たびこふれ

有名劇場をじっくり見学!ヴェネチアのフェニーチェ劇場見学ツアー

記事投稿日:2020/05/25最終更新日:2020/05/25

Views:

イタリアとオペラ劇場は、切っても切り離せない関係です。それぞれの街に劇場があり、演劇、音楽、バレエなどを楽しむ場として、広く市民に愛されています。 有名なところでは、ミラノのスカラ座、ローマのオペラ歌劇場、ナポリのサン・カルロ劇場、そして「劇場都市」と称される、ヴェネチアには「ラ・フェニーチェ」と名付けられた劇場があります。

このフェニーチェ劇場では、クラシック音楽や室内音楽のコンサート、バレエも鑑賞することができますが、やはり目玉はオペラ(歌劇)。オペラファンならずとも、フェニーチェ劇場でのオペラ鑑賞は素敵な思い出になることでしょう。ここでは、ヴェネチアで1853年に初演されたヴェルディ作『椿姫』やプッチーニ作『蝶々夫人』などの超有名作品から、知る人ぞ知る佳作までバラエティ豊かな作品が上演されます。

この記事では、そんなフェニーチェ劇場を見学できるツアーについて、解説しています。

目次

1. ヴェネチアにあるフェニーチェ劇場について

ヴェネチアには古くから多くの劇場がありましたが、フェニーチェ劇場は比較的新しい劇場で、1792年に開場しました。

劇場が冠する「フェニーチェ」とは、イタリア語で「不死鳥」を意味します。鷲に似た鳥として表現される、想像上の動物です。死期を悟ると自らを炎の中に投じ、その灰から蘇るとされることから、キリスト教ではキリストの復活と結び付けられ、教会などの装飾にペリカン、羊などとともによく登場します。

この「不死鳥」は、フェニーチェ劇場の、まさに劇的な歴史そのものです。2019年4月15日に起こったパリのノートルダム大聖堂の火災に対して、ラ・フェニーチェ劇場の公式Twitterアカウントが「#NotreDame」のハッシュタグを付けた、励ましのツイートを投稿していました。 これはフェニーチェ劇場自体が、1836年と1996年に起こった2度の火災を乗り越えてきたという歴史を踏まえた、力強いエールなのです。

2. フェニーチェ劇場はどこにある?

フェニーチェ劇場は、ヴェネチア観光の目玉であるサン・マルコ広場とアカデミア橋周辺とのほぼ中間あたりに位置しています。

サン・マルコ広場、あるいはアカデミア橋方面からヴェネチア特有の細い路地をたどると、小さいながらかわいらしいカンポ・サン・ファンティンの、華やかな空間がパッとひらけます。街歩きの途中に、劇場周辺のレストランやバールで一息入れるにはちょうどいい場所です。  

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-01.jpg
<広場に面した正面玄関。撮影:arissa>

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-02.jpg
<運河側の入口。撮影:arissa>

見学ツアーでは、こうしたフェニーチェ劇場にまつわるいろいろなエピソードを、今も現役で使われている劇場で知ることができます。

また、写真のように広場へ面した正面玄関と運河に面した入口を持つ、ヴェネチアならではの建築、設計の際に用いられた木製の模型や、ゆかりの深い歌手マリア・カラスの写真、出演当時のポスターといったレアな資料も間近で閲覧できるのが魅力です。

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-03.jpg
<マリア・カラスの展示。撮影:arissa>

素晴らしい上演作品を鑑賞できる劇場ホールが、2度の火災からどのように復元されたかなどの歴史を知ると、単に美しいホールというだけでなく、ヴェネチアや劇場に関わる人々の「ラ・フェニーチェ」への深い愛情を感じられる、観劇の思い出もより印象深いものになるのです。

3. フェニーチェ劇場の見学ツアー基礎情報

この項目では、フェニーチェ劇場の見学ツアーへ参加するために、開催時期や知っておきたいことをまとめてご紹介します。

見学ツアーの開催時期・頻度

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-04.jpg
<劇場入口にあるカレンダー。撮影:arissa>

フェニーチェ劇場の見学ツアーは、基本的に毎日行われています。時間は9時半から18時までで、その間は自由に見学ができるため、気軽に参加できるというのが嬉しいところです。

ただし、その日の演目などによっては中止になったり、時間が短縮されていたりするので、劇場入口に掲示されているカレンダーか劇場サイトで確認しておきましょう。

サイト上の見学ツアーのカレンダーは、メインメニューの"Visita La Fenice"からリンクしているサイト"FEST: FENICE SERVIZI TEATRALI"で確認できます。 メインメニューから、"VISITA IL TEATRO"という項目を選択して、見学ツアーの基本情報を掲載したページに移動し、このページの"VISUALIZZA ORARI"という項目から、当月、翌月までの見学ツアーの開催時間のカレンダーを閲覧して、参加可能な日時を探しましょう。

>>>フェニーチェ劇場公式サイトはこちら

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-04_1.jpg
<チケット売り場の入り口。撮影:arissa>

見学ツアーの所要時間

所要時間は45分です。とはいえ、オーディオガイドを使って案内に従いながら各々で自由に見学する、という方式がとられているので、時間は固定ではありません。じっくり時間をかけて見学することも可能です。

見学ツアーでは写真撮影可能?

