たびこふれ

タリンクシリヤラインで移動する日帰り旅!~タリンからヘルシンキへ~

記事投稿日:2020/07/30最終更新日:2020/07/30

Views:

こんにちは!

今回は、タリンクシリヤラインを利用し日帰りでタリンからヘルシンキまで行ってきました!次回のご旅行の際に参考にしていただければ幸いです。

目次

タリンクシリヤライン

タリンクシリヤライン①.JPG

タリンクシリヤラインとは、バルト海沿岸の主要都市間を運航する定期クルーズ船です。

就航都市は、フィンランドのヘルシンキ&トゥルク、スウェーデンのストックホルム、エストニアのタリン、ラトビアのリガを結んでおり、北欧諸国を旅するツアーでは最も人気のある移動手段です。

タリンクシリヤライン②.JPG

>>タリンクシリヤラインの公式ホームページはこちらから

タリンからヘルシンキに向けて出発!


タリンの旧市街からタリンクシリヤラインのターミナルまでは、車で約15分程で到着できます。

ターミナル.JPG

ターミナル内にあるエスカレーターで2階に上がり、チケットセンターにてチェックインし、往復のチケットを発券してもらいます。乗船チケットは当日でもカウンターにて購入可能ですが、割高になったり予定の船に乗船できない可能性があったりしますので、事前予約をお勧めします。また、チェックインに時間がかかるためターミナルには時間に余裕を持って行くことをお勧めします。

チケットセンター.JPG

タリンクシリヤライン・メガスター号

タリンクシリヤライン ロゴ.JPG

エストニアのタリン⇔フィンランドのヘルシンキ間を運航するメガスター号は、環境に優しい液化天然ガスを燃料としており、全長212.2メートル、全幅30.6メートル、乗客定員2,800名の大型船です。

タリンクシリヤライン メガスター号.JPG

船内施設

船内には日本でも大人気のコーヒーチェーン・スターバックスや軽食を販売しているカフェ等があります!

カフェ.JPG

今回、7時30分発のタリンクシリヤラインに乗船するためにホテルを6時過ぎに出発したので、朝食は船内で取りました。カフェテリアはとても広く清潔感があり、ゆったり朝食を取ることが出来ました。

サンドウィッチ.JPG

ケーキ.JPG

カフェ以外にもパブやビュッフェスタイルまたはオープンキッチンスタイルのレストラン、ファーストフードのお店もありますので、お食事やお酒を楽しみながらの船旅も楽しそうですね。

是非、利用してみてくださいね!

パブ①.JPG

バーガーキング.JPG

品揃え豊富な海上ショッピングモール!

デッキの7階と8階には広々とした免税店があり、お土産探しには最適です!

コスメ.JPG

コスメはもちろんのこと、お菓子類やデリ食品なども種類豊富に取り揃えてあります。

デリ食品.JPG

見ているだけでも十分に楽しめちゃいます。

ビール①.JPG

ビール②.JPG

お酒のコーナーにはケース売りのビールも販売されていましたよ!

マリメッコ.JPG

マリメッコやムーミングッズも現地よりも安く買えます!!!行きの船内で購入してしまうと、ヘルシンキに到着した際荷物が多くなってしまうので、ヘルシンキからタリンへ戻る際に購入した方が良いと思います。

ムーミン.JPG

最後に

エストニアの対岸にあるフィンランドまでは、タリンクシリヤラインで約2時間です。タリンまで行ったら、森と湖の国フィンランドも訪れてみてはいかがでしょうか。

観光やショッピングも楽しい時間ではありますが、公園の中を散歩したり湖近くのカフェでコーヒーを飲んだりして自然の中でリフレッシュするのもお勧めです。

▼関連記事:タリンクシリヤライン

タリンクシリヤラインで1泊だけど優雅なクルーズ旅を体感!買い物、食事、エンタメとその魅力をたっぷりご紹介します!
楽しみたくさん!時間が足りない!クルーズフェリー「タリンクシリヤライン」の旅
ノルウェー3(北欧の大型客船タリンクシリヤライン)

プロフィール画像
この記事を書いた人
スカイ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/07/30最終更新日:2020/07/30

Views:

フィンランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.