たびこふれ

【箱根/芦ノ湖】高級温泉旅館・ホテル「はなをり」を徹底レポート!

記事投稿日:2020/04/29最終更新日:2020/04/29

Views:

雄大な芦ノ湖の湖畔に佇む、リゾート感あふれる温泉宿「箱根・芦ノ湖 はなをり(以下、はなをり)」。2017年夏に開業をしたこの温泉宿は、高級感あふれる館内と、四季折々の料理を楽しむことができるブッフェ、ゆったりと芦ノ湖の雄大な自然を眺めながら入ることができる温泉などが人気を博しています。

今回はこの人気温泉宿を徹底解説していきましょう。

>>> はなをりのツアーを見てみる

目次

1. はなをりへのアクセス

2. はなをりの魅力1:水盤テラスからの絶景

3. はなをりの魅力2:足湯カウンターからの絶景

4. はなをりの魅力3:高級感あふれる館内

5. はなをりの魅力4:四季の露天風呂 棚湯(温泉大浴場)

6. はなをりの魅力5:箱根の新鮮な食材を活かしたブッフェ&レストランからの絶景

7. はなをりの魅力6:露天風呂付き・テラス付きなど趣向を凝らした客室

8. そのほかのはなをりの客室

9. はなをりの周辺にある観光スポット

10. はなをりの基本情報

1. はなをりへのアクセス

はなをりにはさまざまな方法でアクセスすることができますが、今回筆者は新宿から小田急ロマンスカーで小田原駅まで向かい、そこから無料送迎バスを利用する方法で訪れました。なお無料送迎バスは先着順・完全予約制ですので、宿泊の予約時に申し込むなど、早めの申し込みを忘れないようにしましょう。

新宿駅に着いたら、小田急線乗り場にある小田急ロマンスカーの特急券売り場を目指します。

小田急ロマンスカー

小田急ロマンスカーの乗り方はインターネットや電話での事前予約、上記のチケット売り場で当日購入、ロマンスカー内での購入といくつか方法があります。詳細は下記をご確認ください。

>>>小田急ロマンスカーについて詳しくはこちらから(公式HP)

ゆったりとした列車

ロマンスカーなら小田原駅まで、一時間強で向かうことができます。普段乗っている電車とは違ったゆったりとした列車に乗ると一気に旅行感が増してきます!

さて、小田原駅に到着したら改札を出て右側方向、西口へ向かいましょう。西口の1階から外に出るとロータリーがあり、その先には北条早雲像が見えてきます。

北条早雲像

この北条早雲像が無料送迎バスの目印です。像の付近でバスを待ちましょう。

はなをりのバスの時刻表.PNG
<無料バスの時刻表>

>>>無料送迎バスの詳しい時刻表はこちらから

無料送迎バスは予約制なので事前に予約をいれましょう。また、交通状況によって遅れる場合があります。


無料送迎バス

無料送迎バスは、はなをりのロゴが目印です。

無料送迎バス事前予約はこちら

  • 電話番号:0460-83-8739(はなをり代表番号)

1.1 無料送迎バス以外のアクセス

小田原駅からの無料送迎バス以外であれば、箱根湯本駅から桃源台行きバスに乗車、終点桃源台にて下車してください(乗車時間約50分)。桃源台からは徒歩2分という好立地! 

芦ノ湖畔の自然

芦ノ湖畔の自然を楽しみながらはなをりへ。

暖簾
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

桃源台方面から来館する際は、こちらの出入口を目印に訪れましょう。のれんをくぐり左側の階段を上がって館内へ向かいます。

車で来館の際は少し注意が必要。施設が新しいため、カーナビで案内されないこともあります。
その場合は、下記の電話番号を設定しましょう(下記の情報を入れるとホテルの目の前のガソリンスタンドが表示されます)。


山越 箱根湖尻SS(出光ガスステーション)の基本情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根湖尻160
  • 電話番号:0460-84-7022

アクセスについては、公式HPも参考にしてくださいね。

>>>はなをりへのアクセスについて詳しくはこちらから(公式HP)

2. はなをりの魅力1:水盤テラスからの絶景

はなをりの魅力はなんといってもこの「水盤テラス」からの絶景。

水盤テラス

ホテルに入るとまず窓の外に見えるこの「水盤テラス」は、はなをりの一番の魅力と言っても過言ではありません。中央の円形ソファに座ってみると、芦ノ湖に浮いているような不思議な感覚になります。

