たびこふれ

今年こそ行ってみたいヘルシンキは1人旅にもおすすめ!

記事投稿日:2020/02/20最終更新日:2020/02/20

Views:

成田空港から直行便で約10時間で行けるフィンランドの首都、ヘルシンキ。近年では北欧ブームやムーミンバレーパークの影響もあり、フィンランドはより身近になりつつある注目の旅行先です。

英語も通じ、他のヨーロッパに比べ治安が良好なヘルシンキは個人旅行や女性1人旅にもおすすめ!今回は短期間の滞在でも満喫出来るヘルシンキの様子を紹介します。

目次

無人でお手頃!好立地のオメナホテル

DSC_1271.JPG

今回ヘルシンキの滞在先に選んだのは、ヘルシンキ中央駅から徒歩10分ほどの超便利な立地が魅力のオメナホテル(Omena Hotel)。フィンランド国内の主要都市にチェーン展開している経済的ホテルで、フロントがない無人タイプ。物価が高いフィンランドで無駄を省いてリーズナブルに、かつ便利な立地に泊まりたい人におすすめのホテルです。宿泊者以外はホテルに入れないなどセキュリティーがしっかりしているので、1人旅から子供連れの家族、友達やカップルも気軽に泊まれます!

Omena(オメナ)とはフィンランド語で「りんご」の意味だそう。りんごの看板が目印のホテル入り口を発見。入り口→エレベーター→部屋まで、宿泊前にメールで送られてくる暗証番号を入力しながら辿り着きました。

➁77.jpg

インスタントコーヒー、紅茶のティーバッグ、ポット、電子レンジ、ミニ冷蔵庫が備え付けられてあり近くにはスーパーもあるので個人旅行には最適な宿泊先。

ちなみにバスタオル、フェイスタオル、ドライヤーも付いている上、Wifiも使えるので何も不自由することなく快適に過ごすことが出来ました。

③.JPG

ショッピングセンターが目の前にあるとは思えないほど静か。寝具もふかふかでぐっすり眠れました!!!

④.JPG

ヘルシンキ到着翌日は快晴!街歩きに最適な天候です。

Omena Hotel Helsinki City Centre

ショッピングセンターForumはお土産探しの宝庫!

⑤.JPG

宿泊先のホテル(Omena Hotel)の目の前にあるショッピングセンター、Forum(フォルム)。北欧ファッションブランドショップをはじめ140店舗以上が入っており、カフェやレストランもあるのでゆっくり買い物を楽しめます。

⑥.JPG

Forum内にもありました、ムーミンショップ!客層は観光客よりも圧倒的に地元の人が多く、フィンランド人にもムーミングッズが人気なのを実感しました。

⑦.JPG

こういった現地人向けショッピングセンターだと、セールも頻繁にしているのでお土産探しにも最適!

⑬.JPG

スウェーデンの大手ファッションブランド、Mango、LINDEX、Indiska、Gina Tricotもあり最新の北欧ファッションの動向を知ることが出来るでしょう。

12.JPG

ファッションだけではありません。気軽に入れるショッピングセンターにも関わらず、Forumには上質なフィンランド雑貨やインテリアも豊富!そのうえ月曜~金曜までは夜21時まで営業と、夜遅くまで営業しているのも魅力です。

ヘルシンキでお土産探しに困ったら是非立ち寄られてみてはいかがでしょうか。

Forum

  • 住所:Mannerheimintie 14-20, Helsinki、00100 、Finland
  • 営業時間:月~金:10時~21時、土曜:10時~19時、日曜:12時~18時
  • HP:https://www.forum.fi/en/

市内の移動はデイチケットを買っておくと便利

⑩.JPG

バス、地下鉄、トラムと公共交通機関が充実しているヘルシンキ。首都にも関わらず、とてもコンパクトな街なので徒歩でも移動は出来ますが、時間が限られた旅行中はより効率的に移動したいものですよね。

そこで旅行者におすすめなのがバス、地下鉄、トラムを全て乗れるデイチケット。1日~7日から選ぶことができます。そしてゾーンごとに料金が異なりますが、旅行中 何度も移動する場合にはとても便利。デイチケットやシングルチケットはいずれも中央駅のインフォメーションセンター、キオスク、各停留所の自動発券機で購入可能です。

DSC_1324.JPG

今回は、ヘルシンキ中央駅→ヘルシンキ大聖堂→ヘルシンキのメインストリート「エスプラナード通り」→港と主要な観光名所を網羅しているトラムを利用しました。

ヘルシンキ市民の移動手段は電動キックボードが主流?

