たびこふれ

【2020年】沖縄のお土産20選! Instagramで人気のお土産を厳選してご紹介!

記事投稿日:2020/10/25最終更新日:2020/10/25

Views:

地元の人たちのおおらかな人柄と、開放的な南国の雰囲気が楽しめる、国内屈指の人気リゾート地・沖縄。そこで今回は、Instagramで投稿数の多い商品を中心に、沖縄のお土産を紹介していきます。スイーツからおつまみ、フード、調味料、お酒、ドリンクなど、幅広く紹介しますので、ぜひチェックしてください。お取り寄せできる商品もありますよ!

目次

<1. 沖縄のスイーツ>

<2. 沖縄のおつまみ>

<3. 沖縄のフード>

<4. 沖縄の調味料>

<5. 沖縄のドリンク・お酒>

1. 沖縄のスイーツ

旅先の厳選素材を使ったご当地スイーツは、もらってうれしいお土産のひとつです。ここでは、沖縄といえばコレ!という定番品から、SNSでも話題の新定番品まで、沖縄土産にぴったりのスイーツを紹介します。

1.1 マーサンミッシェル「ソフトキャラメル」

出典元:Instagram

生キャラメル専門店「マーサンミッシェル」のソフトキャラメルは、製造から包装まですべてを一つひとつ手作りしているこだわりのお菓子。口の中に入れた瞬間に広がるコクのある甘味は、どこか懐かしさを感じさせてくれます。人気のマンゴー味の他にも、プレーン、ソルト、黒糖、ココナッツなど沖縄ならではの素材を使ったフレーバーが揃っています。

  • 商品:「ソフトキャラメル(マンゴー味・5個入り)」680円(税込み)
  • 取扱店:国際通り店、PARCO CITY店、天久リウボウ店
  • ネットショップ:マーサンミッシェル

1.2 宮古島の雪塩「雪塩ふわわ」

出典元:Instagram

宮古島発、新食感の焼きメレンゲ菓子「雪塩ふわわ」。宮古島で作られたミネラル成分豊富な雪塩が、さっくりふわっと焼き上げたメレンゲの優しい甘さを引き立てていて、子どもから大人まで楽しむことができるひと品です。紅芋味、ココナッツ味、イチゴ味、チョコ味、マンゴー味がありますが、素朴な甘さが魅力の「黒糖味」がイチオシです。

  • 商品:「雪塩ふわわ(黒糖・9g袋入り)」250円(税込み)
  • 取扱店:国際通り店、宮古空港店、雪塩ミュージアムなど
  • ネットショップ:宮古島の雪塩

1.3 ロイズ石垣島「黒糖チョコレート」

出典元:Instagram

北海道を代表する人気のチョコレートメーカー「ロイズ」。その沖縄限定商品が、ロイズ石垣島の「黒糖チョコレート」です。沖縄県産の黒糖を使った優しい甘さがクセになるチョコレートで、1箱32枚入り702円という抜群のコスパもうれしいポイント。チョコレートの包み紙には、シーサーやハイビスカス、サトウキビといった沖縄をイメージしたイラストが描かれていて、そのほっこりとした雰囲気は写真に撮ってSNSにアップしたくなるかわいらしさです。

  • 商品:「黒糖チョコレート(32枚入り)」702円(税込み)
  • 取扱店:センカ那覇空港店、石垣空港売店、わしたショップ国際通り本店など
  • ネットショップ:ロイズ

1.4 ほうき星「黒糖カヌレ」

出典元:Instagram

浦添市港川のステイサイドタウンに本店を構える人気のお店「ほうき星」。2018年にオープンした黒糖カヌレの専門店で、パステルカラーの外観がおしゃれな店舗は観光のついでに足を運びたいおすすめスポットのひとつです。

お店に並ぶカヌレは見た目もかわいらしいひと口サイズで、沖縄の黒糖とフルーツを使い、日本人好みの味に仕上げています。パッションフルーツなど季節限定の味のほかに、常時8種類以上の味が用意されているのもうれしいポイント。ほかにはないおしゃれなお土産として、きっとよろこんでもらえるはずです。

  • 商品:「黒糖カヌレ8個入り(8種類・各1個)」1,296円(税込み)
  • 取扱店:港川本店、那覇空港店、イーアス沖縄豊崎店
  • ネットショップ:ほうき星