水、湖、そして空の青。それぞれが溶け合うような景観がなんとも美しく、眺めていると時間を忘れてしまいます。

芦ノ湖の湖畔に位置するはなをりだからこそ、雄大な芦ノ湖の大自然をこのテラスからゆっくりと眺めることができ、インスタ映えも抜群! チェックアウトの時間には写真撮影の列が出できるほど、ホテルの中でも大人気の場所です。

3. はなをりの魅力2:足湯カウンターからの絶景

足湯カウンター

水盤テラスの隣には足湯カウンターが併設されており、ドリンクやスイーツを頂きつつ、足湯でリラックスしながら絶景を眺めることができるという贅沢な仕様になっています。

もちろん水盤テラスの円形ソファやフロント前のロビーでもドリンクやスイーツを飲食できますが、足湯に浸かりながら頂くのはまた格別の味わいです。

泡立つアイスコーヒー

筆者が注目したのはこのアイスコーヒー(500円)!

写真の通り、なんとビールのように綺麗に泡が立つアイスコーヒーなのです。クリーミーできめ細やかな泡ができる一味違ったアイスコーヒー、ぜひ試してみてくださいね。
そのほかにも、地ビールやご当地サイダーなどもそろっています(ドリンク700円〜)。

ラウンジスイーツ
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

2ヶ月に1度変わるラウンジスイーツも頂くことができます。

写真右が「いちごのパフェ」、写真中央が「柚子フォンダンショコラ」、写真左が「スフレチーズケーキ」(各500円)。ドリンクセットは800円です。ぜひ芦ノ湖の自然を仰ぎながら贅沢な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?(※画像は2020年2月・3月提供のスイーツです)

4. はなをりの魅力3:高級感あふれる館内

さらに注目すべきはこの高級感あふれる館内。シンプルなデザインの中にリゾートムードを取り入れられた館内には、さまざまなところに魅力が隠れています。

4.1 絶景を望めるロビー

絶景を望めるロビー

施設に入るとまず大きな窓がお客様をお迎えしてくれます。窓枠がちょうど額縁に見え、まるで絵画のような水盤テラスと芦ノ湖の美しい景観を満喫できます。あまりの美しさに、しばらくはシャッターを切る手が止まりません。

4.2 花で彩られた館内

さらに館内をよく見てみると要所要所にお花の絵が飾られているのがわかります。

柴田是真のツワブキ

各エレベーターホールの壁面に描かれたこれらの絵画は、幕末から明治の時代に活躍した絵師である柴田是真(しばたぜしん)氏の作品で、箱根で季節毎に見られる花々の絵が描かれており、高級感あふれる館内にマッチしています。ちなみに上記の作品は湖水棟4階エレベーターホール前のツワブキ。箱根では秋頃に見ることができる植物です。

柴田是真のベニツツジ

共用棟4階エレベーターホール(ブッフェダイニング「季しかり」前)で見つけたベニツツジ(春)。このように館内の各エレベーターホールの壁面に色々な種類の花の絵が描かれているので、ぜひお気に入りの作品を探してみてはいかがでしょうか?

4.3 廊下にはこんな仕掛けも

共用棟2階エリアから宿泊棟に続く廊下にもこんな工夫を凝らした仕掛けがありました。

窓のはなをりのマーク

この廊下では、窓にはなをりのマークがあしらわれており、

浮かび上がるマーク

太陽で照らされると壁にはなをりのマークが浮かび上がるというなんともお洒落な仕掛けが! こういった細部へのこだわりは女性の心をくすぐりますね。

4.4 お洒落なモチーフがあしらわれたお部屋

お洒落なモチーフ

はなをりでは客室棟のエリアを区切るようにそれぞれ紫陽花、花火、松、森のモチーフがあしらわれています。

洗練されたデザイン

モチーフはシンプルながらも洗練されたデザインになっており、部屋に入る前のワクワク感を盛り上げてくれます。

5. はなをりの魅力4:四季の露天風呂 棚湯(温泉大浴場)

はなをりの魅力のなかで外せないのは、なんといっても温泉。雄大な眺望と箱根の名湯を同時に満喫できる「芦ノ湖ビュー」と、季節ごとに違った庭園の表情を楽しむことができる「庭園ビュー」の2種類の温泉大浴場が用意されています。

さざ波イメージベンチ

大浴場は共用棟2階にあります。入り口にある湯上り処(休憩所)では芦ノ湖のさざ波をイメージしたというベンチが。お風呂上がりはここでくつろぎましょう。

冷水と静岡緑茶
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

冷たいお水と冷たい静岡の緑茶が用意されており、湯上りの水分補給にうれしいですね。

芦ノ湖ビュー、庭園ビューは朝夕で男女が入れ替わります。

  • 13:00~24:00(月・水・金は15:00~) <芦ノ湖ビュー>男性 <庭園ビュー>女性
  • 5:00~10:00 <芦ノ湖ビュー>女性 <庭園ビュー>男性

