にヒールが埋もれてしまい歩きにくいので、ウェッジソールタイプがおすすめ。 また、ハワイではビュッフェスタイルのパーティーが多いので、ハンドバッグよりも両手が自由になるショルダーバッグが便利ですよ。

2.3 ハワイのパーティーにマッチする髪型

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-02
<写真はイメージです。Photo by Kanechka on Pixabay(CC 0)

ロコガールの多くは、日本の女性のように巻髪にしたり、ルーズなアップスタイルにしたりということはなく、シンプルなさらさらロングへアに花を挿すというスタイルが最も多いです。花は生花を使う場合と、造花で出来たヘア飾りを使う場合があり、中にはプルメリアやハイビスカス、ティアレなど何種類も飾りを持っているロコガールも。

そしてこの髪飾り、付ける位置で意味があるのをご存知ですか?

右の耳に飾るのは「I'm not taken」=彼氏募集中、または未婚。左の耳に飾るのは「I'm taken」=彼氏がいる、または既婚という意味なのです。こんな風に主張できるのって......便利ですね(笑)。

2.4 ハワイ在住者がよく身に着けるアクセサリー

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-03
<撮影:yukarinn808>

ご存知の方が多いと思われる「ハワイアンジュエリー」。正式には「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」と呼ばれ、代々受け継がれる家宝とされています。ハワイでは子どもが生まれると、その記念にそのベビーの名前を彫ったブレスレット(バングル)を作り、母親の手首を飾ります。

子どもが女の子の場合は成人したらプレゼントし、男の子の場合は大人になって連れてきたフィアンセへプレゼントするのです。ハワイでは手首に何連もハワイアンジュエリーのブレスレットを付けている女性を見かけます。

ハワイアンジュエリーにはさまざまなモチーフがありますが、いずれもハワイの土地や歴史に由来するもの。中でも、ホヌ(ウミガメ)は、海の守り神として大切にされています。幸運を運んでくれるお守りとして、ホヌはハワイアンジュエリーでも人気のモチーフです。

関連記事

3. ハワイのパーティーに合う服装(男性編)

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-04
<写真はイメージです。Photo by 写真AC

ハワイにおける男性の正装はアロハシャツ。こちらも女性のムームーと同じように、ハイビスカスやプルメリア、バード・オブ・パラダイスなどの花柄や幸運を呼ぶと言われるウミガメなどのハワイアンモチーフがそろいます。

さまざまなアロハシャツメーカーがある中で、ローカル男性に人気なのが、1953年創業のブランド「イオラニ」と、1936年創業で80年以上経った今でも愛され続けるブランド「カハラ」、そして1956年創業、裏地を表にしたリバースプリントが人気のクラシカル「レイン・スプーナー」。この3ブランドが特におすすめです。

カップルでパーティーに参列する場合は、おそろいの柄にしたり色味を統一したりするとステキですね。ボトムはベージュや白系など明るいカラーのチノパンや、夏用スラックスなどを合わせるのがよいでしょう。

シューズは、どんなパーティーや挙式にも対応できるよう、革靴が無難ですが、ビーチで挙式が行われる場合は、歩きやすいデッキシューズでも大丈夫です。

4. ハワイの結婚式パーティーで知っておきたいマナー

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-05
<撮影:yukarinn808>

日本でも結婚式の後、親族や友人を招いたプチ披露宴やお披露目パーティを、レストランなどで行うことがあるでしょう。この項目では、ハワイ独自ではないものの、日本でも通じるマナーと気を付けたいことをご紹介します。

ハワイで挙式をした後、現地にて日本の披露宴にあたるレセプションパーティーをする場合、レストランを利用するのが一般的だと思います。お食事をしながら両家の家族や友人同士が歓談を楽しむこととなるのですが、ここで注意したいのが貸し切りではない場合です。

周囲には、食事を楽しみに来ている一般のお客様もいることを忘れないようにしなければなりません。常に席を立ち、フラッシュを使用した写真撮影や、ついつい飲みすぎて周囲に迷惑をかけるような行動、またスピーチや歌を歌うことも他の人の邪魔になる可能性からNGなので、気を付けたいもの。

そして、食事がビュッフェ形式だった場合は、残すのはマナー違反。必ず自分が食べられる量をお皿に盛りつけるように心がけましょう。

※編集部註:当項目は2019年3月時点での様式を元に構成しています。情勢に応じて、パーティーの構成やエチケット、マナーは変動する可能性がありますので、会場や主催者の案内に従うようお願いいたします

5. ハワイでレストランやショップがオープンする時の儀式でマストなもの

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-06
<撮影:yukarinn808>

結婚式をはじめ、卒業式やレストラン、ショップのオープンセレモニーなど、お祝い事や様々なアニバーサリーの場面になくてはならないアイテムが「レイ」。香り豊かなピカケやプルメリアなど、カラフルで種類豊富なレイがある中、新オープンのパーティーやセレモニーでオーナーや役職者が身に着けているのがマイレ・レイです。

マイレ・レイは、聖なる繋がりを意味するため、結婚式では新郎がマイレ・レイを身に着け、永遠の愛を誓うことでも知られています。そして、新規オープンのショップやレストランのオープニング・セレモニーの際には、カフ(ハワイにおける聖職者)がティリーフに神聖な水を浸したものでエントランスや店内を清めていく......という儀式をします。

一見地味なこのマイレ・レイとティリーフですが、ハワイでは古くから神聖な力を持つシンボルとされ、「魔よけ」や「浄化」の作用があると信じられています。今でも神事、お祝い事などには欠かせない大切なアイテムなのです。神聖な儀式にはマイレとティリーフがマスト、ということを覚えておくと便利ですよ!

関連記事

ハワイ-パーティ-服装-ウェディング-07
<Manuhealiiの外観。撮影:yukarinn808>

ハワイでは、結婚式をはじめとしたほとんどのパーティーでは、aloha attire(アロハ・アタイア、ムームーやアロハシャツといったアロハの服装)を着用すれば大丈夫!

いえ、完璧なのです。女性のムームーは、正統派のいかにもなものだけではなく、最近ではよりカジュアルなManuhealii(マヌヘアリィ)というブランドのアロハドレスも人気。

その昔はカイルアにしかブティックがありませんでしたが、今ではホノルルのプナホウ・エリアにもショップがあります。ハワイでパーティーに参加する時のためにお気に入りのaloha attire(アロハ・アタイア)を、次回のハワイ旅行で見つけてみませんか?

マヌヘアリィ ホノルル店の基本情報

  • 名前:Manuhealii Honolulu(マヌヘアリィ ホノルル店)
  • 住所:930 Punahou St Honolulu, HI 96826
  • 営業時間:[月-金]10:00~17:00 [土曜日]9:00~16:00 [日曜日]10:00~15:00
  • HP:公式HP
  • Googleマップ:

マヌヘアリィ カイルア店の基本情報

  • 名前:Manuhealii Kailua(マヌヘアリィ カイルア店)
  • 住所:5 Ho'ola'i St Kailua, HI 96734
  • 営業時間:[月-金]10:00~17:00 [土曜日]9:00~16:00 [日曜日]10:00~15:00
  • Googleマップ:
プロフィール画像
この記事を書いた人
yukarinn808
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/11/06最終更新日:2020/11/06

Views:

ハワイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.