たびこふれ

美味しいトルコの歩き方 ~これであなたもトルコ通!グルメ編~

記事投稿日:2020/05/11最終更新日:2020/07/19

Views:

メルハバ!!(トルコ語でこんにちは) 旅行会社でトルコを担当して14年、トルコ大好きな私がトルコの旅の楽しみ方をお伝えします。

トルコは親日の国としても有名で、トルコ産の乾燥イチジクやパスタ、マグロなど私たちの身近なところでも接していますね。

さて、旅の楽しみの一つでもある「食」。ツアーの限られた時間でも楽しんでいただける、トルコの楽しみ方をお伝えします。

トルコ料理といえば世界三大料理のひとつとして有名ですが、その要因としてバラエティに富んだ内容が挙げられます。ここでは有名なトルコ料理から、意外と知られていないB級グルメまでお伝えしたいと思います。

目次

ボスフォラス海峡(トルコイメージ).JPG
<トルコのヨーロッパ部分とアジア部分を隔てる「ボスフォラス海峡」>

【初級編】ツアーでも出てくる有名なアレ

トルコグルメ初級編1. トルコを代表する料理「ケバブ」

ケバブ.JPG
<ケバブ>

言わずと知れたトルコを代表する料理「ケバブ」。最近では日本でも有名になってきましたね。

ケバブといっても "ツボに入っているもの" や "切り落として食べるもの" などいろいろ。

ドネルケバブ.JPG
<牛のかたまりをそぎ落として食べる「ドネルケバブ」

日本でもよく見かける牛のかたまりをそぎ落として食べるのは「ドネルケバブ」と呼ばれるもので、トルコでもよく見かけます。そのまま食べてもよし、パンにはさんでもよし、人気のケバブです。

ケバブサンド.JPG
<ケバブサンド>

パンにはさんだ「ケバブサンド」はこんな感じです。

ツボケバブ.JPG
<壺(つぼ)で煮込んだ「壺ケバブ」>

ツアーでは壺(つぼ)で煮込んだ「壺ケバブ」も「ドネルケバブ」もよく出てきますよ。

▼関連記事:
トルコ・イスタンブールの絶品羊料理は食べていただきたい一品

アイラン.JPG
<ヨーグルトジュース「アイラン」>

濃い味付けなので、それに合うのが「アイラン」と呼ばれるヨーグルトジュース。トルコでよく飲まれている紅茶「チャイ」も合いますが、アイランも試してみてください。

日本で売られているヨーグルトジュースは甘いものが多いですが、トルコのヨーグルトジュースは酸っぱい!でもこれがまた合うんです。最初はしょっぱいヨーグルトの味にびっくりしますが、お口直しでさっぱりとした味が後を引くんです。たいていのお店で「アイランプリーズ」と言えば出してくれると思います。

▼関連記事:
実はヨーグルト発祥の地はトルコなんです。

トルコグルメ初級編2. トルコ版ピザ「ピデ」

pixta_2941406_M.jpg
yozik / PIXTA(ピクスタ)

「ピデ」とはいわゆるピザのこと。ピザといえばイタリアじゃないの?と思いますが、実はピザはトルコが発祥という説もあります。

少し厚い生地に存在感のある牛肉とチーズ、エスニックなソースがまた食欲をそそります。

ツアーでも食べる機会があると思いますし、お手洗い休憩のときに売店を覗いても売っていると思いますので、おやつにでもいかがでしょうか。

▼関連記事:
トルコ料理のながーい「ピデ」を食べるなら中央アナトリアのコンヤがおすすめ!