どちらも異なった作りとなっていますが、それぞれの大浴場で箱根の名湯に浸かることができます。

5.1 芦ノ湖ビュー

芦ノ湖ビュー
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

芦ノ湖ビューの大浴場では、その名の通り芦ノ湖を望めます。大浴場には、露天風呂、内湯、ドライサウナ、水風呂があります。

露天風呂
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

露天風呂には横になってお湯に浸かる「寝湯」ができるよう、浅くて枕つきのエリアがあります。箱根の大自然の中、空を仰ぎながら寝湯に入って深呼吸をすれば、日頃の疲れもたちまち湯の中に溶け出てしまいそうですね。

5.2 庭園ビュー

庭園ビュー
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

続いては庭園ビュー。庭園ビューの大浴場は、季節ごとの風情を感じられる庭園を眺めることができます。もちろんサウナもあり、上記写真はミストサウナです(泉質は芦ノ湖ビューと同じです)。

浴槽の仕掛け
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

こちらの庭園ビューの浴槽には実はちょっとした仕掛けが。もっと近くで見てみましょう。

タイルの柄
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

ご覧の通り、庭園ビューの浴槽に貼られているタイルはなんと一部にかわいらしい花柄があしらわれています。細部へのこだわりが感じられますね。

それからもう一つ、このホテルの大きなこだわり設備は女性専用のパウダールーム。

パウダールーム
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

女性用パウダールームには、ダイソンのヘアドライヤーとスチーマーナノケアが設置されています。ゆっくりお湯に浸かって、さらにスチーマーナノケアを使えば、お肌もツルツルになりそう! 自分へのごほうびにぴったりですね。

5.3 貸切風呂もあります!

半露天の貸切風呂は2つあり、利用料金は40分3,000円。せっかくの箱根旅行、大切な家族やカップルの記念日として利用してみるのはいかがでしょうか?(要予約制)

ちなみに湯上り処の隣には、エステやマッサージなどを受けられる、リラクゼーションルームも併設されています。営業時間は15:00~23:00。詳しいメニューはこちらのリンクからご参照ください。

>>>「リラクゼーションルーム」について詳しくはこちらから(公式HP)

6. はなをりの魅力5:箱根の新鮮な食材を活かしたブッフェ&レストランからの絶景

はなをりのブッフェダイニング「季(とき)しかり」は芦ノ湖の景観を楽しめるレストランで、二十四節気のエッセンスを取り入れ旬の厳選食材を使った季節感あふれる料理をブッフェ形式で楽しむことができます。

特筆すべきはブッフェのスタイル。まずは季節によって異なる八寸(はっすん・季節の山海の幸を少しずつ取り合わせた前菜)を15種類の中からお好みで選ぶところから始まります。

季しかりのビュッフェ
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

二十四節気 (にじゅうしせっき)とは1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものを表す言葉で、このエッセンスを取り入れた八寸は彩り豊かで食欲をそそられますね。

八寸を楽しんだ後、お肉料理やお魚料理、その他のお料理をいただきましょう。

八寸
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

手前にずらりと並ぶのが八寸。奥にはさまざまな料理が待っています。

手作りデザート
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

デザートにもこだわりが。パティシエが5名ほど在籍し、既製品ではなくほとんどのデザートを手作りしているのだそう。

またお誕生日や結婚記念日など、特別な日のご宿泊にはアニバーサリーケーキも用意してくれます。

ホールケーキ(3,850円~)の予約は、メール・電話ともに宿泊5日前まで、バースデープレート(2,200円)の予約は、メールの場合は宿泊2日前まで、電話は宿泊の前日まで受け付けているとのこと。
カップルの記念日の場合は、ブッフェのデザートも楽しめるように、ホールケーキよりも抑えめの量となるプレートを予約するケースが多いそうです。

>>>アニバーサリーケーキについて詳しく見てみる(公式HP)

レストランからの景色
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

もちろん、レストランからの景色も抜群で、おいしい食事と共にゆっくりとしたひとときを過ごすことができます。

BUFFET DINING 季しかりの基本情報

  • 営業時間:朝食7:00~9:30、夕食17:30~21:30(ラストオーダー21:00)