見学コース内は基本的に自由に写真を撮影することができます。ただし、写真は商用目的ではないものに限られ、リハーサルが行われている場合は撮影できません。

見学ツアーで見られるもの、オーディオガイドについて

見学ツアーでは、劇場内のフォアイエ(ロビー)、客席(プラテア席部分、ロイヤルシート)、アポロの間、ダンテの間、ダンスルームなどが見学できます。バックヤードなど、通常公開されていない部分の見学はありません。

オーディオガイドはイタリア語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語に対応しています。内容は劇場の歴史、建築、見学コースに含まれる各所の説明、フェニーチェ劇場で上映されたオペラ作品、そしてゆかりの深いマリア・カラスについてとなっています。 また、フェニーチェ劇場の公式無料アプリ(iOSデバイス、Androidの両方に対応)があり、オーディオガイドの内容を自分のスマートフォン等で聞くことができます。

このアプリには大人向けオーディオガイドのほか子供向けのガイド、興味のあるものをチェックできるウィッシュリスト、写真撮影機能などもあるので、見学ツアーをより楽しむために前もって入手しておくのがおすすめです。

4. フェニーチェ劇場の見学ツアー参加手順と費用

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-05.jpg
<チケット売場。撮影:arissa>

この項目では、フェニーチェ劇場の見学ツアーについて、チケットを購入する手順や費用を解説します。

見学ツアーへの参加方法

オーディオガイドを用いたツアーなので、開催時間内は自由に見学することができ、予約は必須ではありません。時間に余裕ができたから劇場の見学もしてみよう、ということも可能です。

見学ツアーに参加するには、フェニーチェ劇場のチケット売場か、鉄道駅とバス広場にあるVENEZIA UNICA(ヴェネチア観光の総合案内)のチケットショップに直接行く、あるいはVENEZIA UNICAのサイトでチケット購入することができます。

劇場のチケット売り場は、正面入口の右手から入ります。劇場グッズや書籍などを販売するスペースを通って、右奥にあるカウンターで見学したい日時を指定して購入してください

VENEZIA UNICAのWebサイトでチケットを購入する場合は、まず初めに"VENEZIA UNICA CITY PASS"を購入する必要があります。これは観光ツアー、美術館・博物館チケットなども網羅しているので、旅程によっては利用すると便利でしょう。 既にこのパスがある方は、左上のメニューから"AQUISTA(購入)"を選択し、"MUSEI E CHIESE"を開いて、"TEATRO LAFENICE"の項目の左下にある"DETTALI OFFERTA"を開くと、各チケットの内容が表示されるので、該当するチケットを選んでください。

>>>>>VENEZIA UNICA公式サイトはこちら

費用

ツアーの料金は大人11ユーロ(約1,300円)、26歳以下の学生と65歳以上は7ユーロ(約830円)、6歳までの子供は無料です。そのほか家族向けチケットもあり、7~18歳の子供1人以上を含む3人家族で23ユーロ(約2,710円)、子供2人以上を含む4人家族は26ユーロ(約3,070円)、子供3人以上を含む5人家族は29ユーロ(約3,420円)という値段設定です。

オーディオガイドは、ツアー料金に含まれています。ただし、貸し出しの際に身分証明書が必要となるので、パスポートなどを必ず持参してください。

5. 事前にチェックしたいフェニーチェ劇場見学ツアーの注意点

最後に、フェニーチェ劇場見学ツアーへ参加する際の注意点について、解説していきます。これらを確認した上で、申し込むようにしましょう。

途中でお手洗いに行ける?

ヴェネチア-フェニーチェ劇場-06.jpg
<火災前のフレスコ画が保存されているカフェエリア。撮影:arissa>

見学ツアーのコース内にあるトイレを利用することができます。また、劇場内にあるカフェの営業時間内であれば、見学ツアーの途中でも利用できます。

他の場所への移動について

ヴェネチアでの移動は基本的に徒歩、あるいは水上バスです。また、ヴェネチア本島にアクセスする際に主に利用される鉄道駅や、バスターミナルのあるローマ広場からはやや距離があります。

目安として、サン・マルコ広場までは徒歩約5分、アカデミア橋、アカデミア美術館周辺へは約10分かかります。フェニーチェ劇場の最寄りの水上バス乗り場はいずれもやや遠いので、次の予定への移動ルート、所要時間をあらかじめ確認しておいた方がいいでしょう。

基本情報

名前:フェニーチェ劇場(TEATRO LA FENICE)
住所:Campo San Fantin, 1965, 30124 Venezia VE
休業日:公式サイトの最新情報をご確認ください。
公式サイト:https://www.teatrolafenice.it/

プロフィール画像
この記事を書いた人
arissa
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/25最終更新日:2020/05/25

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.