1.5 ガトー・スヴニール「ソルベ・トロピカル」

出典元:Instagram

瓶のまま凍らせていただく、新感覚のシャーベット「ソルベ・トロピカル」。さわやかな風味が魅力の、宮古島ハイビスカスを使った「ハイビスカス」、石垣島産ティダパインを使った「石垣島パイン」、酸味とほどよい苦味が凝縮された、沖縄県産シークヮーサーを使った「シークヮーサー」の3種類が楽しめます。いずれも厳選された地元の素材が使われていて、おしゃれなシャーベットに仕上がっています。カラフルな色合いとコロンと丸いシルエットがかわいらしく、お土産にぴったりのひと品です。

  • 商品:「ソルベ・トロピカル(ハイビスカス、石垣島パイン、シークワーサー・各1個)」1,296円(税込み)
  • 取扱店:琉球村那覇空港店、わしたショップ国際通り店、はあと宮古島(宮古空港内)など

1.6 オハコルテ「旅するタルトサンド」

出典元:Instagram

そのネーミングだけでもワクワクしてしまう、オハコルテの「旅するタルトサンド」。「フルーツサンドをもっと気軽に」という思いが込められたひと品で、さくさくの三角タルト生地で、ドライフルーツとオリジナルクリームをサンドしています。フルーツに合わせてクリームの種類を変えているのがおいしさの秘密。お祝いの日の贈り物としても人気のお菓子です。

  • 商品:「旅するタルトサンド4個入り(レーズン、マンゴー、りんご、クランベリー・各1個)」1,080円(税込み)
  • 取扱店:港川本店、那覇空港店、泉崎店など
  • ネットショップ:オハコルテ

1.7 御菓子御殿「元祖紅いもタルト」

出典元:Instagram

沖縄土産のヒット商品を発売し続けている有名菓子店「御菓子御殿」。その人気商品のひとつが、鮮やかな紫色がまぶしい「元祖紅いもタルト」です。沖縄県産の紅いも100%のペーストと、しっとりとしたタルト生地の組み合わせが絶妙の人気商品。保存料や着色料不使用で身体に優しいのもうれしいポイントです。

  • 商品:「元祖紅いもタルト(6個入り)」648円(税込み)
  • 取扱店:読谷本店、那覇空港店、国際通り松尾店など
  • ネットショップ:御菓子御殿

1.8 南風堂「雪塩ちんすこう」

出典元:Instagram

琉球王朝時代から作られている沖縄の伝統的なお菓子「ちんすこう」と、含有するミネラル成分の種類が世界一多い塩としてギネスにも認定されている宮古島の「雪塩」。このふたつを使って作られたのが、「雪塩ちんすこう」です。ちんすこう独特のサクサクとした食感はそのままに、雪塩のやわらかな塩味がちんすこうの優しい甘さを引き立てていて、上品な味わい。

  • 商品:「雪塩ちんすこう(48個入り・2個×24袋)」1,080円(税込み)
  • 取扱店:那覇空港店、沖縄県内ホテル売店など

1.9 歩(あゆみ)「サーターアンダギー」

出典元:Instagram

地元の人もこよなく愛する沖縄風ドーナツ「サーターアンダギー」。サーター(砂糖)、アンダ(油)、アギ(揚げ)という3つの言葉からなるローカルおやつで、沖縄旅行の際にはぜひ食べておきたいもののひとつです。サーターアンダギーを扱っているお店はたくさんありますが、牧志公設市場にお店を構える「歩」のサーターアンダギーは、その中でもとりわけ人気のあるお店です。表面はサクサクで中はふわっとしていて、たまごのコクと優しい甘さをしっかりと感じることができます。油で揚げているのに重たくなく、時間がたってもおいしく食べられるため、揚げたてをその場でいただくのはもちろん、お土産にもぴったりです。

  • 商品:「サーターアンダギー(プレーン・9個入り)」770円(税込み)
  • 取扱店:牧志公設市場 仮設市場 2F

1.10 御菓子御殿「紅包(べにつつみ)」

出典元:Instagram

全国菓子大博覧会「農林水産大臣賞」を受賞した銘菓「紅包」。優しい甘さのさつまいも餡を紅芋餡で包んでしっとりと焼き上げた、優しい口当たりのスイートポテトです。黄色と紫色のカラフルな見た目がかわいらしいだけでなく、二つのお芋のお味を楽しめるのもうれしいポイント。お芋好きにはたまらないひと品です。