7. はなをりの魅力6:露天風呂付き・テラス付きなど趣向を凝らした客室

忘れてはいけないのが客室。はなをりでは全6種類のお部屋があり、それぞれ違った魅力が味わえます。目的や人数に合わせて選んでみてくださいね。

7.1 湖畔側和洋デラックスルーム(露天風呂付き)

デラックスルーム
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

このデラックスルームは広々とした空間で、プライベートな寛ぎ感を満喫できる露天風呂付の客室です。
広さ47.3平方メートルもある大きなお部屋は最大5名まで宿泊可能。家族で宿泊するもよし、カップルでゆったり宿泊するもよしです。

露天風呂付きのお部屋
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

贅沢すぎる露天風呂付きのお部屋で忘れられないひと時を過ごしましょう。

7.2 寝心地を追求した「はなをり」オリジナルベッド

せっかく日頃の癒しを求めて旅行に来ても、旅先のベッドが合わずに熟睡できず、寝不足になってしまうことってよくありますよね。ここはなをりでは、全米売上No.1のマットレスメーカー「Serta(サータ)」と共同開発したオリジナルベッドを全室で配置しており、その寝心地は格別。

オリジナルベッド
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

固さの異なるコイルを配置しており、「より快適な眠りと健康的な寝心地」を追求したベッドで、心から安らげる睡眠を取ることができます。こだわりのベッドに寝そべれば熟睡できること間違いなし。

7.3 アメニティ

そしてアメニティはこちら。

アメニティ
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

女性に大人気のDHCのスキンケアセットが各部屋に用意されており、化粧水、美容液だけではなく、つい持ってくるのを忘れがちなクレンジングジェルや洗顔料なども入っているのがうれしいポイントですね。

8. そのほかのはなをりの客室

はなをりの客室は6タイプ154部屋です。それぞれの部屋の様子と特徴をご紹介しましょう。

※料金は1室2名利用時の1名料金(消費税・サービス料込、入湯税別)
※客室内の露天風呂は温泉ではありません

8.1 湖畔側和洋デラックスルーム(露天風呂付き)

和洋デラックスルーム
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

上記でご紹介した一番大きなタイプのお部屋。広々とした空間でプライベートな寛ぎ感を演出してくれます。

料金:28,050〜44,550円

8.2 湖畔側スタンダードルーム(露天風呂付)

スタンダードルーム
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

こちらのお部屋は最大定員が2名で、よりプライベート空間を楽しめる仕様となっています。

料金:24,750~41,250円

8.3 湖畔側スタンダードルーム

スタンダード風呂無し
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

最大4名で楽しめるお部屋で、テラスからは湖が見え、箱根の自然を目一杯楽しめます。

料金:21,450~37,950円

8.4 カジュアルツイン(露天風呂付)

カジュアルツイン風呂付
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

値段も少し抑えめで、憧れの客室露天風呂をお得に楽しむことができます。

料金:21,450円~37,950円

8.5 カジュアルツイン

カジュアルツイン
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

箱根旅行をさらにカジュアルに楽しみたい人向け。お友達同士での利用がおすすめです。

料金:17,600~34,100円

8.6 ユニバーサルルーム

ユニバーサルルーム
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

車椅子でテラスまで出られるお部屋。すべての宿泊者に使いやすいようにデザインされています。

料金:21,450~37,950円

ちなみに各部屋には作務衣のみ用意されているので、浴衣を希望の場合は、共用棟2階エレベーターホールにある浴衣棚から好きな柄を選びましょう。

浴衣
<画像提供:箱根・芦ノ湖 はなをり>

柄は7種類、サイズはSS〜LLサイズの5種類と品ぞろえ豊富なので、みんなでおそろいにするのもよし、あえて色違いにして着るもよし! 帯の結び方の写真もあるので参考にしてみてくださいね。好みの柄の浴衣に包まれれば、リゾート気分もより一層アップしますよ!

9. はなをりの周辺にある観光スポット

「箱根・芦ノ湖 はなをり」の周辺には、美しい自然や文化を身近に感じられる、さまざまな観光スポットが数多くあります。その一部を紹介しましょう。

9.1 ポーラ美術館

ポーラ美術館

はなをりから車を15分ほど走らせた場所に位置する「ポーラ美術館」。ここは自然とアートが共生する、箱根でも有数の美術館です。

その名の通り化粧品メーカーとして有名なポーラ・オルビスグループの元オーナーが収集したコレクションを展示した美術館で、モネやルノワールなどの作品を中心に、国内外の名作が展示されています。

