たびこふれ

ワイキキで評判の蟹カレー!ベトナム料理レストラン「Bac Nam(バクナム)」

記事投稿日:2020/03/22最終更新日:2020/03/22

Views:

移民の多いハワイでは、いろいろな国の料理が楽しめます。日本でも人気のベトナム料理も、そのひとつ。今回ご紹介するのは、アラモアナセンターから徒歩約15分のサウス・キングストリート沿いの「Bac Nam(バクナム)」。

豊富なメニューとボリューミーなベトナム料理がリーズナブルに味わえると、ロコにも観光客にも評判のお店です。そして、この店を訪れた人が必ず注文するのが「蟹カレー」です。ほぐした蟹の身がいっぱいのカレーは、これまで味わったことのない美味しさ。

一度食べたらやみつき、リピーターになること間違いなしです。

目次

1. ワイキキのベトナム料理レストラン「Bac Nam(バクナム)」とは

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-01.JPG
<サウス・キングストリート沿いのベトナム料理店「Bac Nam」。>

芸能人オススメの店として、日本の旅行番組でもたびたび紹介される「Bac Nam(バクナム)」。その人気は、ハワイの雑誌『ホノルル・マガジン』主催のグルメアワード「ハレアイナ賞」や、ハワイ州観光局公認プログラムのオンライン投票「111-HAWAII AWARD」などでも、多くの票を集めていることからもわかります。

2. 「Bac Nam(バクナム)」は一度閉店していた?

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-06_censored.jpg
<店内の様子。>

2013年頃、「Bac Nam(バクナム)」には閉店の噂が流れたころがあります。実際には、オーナーがベトナムに一時帰国するために、長期休業(といっても2カ月)をしていただけなのですが......。

それがなぜか「閉店」という情報になってネット上に流れ、「もう蟹カレーが食べられないの!?」と、ファンの間ではちょっとした騒ぎになりました。結局、一時休業ということがわかり、ホッと胸をなでおろしたファンも多かったようです。

ここでちょっとしたTipsです。実はハワイでは「Bac Nam(バクナム)」に限らず、オーナーやスタッフが里帰りするために1カ月くらいお店を休むというケースはよくあります。「せっかく出かけたのに営業していなかった」、なんてことのないように、お目当てのお店に出かける前に、ホームページなどでチェックすることをオススメします。

3. 「Bac Nam(バクナム)」へ来たら、ぜひ「蟹カレー」を食べてみて!

「Bac Nam(バクナム)」を訪れる人のほとんどが注文するのは「蟹カレー」です。ほぐした蟹の身が「これでもか!」というくらいいっぱい入っています。原型を留めないほど煮込んだ野菜と蟹の身が生み出すハーモニー。

お口の中に、コクと旨味とスパイスの刺激が広がります。日本のカレーを想像していると良い意味で裏切られるかもしれません。

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-02.JPG
<「Bac Nam(バクナム)」名物の蟹カレー。>

歴史的に、フランスの影響を大きく受けているベトナム。日本でカレーといえば、ご飯との組み合わせが一般的ですが、「Bac Nam(バクナム)」を訪れたなら、ぜひフランスパンを注文して、「蟹カレー」と一緒に召し上がってみてください。

パリパリ・サクサクのバゲットと「蟹カレー」の相性は抜群。あっという間にたいらげて、気付いたらカレーのお皿はピカピカ。人気になるのも納得のおいしさです。

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-03.JPG
<蟹カレーはフランスパンと。映っているビールは持ち込みです。>

サイズはハーフサイズ($19.95)とホールサイズ($27.95)の2種類。おいしいとはいえ、けっこうボリューミーです。他のお料理も頼むなら、スモールサイズで十分かも!?

以前、友人がビッグサイズを注文したら、「ハーフサイズにしておきなさいとお店の人に笑われた」そうですよ。

※編集部註:価格はライター取材時の情報です。今後変更される可能性があります。

4. 蟹カレーだけじゃない「Bac Nam(バクナム)」おすすめメニュー

蟹カレーが人気の「Bac Nam(バクナム)」ですが、他にも私たち日本人の味覚にあったオススメメニューがたくさん並んでいます。 例えば、豚肉とエビ、ミントやレタスがライスペーパーでくるまれた「サマーロール(生春巻き)」。

砕いたピーナツの入った特製タレはもちろんおいしいですが、ハワイの食卓に欠かせないシラチャーソースを付けて食べるとおいしいと、ハワイ在住の友人が教えてくれました。 もちろん、お店のテーブルにもシラチャーソースはセットされています(余談ですが、ハワイのスーパーで手軽に買えるシラチャーソースはおみやげにも最適ですよ)。