【中級編】自由行動中に試してみよう

トルコグルメ中級編1. サバサンド

サバサンド.JPG
<サバサンド

ガイドブックに必ずと言っていいほど出てくるサバサンド。シンプルに、フランスパンに焼いたサバを挟んで、玉ねぎやレタスを挟んで食べます。

どこでも食べられるものではなくて、ボスフォラス海峡クルーズで乗船するガラタ橋(金角湾にかかる橋)近くでのみ販売されています。

小さな船の上の鉄板でサバが焼かれており、近くに行けば美味しそうに焼かれたサバの匂いが・・・。その方向に向かえば出会えるはずです!観光客よりも地元の人の方が多いので現地での人気ぶりも伺えます。

日本円で200円程度で食べられますのでリーズナブル。こんな食べ方があったんだ、こんなにパンと相性がいいんだ、ときっと思うはず!

漬物ジュース.JPG
<漬物ジュース>

そしてこれに合う飲み物が「漬物ジュース」。ピクルスを漬けている汁を飲んでいるかのような感じで、一口目は「しょっぱい!!」となりますがこれも不思議と癖になります。地元の方に混じってこれを食べているとき、「あぁー、トルコに馴染んでる」と感じることでしょう。

トルコグルメ中級編2. トルコ版日本酒「ラク酒」

alcohol-4343820_1280.jpg
Soner KöseによるPixabayからの画像

トルコ版日本酒である「ラク(RAKI)酒」。アルコール度数40度くらいある強いお酒で、ホテルにあるバーやホテル周辺の居酒屋で飲むことができます。

原材料は干しブドウで、あるものを入れると透明だったラクが濁り酒のように色が変わります。さて、なんでしょう!?

正解は「水」です。 わかっていても、おぉーと声が出てしまうくらいに鮮やかに色が変わるのでおもしろいですよ。

【上級編】これであなたもトルコ人!?夜の街に繰り出してみよう

イスティクラル通り.JPG
<イスティクラル通り>

これからは上級編。ホテルの立地にもよりますが、イスタンブールの中心地「タクシム広場」の近くにある「イスティクラル通り」を歩いてみてください。若者の街で、ブティックや飲食店がひしめく目抜き通りです。日本でいえば渋谷や原宿といったところでしょうか。

トルコグルメ上級編1. 濡れバーガー

濡れバーガー.JPG
<濡れバーガー>

濡れバーガーはその名の通り、ハンバーガーのバンズがしっとりしたハンバーガーのことです。

100円程度で購入できますが、時間帯によっては大行列ですので、並ぶのは必至。チーズや牛肉がはさんであって味はしっかり、食感はしっとりです。

イスタンブールっ子になった気分で、食べ歩きするのが醍醐味です。

▼関連記事:
トルコのご当地B級グルメ!濡れバーガー

トルコグルメ上級編2. 羊のスープ「イシュケンベ」

私たちにとってあまり馴染のない羊料理。羊の臓物スープをご紹介します。

イシュケンベ(羊スープ).JPG
<羊の臓物スープ「イシュケンベ」>

羊の臓物スープはトルコ語で「イシュケンベ」と呼ばれ、クリーミーでとんこつスープのような味わい。ニンニクとレモン、好みで塩コショウを入れて食べます。

匂いは独特でかなり癖がありますが、滋養強壮にはもってこい。中には脳みそが入っていることも。トルコの方はお酒を飲んだあとの〆や、二日酔い、元気のないときに食べるようです。

イシュケンベ(羊スープ店).JPG
<イシュケンベが食べられるお店>

相場はだいたい500円~1,000円くらい。 ガイドさんにその話をすると、決まって笑顔で「もう立派なトルコ人だね~」と返されます。 イシュケンベを食べられるお店はたくさんありますので、ラクとともにぜひチャレンジしてみてください。

トルコはまだまだ美味しいものがいっぱい!

ケバブのお店②.JPG
<ケバブのお店>

以上がトルコ担当者おすすめグルメです。上記すべてを食べたらあなたもトルコ通!

まだまだ美味しいものはいっぱいあります!地元の人に聞きながら、美味しいものを見つけたらまたご紹介します!次回もお楽しみに!!

プロフィール画像
この記事を書いた人
うっちー
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/11最終更新日:2020/07/19

Views:

トルコのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.