敷地内には自然を感じながら散歩できる「森の遊歩道」があります。全長670m、散策時間は20分ほどで、気軽に歩けるのが魅力です。

アートを鑑賞した後は美しい緑に囲まれて、小鳥のさえずりを聞きながら散歩すれば身も心も豊かになることでしょう。

ポーラ美術館の基本情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
  • 営業時間:9:00 ~17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:年中無休(ただし展示替のための臨時休館あり)
  • 電話番号:0460-84-2111
  • HP:ポーラ美術館公式サイト

9.2 彫刻の森

彫刻の森

ホテルから彫刻の森美術館までは車で20〜25分ほど。ここは国内初の野外美術館で、自然と芸術の調和を目指して箱根に造られました。

およそ7万平方メートルの広大な敷地の中に多くのアート作品が展示されています。美術館というよりも大きな公園のような施設で、歩いたり、作品の中に入ったり、空を見上げてみたりと、体験しながら見て回る体感型の美術館です。

なかでも有名なのが、常設されている「ピカソ館」で、世界有数のコレクションを誇っています。お子様連れでも、カップルでも楽しめる美術館です。

彫刻の森の基本情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121
  • 営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
  • 定休日:年中無休
  • 電話番号:0460-82-1161


そのほかの周辺観光情報はホテルの周辺観光ページで紹介されています。下記のリンクの内容を参照してください。

>>>はなをりの周辺スポットについて詳しくはこちらから(公式HP)

10. はなをりの基本情報

以上、今回は箱根で人気の宿泊施設「はなをり」をご紹介しました。都会の喧騒から離れ、大自然に囲まれながら普段の疲れを癒すのにぴったりの温泉宿。ぜひ大切な人と大切なひと時を過ごしてみてくださいね。

>>> はなをりのツアーを見てみる

最後に、はなをりの基本情報を下記にまとめます。

箱根・芦ノ湖 はなをりの基本情報

  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根桃源台160
  • チェックイン:15:00
  • チェックアウト:10:00
  • 定休日:1月に10日間の休館日あり
  • 電話番号:0460-83-8739 (電話受付時間9:00~20:00)

  • 料金
    ・湖畔側和洋デラックスルーム¥28,050~¥44,550
    ・湖畔側スタンダードルーム(露天風呂付き)¥24,750~¥41,250
    ・湖畔側スタンダードルーム¥21,450~¥37,950
    ・カジュアルツイン(露天風呂付き)¥21,450~37,950
    ・カジュアルツイン¥17,600~¥34,100
    ・ユニバーサルルーム¥21,450~¥37,950
    ※料金は1室2名利用時の1名料金(消費税・サービス料込、入湯税別)

  • 駐車場:無料(ホテル正面入り口側に約100台の屋外駐車場あり。先着順・予約不可)

  • 車でのアクセス
    【東京方面から】小田原厚木道路箱根口ICより国道1号線・138号線にて箱根方面へ。仙石原交差点より約10分
    【名古屋・大阪方面から】東名高速道路御殿場IC出口より国道138号線にて箱根方面へ。仙石原交差点より約10分

  • 電車のアクセス
    【小田原駅西口】ホテル無料送迎バスで約1時間(事前予約制)
    【小田原駅・箱根湯本経由】箱根登山バスTライン「桃源台」行乗車約1時間、終点桃源台下車徒歩2分

  • HP:はなをり公式サイト (空室確認、さまざまなプランなども掲載されています)
  • Instagram:はなをり公式Instagram

>>>箱根・芦ノ湖 はなをりの情報を【じゃらん.net】で詳しく見てみる
>>>箱根・芦ノ湖 はなをりの情報を【楽天トラベル】で詳しく見てみる

※この記事は2020年1月に取材した記事です。期間限定の情報もありますので、最新情報は公式サイトをご確認ください

【はなをり一口メモ】

下記にはなをりのツアーを紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

>>> はなをりのツアーを見てみる

<ツアーの日数と費用>(関東発目安)

  • 旅行日数:2~3日間
  • ツアー費用:約15,000円~約60,000円

<ツアー・フリープランのメリット>

  • 【安い】
    ※個人手配より割安なケースあり
  • 【宿予約・乗り物予約の必要なし】

>>> はなをりのツアーを見てみる

>>>上記の国内ツアーで使えるお得なクーポンを見てみる

※ツアーは時期によって売り切れのケースがあります
※フリープランとは添乗員(ガイド)が付かないセットプランです(例:ホテル+飛行機・バスなど)
※上記は外部サイトへリンクします

▼関連記事:

プロフィール画像
この記事を書いた人
7(なな)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/04/29最終更新日:2020/04/29

Views:

神奈川のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.