  • 商品:「紅包(6個入り)」626円(税込み)
  • 取扱店:読谷本店、那覇空港店、国際通り松尾店など
  • ネットショップ:御菓子御殿

1.11 ファッションキャンディ「ちんすこうショコラ ダーク&ミルク」

出典元:Instagram

沖縄土産の定番であるちんすこうにたっぷりのチョコレートをかけてコーティングした「ちんすこうショコラ」。「プレミアム」や「ハイカカオ90」などいくつかの種類がありますが、おすすめは「ダーク&ミルク」。ほろ苦いダークチョコとミルクの甘みが絶妙に絡み合うひと品です。

  • 商品:「ちんすこうショコラ ダーク&ミルク(20個入り)」1,080円(税込み)
  • 取扱店:読谷本店など
  • ネットショップ:ファッションキャンディ

2. 沖縄のおつまみ

お酒を飲むのが好きな人へのお土産、甘いものが苦手な人へのお土産は、沖縄ならではのおつまみがおすすめです。ここでは、地元の人たちにも愛されているローカルおつまみを紹介します。

2.1 オキハム「ミミガージャーキー」

出典元:Instagram

沖縄料理には欠かせない食材「ミミガー」を、ピリッと辛いおつまみに仕上げた「ミミガージャーキー」。かわいらしいブタのパッケージが目印です。コリコリとクセになる食感と噛むほどに味が広がるおいしさは、お酒のおつまみとしてはもちろん、おやつとしても人気です。お手頃価格だから、ばらまき用のお土産としてもおすすめ。

  • 商品:「ミミガージャーキー(大・23g入り)」350円(税込み)
  • 取扱店:沖縄県内の土産物店、量販店など
  • ネットショップ:オキハム

2.2 サン食品「オリオンビアナッツ」

出典元:Instagram

沖縄の地ビールといえば「オリオン」が有名ですが、そのオリオンに使用しているビール酵母が入ったナッツが「オリオンビアナッツ」です。「タコス島唐辛子味」「ウコンカレー味」「アーモンドチーズ味」の3種類が楽しめます。しっかりとした味付けでピリッと辛く、ビールによく合います。16gの小分け包装になっていて、お土産として配りやすいのも魅力です。

  • 商品:「ジャンボオリオンビアナッツ (16g×20袋入り) 」1,728円(税込み)
  • 取扱店:沖縄県内の土産物店、量販店など
  • ネットショップ:サン食品

3. 沖縄のフード

ここでは、沖縄が誇る地元グルメの中から、ごはんとの相性も抜群なフード系のお土産を紹介します。

3.1 ゴーヤカンパニー「島豚ごろごろ」

出典元:Instagram

「芸能人がおすすめするお取り寄せグルメ」として、たびたびメディアでも紹介されているゴーヤカンパニーの「島豚ごろごろ」。石垣島のソウルフード「アンダンス(油みそ)」の進化系で、石垣島産三元豚のあら引きミンチを贅沢に使用し、黒糖のほどよい甘味と生醤油の香ばしさが楽しめるひと品です。炊きたてごはんのおともにはもちろん、おにぎりの具材やお茶漬けのもとなどにもぴったり。

  • 商品:「島豚ごろごろ(120g入り)」648円(税込み)
  • 取扱店:石垣市特産品販売センター本店・空港店など
  • ネットショップ:ゴーヤカンパニー

3.2 あさひ屋「てびちSP(豚足煮込み)」

出典元:Instagram

豚足を煮込んだ沖縄の郷土料理「てびち」は、コラーゲンたっぷりで女性にうれしい美肌効果も期待できます。時間をかけてじっくりと煮込んでいるので、皮の部分のぷるんとした食感を存分に楽しめます。そのやわらかさにはおどろくこと間違いなしです。湯煎するだけですぐに食べられるので、お土産にぴったりです。

  • 商品:「てびちSP(豚足煮込み)(600g入り)」864円(税込み)
  • 取扱店:沖縄県内の土産物店など
  • ネットショップ:あさひ屋

4. 沖縄の調味料

最後に、沖縄気分を自宅でも楽しむことができるご当地調味料を紹介します。

4.1 辺銀(ぺんぎん)食堂「石垣島ラー油」

出典元:Instagram

「石ラー」の愛称で親しまれている辺銀食堂の「石垣島ラー油」。島とうがらし、うこん、島こしょう、石垣の塩、黒糖、にんにく、ごま、黒豆、山椒、遺伝子組換えでない植物油などのこだわりの食材を使用し、ほどよい辛みと奥深い味わいを楽しむことができます。納豆と混ぜて炊きたてごはんにのせたり、もやしのナムルや素麺などに添えたりするだけで、いつもの味が辛うま味に変化します。