そしてもうひとつは、豚肉と野菜をライスペーパーで包んでこんがり揚げた「(揚げ)春巻き」。たっぷり添えられたレタスと一緒に。「サマーロール」は1本から注文できるので、人数やお腹の好き具合に合わせてどうぞ。

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-04.JPG
<奥が揚げ春巻き。たっぷりの野菜とどうぞ。>

大人数で行けば、さまざまなメニューを頼んでシェアできますね。日本にはない習慣ですが、いっぱい注文して食べきれない場合は、お店に持ち帰り用のbox(doggy bag,container)をもらいましょう。コンドミニアムに宿泊されているなら、翌朝温めて朝食にどうぞ。

毎日のご馳走で胃が疲れていて「カレーはちょっと食べられないわ」という方には、お腹にやさしい「ファー」(なぜかメニューにはフォーではなくファーと書いてあります)がオススメ。お肉かシーフード、野菜、または豆腐から選べます。

もちろん、ファーにはお決まりのパクチーが山盛り。苦手な人は、注文の際に「ノーパクチー」とお願いしてくださいね。そしてデザートにオススメなのはあま〜いプリン。人気メニューなので売り切れのことも多く、なかなか巡り合えません。

ハワイ-ワイキキ-ベトナム料理-おすすめ-蟹カレー-05.JPG
<人気のあま〜いあま〜いプリン。>

そしてもうひとつ。「BacNam」は、Bring your own bottle(BYOB)形式なので。お酒が置いてありません。お酒を飲みたいという方は、近くのABCストアなどで購入して持ち込みましょう。コップや栓抜きはお店で用意してくれますよ。

ハワイではこのBYOB形式のお店は少なくありませんから、お酒好きの方はあらかじめWebサイトなどでチェックしてくださいね。

5. ワイキキ周辺から「Bac Nam(バクナム)」へ行くには

「Bac Nam」は、サウス・キングストリート沿い、アラモアナセンターから徒歩15分くらいの場所にあります。ディナータイムなら、ロイヤルハワイアンセンターからLeaLeaトロリーの「ウエスト・ディナーライン」(ロイヤルハワイアンセンター17:30~)に乗車、「サウスキング通り/ピイコイ通り」で降りればすぐ目の前。

ただし、お店が閉店する21時になると、この辺りはぐっと人通りが減ってしまいますから注意が必要です。日本と違ってほろ酔い気分でお散歩というわけにはいきません。 ちなみに、LeaLeaトロリーの「サウスキング通り/ピイコイ通り」最終は、21時48分です。

参考:LeaLeaトロリー公式サイト(外部サイトへ遷移します)

6. 「Bac Nam(バクナム)」の予算、予約や日本語メニューについて

地元の人にも観光客にも人気の「Bac Nam(バクナム)」。行く時間が決まっているなら早めの予約をオススメします。英語で電話をするのはちょっと......という方は、ホテルのコンシェルジェにお願いするか、口コミアプリ「yelp」からの予約がオススメ。

予算についてはランチもディナーも、基本的に同じメニューです。人気の「蟹カレー」は、2人ならスモールサイズで、大人数ならビッグサイズを。カレーとバケットならひとりあたり$10。何か別のメニューを追加しても、ひとりあたり$20前後、それに15〜20%分のチップを添えることを忘れずに。いろいろなメニューを食べたいなら大人数で出かけましょう。初めて「Bac Nam(バクナム)」を訪れてお勘定をしたとき、「本当にこの値段で良いの!?」と思ったことを覚えています。

「Bac Nam(バクナム)」の日本語メニューには番号が振られていますから、身振り手振り・指さしで十分オーダーできます。もちろん、スタッフは皆フレンドリー。日本人観光客にも慣れていますから、安心してお出かけください。

※価格はライター取材時(2019年)のものです。最新情報は、現地グルメガイドなどをご参照ください。

基本情報

  • 名前:バクナム(Bac Nam)
  • 住所:1117 S King St, Honolulu, HI 96814 アメリカ合衆国
  • 電話番号(海外電話料金がかかります):(808) 597-8201
  • 営業時間:[火-土:(ランチ)10:30~14:30、(ディナー)17:00~21:00、月曜:(ランチ)11:00~14:30、(ディナー)17:00~21:00
  • クレジットカード:利用可
  • 休業日:日曜

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
たなかみえ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/03/22最終更新日:2020/03/22

Views:

ハワイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.