DSC_1322.JPG

ヘルシンキの至る所で見かけたのが電動キックボード。シェア自転車に加え、シェア電動キックボードも人気のようです。アプリをスマートフォンにダウンロードして、好きな場所で乗り捨て可能とのこと。バスやトラムよりも細かな場所にスムーズに移動したい人にとっては便利なシステムですね!

ヘルシンキの名所!ヘルシンキ大聖堂とエスプラナード公園

14.JPG

ヘルシンキの名所といったらここ、ヘルシンキ大聖堂!18世紀に建てられロシア統治時代からフィンランドの歴史と平和を見守っているフィンランドの象徴ともいえる建造物です。

15.JPG

意外と急な大聖堂前の大階段!!!階段をのぼっていくと空が広いヘルシンキ市内を見渡すことが出来ます。豪華さや煌びやかさはないものの、白くて上品な大聖堂の圧倒的な存在感を肌で感じました。

21.JPG

街の中心部に位置しているヘルシンキ大聖堂から徒歩5分ほどで、ヘルシンキを代表するショッピングストリートとしても名高いエスプラナード公園(Esplanadparken)エリアがあります。お洒落なカフェ、レストラン、イッタラやアラビアなど日本人に大人気のフィンランドブランドのお店が密集していて夏は特に旅行客で賑わいます。

⑧.JPG

ロシア統治時代の名残りが残る建物が目を楽しませてくれます。ヘルシンキはこじんまりとしていて初めて来ても分かりやすく、海外旅行初心者にもおすすめの旅先です。

22.JPG

エスプランド公園(Esplanadparken)付近にはヘルシンキ市内唯一のムーミンカフェが。

12.JPG

店内には子ども用プレイコーナーもあり子連れのパパ・ママ達にも優しいカフェになっていました。子供から大人まで時間を忘れて癒しのコーヒータイムを満喫出来そうです。

Mumin Kaffe

「かもめ食堂」にも登場するマーケット市場

⑯.JPG

最後に紹介するのは港にあるSalutorget(サル―トリエット)、日本語にするとマーケット市場。夏~秋の間は特に新鮮な魚介類や地元で採れたキノコ・ベリー類が売られ、観光客や地元住民の人が集まり活気が溢れるスポットです。

⑱.JPG

映画「かもめ食堂」にも出てくる市場なのでフィンランド好きの人は一度は訪れてみたい場所のはず。

⑰.JPG

トナカイの皮や手作りの木製雑貨などフィンランドを代表する民芸品がずらり。物珍しい商品が目を楽しませてくれます。ちなみにマーケットでの支払いは現金ではなくクレジットカード払いでした。

DSC_1310.JPG

病みつきになるフィンランド名物ミートパイ

19.JPG

市場で何を食べようか迷っていた時に偶然目に入ってきたミートパイ。フィンランド名物&伝統の味ということもあってさっそく購入し食べてみました。

20.JPG

ふかふかなパンの中にジューシーな肉が!カレーパンとピザマンを混ぜたような(?)懐かしい味!病みつきになる味でもう一つ注文してしまいました。

しかもボリュームたっぷり!空腹が一気に満たされました。

25.JPG

ミートパイにハマるのは人間だけでは無いようで...カモメにミートパイを襲われる観光客も。カモメが虎視眈々とミートパイを狙っているので食べ歩きの際には充分注意しましょう!

プロフィール画像
この記事を書いた人
KANAE.T
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/20最終更新日:2020/02/20

Views:

フィンランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.