  • 商品:「石垣島ラー油(100g入り)」888円(税込み)
  • 取扱店:石垣ペンギン、那覇空港わしたショップ、石垣市特産品販売センターなど
  • ネットショップ:辺銀食堂

4.2 島ネロ「島ネロ」

出典元:Instagram

ハバネロ並みの辛さと、独特のうま味が自慢の「島ネロ」。沖縄県産の島唐辛子を使用したオリジナルの調味料で、キャッチーなネーミングと一度食べたら忘れられない刺激的なその辛さは、辛いものが好きな方へのお土産にぴったり。ピザやお肉にかけたり、お好みのおつまみにかけたり、さまざまな使い方を楽しめます。沖縄県内のファミリーマートでは島ネロ味の激辛ポテトチップスが発売されるなど、地元でも愛されている味です。

  • 商品:「島ネロ(70g)」1,080円(税込み)
  • 取扱店:セレクトショップなど
  • ネットショップ:島ネロ

4.3 ぬちまーす「ぬちまーす(塩)」

出典元:Instagram

長寿の多い沖縄の人たちに愛用されている塩「ぬちまーす」。沖縄の美しい海の水を原料としていて、21種類のミネラルが含まれています。この数字は2000年、ギネスに認定されています。日常生活で不足しがちなマグネシウムも豊富に含まれています。しかし、一般的な塩と比べて塩分が低いというのだからおどろきです。便利なボトル入りタイプは使いやすく、料理の好きな方におすすめしたい逸品です。

  • 商品:「ぬちまーす(クッキングボトル・150g入り)」1,080円(税込み)
  • 取扱店:ぬちまーす直営ショップ
  • ネットショップ:ぬちまーす

5. 沖縄のドリンク・お酒

ジュースやお酒などドリンク系のお土産は、日持ちしやすいので賞味期限をあまり気にせずに贈ることができるのが魅力です。ここでは、おいしいと話題の沖縄発のドリンクを紹介します。

5.1 琉球フロント「山原(やんばる)シークヮーサー」

出典元:Instagram

沖縄本島北部の山原(やんばる)地域で作られたシークヮーサーだけを使った100%ストレート果汁の「山原シークヮーサー」。アンチエイジングにもつながるノビレチンやヘスペリジンなどの成分が豊富に含まれている、完熟前の青切りシークヮーサーを使用しています。化学肥料や農薬不使用で子どもから大人まで安心して飲むことができます。蜂蜜を加えた水や炭酸水で4~8倍に薄めて酸味と甘味が楽しめるさわやかなシークヮーサードリンクにしたり、ドレッシングのアクセントに加えたり、アイデア次第でさまざまな使い方が可能です。

  • 商品:「山原シークヮーサー(720ml入り)」2,700円(税込み)
  • 取扱店:かどの駄菓子屋浦添シーサー通り店、SOUVENIR SHOP LEQUIOS国際通り店・SOUVENIR SHOP LEQUIOS牧志駅前店
  • ネットショップ:琉球フロント

5.2 南都酒造所「35リキュール泡盛珈琲」

出典元:Instagram

海に植え付ける前に死んでしまったサンゴ「風化サンゴ」を200度以上に熱して焙煎した「35COFFEE」。その珈琲豆を相性の良い泡盛で1ヶ月ほど漬け込んだキュールです。珈琲豆本来のまろやかな風味と豊かな香りをロックや水割り、カクテルなど幅広い飲み方で楽しむことができ、バニラアイスにかける大人のデザートも人気です。こだわりを感じるスタイリッシュなボトルデザインにも注目。売り上げの一部は沖縄県内のサンゴ再生支援活動に寄付されます。

  • 商品:「35リキュール泡盛珈琲(500ml入り)」1,540円(税込み)
  • 取扱店:イオン那覇店、わしたショップ国際通り本店、垣空港内売店など


日本国内でありながら、南国ならではのお土産を買うことができる沖縄は、魅力的なものが多く目移りしてしまうかもしれません。沖縄のお土産選びに悩んだら、ぜひ上記で紹介した内容を参考に、自分好みのお土産を見つけてください。

※上記は2020年10月時点の情報です
※価格は時期、販売店舗により異なります

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内の人気観光地研究部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/10/25最終更新日:2020/10/25

Views:

沖縄のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.