たびこふれ

ラマダン時期のドバイってどうなの?

記事投稿日:2020/01/13最終更新日:2020/01/13

Views:

今回、念願だったドバイに行ってきました!

「ラマダン」の時期(5/12~17)に行きましたが、移動・観光・食事など実際にどうだったのか、この時期ならではの楽しみ方をお伝えしたいと思います。

(※「ラマダン」とは、多くのイスラム教徒が日中に断食をする事です。[2019年度は5/5~6/4] )

目次

ラマダン時期の込み具合について

6.JPG

ツアー等でラマダン時期について表記されていると、何かデメリットがあるのではないかと思う方もいるかと思います。

しかし、実際に行くと有名な観光施設は通常の休館日以外閉まっているところはほとんどありません。

逆に観光客も少なく、どの場所もスムーズに入れるので逆に大きな『メリット』だと思いました。

7.JPG

【移動】航空機は<直行便>が飛んでいる「エミレーツ航空」がオススメ!

1と2の間 EK-エアバスA380.JPG
<エミレーツ航空 エアバス【A380】>

2018年10月28日より、総2階建ての大型旅客機エアバス【A380】を導入!

関西国際空港⇔ドバイまでは「直行便」が飛んでいる「エミレーツ航空」が一番オススメです♪

【往路】約10時間30分/【復路】約9時間15分
乗って降りたら直ぐに目的地っていうのがいいですね。

2.EK-Yクラス.JPG
<エコノミークラスシート>

エコノミークラス399席の広々とした座席、ビジネスクラス76席の完全フラットベッド座席、ファーストクラス「プライベート・スイート」の14席を含む3クラスの構成の合計489席となります。

3.EK-Cクラス.JPG
<ビジネスクラスシート>

機内アメニティも充実しており、最新の映画やライブテレビ、スポーツ、音楽など、約4,500チャンネルのビジュアルエンターテイメントも提供されます。

4.EK-Fクラス.JPG
<ファーストクラスシート>

5.EK機内ラウンジ(人が映っているので加工してください).JPG
<機内ラウンジ(ビジネスクラス/ファーストクラス専用)>

また、ビジネスクラスとファーストクラスは全て2階にあり、後方にはとっておきの「機内ラウンジ」を利用することができます。

5と6の間.EK-Fクラスシャワールーム.JPG
<ファーストクラス シャワールーム>

さらにファーストクラスには専用の「シャワールーム」まで付いているので驚きです!
空の旅がさらに充実したものになるの間違いなしです!

>>>エミレーツ航空について詳しくはこちらから(公式サイト)
>>>エミレーツ航空のチケットを探してみる(スカイスキャナー)

【観光.1】1番オススメの観光スポット、世界一の高さを誇る「バージュ・カリファ」

続いて各観光スポットについてご紹介します。

8.JPG

1.バージュカリファ.JPG

一番外せない観光と言えばここ!世界一の高さを誇る「バージュ・カリファ」なんと高さ828m!

124階にある展望ポイント「アット・ザ・トップ」は格別の景色でした!

9.JPG

「アット・ザ・トップ」に、最新のVR体験ができる所がありました(別途料金要)。

その内容は特殊な装備を身に付け、バージュ・カリファの頂上に行き、そこから飛び降りるとパラシュートが開いて着地するというもの。

あまりにもリアルでした。。。

10.JPG

興味があれば一度体験してみてはいかがでしょうか!?

この時期だからか並ばず直ぐに体験できたのもよかったです。

アット・ザ・トップ(At the Top)[バージュ・カリファ(Burj Khalifa)]

  • 営業時間:8:30-22:00(月曜日~日曜日)※最終受付は45分前
  • チケット:大人:149AED~、子供(4~12歳):114AED~、幼児(4歳未満):無料
    ※オンラインにて事前購入可能

>>>バージュ・カリファについて詳しい情報やアット・ザ・トップのチケット事前購入はこちらから(公式サイト|英語ページ)

【観光.2】令和元年5月にギネス認定!世界最大の額縁「ドバイフレーム」

11.JPG

続いてのおすすめスポットは令和元年5月に「世界最大の額縁」としてギネス認定された、ドバイの新名所「ドバイフレーム」!

ゴールドの巨大な四角いフレームの高さ150m×幅93mとSNSでも数々の投稿があり、写真映えするスポットとしても注目を集めています。

12.JPG

中に入ると、【過去・現在・未来】へ続くドバイの歴史を知ることができます。

また、展望台にも上ることができ、そこでは「オールド・ドバイ」と「ニュー・ドバイ」が一望できます。

13.JPG

そして、一番注目してほしいのが「床」です!

クリスタル製の透明ガラスになっており、降りるまで空中を散歩している気分になります。

ドバイフレーム(Dubai Frame)

  • 営業時間:9:00-21:00(月曜日~日曜日)
    ※ただしラマダン時期や祝日は営業時間に変更の可能性あり
  • チケット:大人:50AED、子供(3~12歳):20AED、幼児(3歳未満):無料
  • 障がいをお持ちの方と付き添いの方(最大2人まで):無料
    ※オンラインにて事前購入可能

>>>ドバイフレームについて詳しい情報やチケットの事前購入はこちらから(公式サイト|英語ページ)

【観光.3】世界一と言われる噴水ショー「ドバイ・ファウンテン」!

2009年5月にオープンした世界最大の噴水!

噴き出す水は高さ150m、噴水の長さは275mに達し世界最大です。

14.15.JPG

大迫力の噴水ショーはドバイに来たら絶対に押さえておきたい観光の一つです!

今回は、レストランの一角から鑑賞しましたが、現地ガイド曰くラマダン時期なのでいつもより少ないとの事でした。

>>>ドバイ・ファウンテンについて詳しくはこちらから(英語ページ)
>>>ドバイ・ファウンテンのショースケジュールについてはこちらから(英語ページ)

【観光.4】世界最大級のショッピングモール「ドバイ・モール」を楽しむ!

26.JPG

ドバイ水族館や 水中動物園、スキー場、体験型アトラクション、世界各国の料理が楽しめるレストラン、現地のお茶文化が楽しめるカフェ等、1日ではまわりきれない「ドバイモール」。
(※総面積:約34万坪(東京ドーム約23個分)、店数:約1,200店、年間:約9,200万人)

27.JPG

ラマダン時期はかなり空いており、ゆっくりお買い物を楽しむことができます。

また、通常は観光客でいっぱいの水族館もラマダン時期だとこんな感じで間近で見ることもできます。

ドバイモール

  • 営業時間:10:00~0:00(月曜日~日曜日)
    ※ラマダン時期などは営業時間に変更あり

>>>ドバイモールについて詳しくはこちらから(公式サイト|英語ページ)

【観光.5】他にも見所がもりだくさん!

ドバイでは様々な観光スポットがたくさんあります!

定番の観光地となっている、世界最大のゴールドリングがある「ゴールド・スーク」、活気あふれる市場「スパイス・スーク」、歴史や史跡について学べる「ドバイ博物館」、ドバイ・クリークを、水上からのんびり眺める「アブラ乗船体験」、世界最大の人工島「パーム・ジュメイラ」等 見所がたくさんあります!

16.JPG
ゴールド・スーク

ゴールド・スーク

  • 営業時間:
    10:00~22:00(土曜日~木曜日)※ただし大体のお店が13:00~16:00に閉まります。
    16:00~22:00(金曜日)

17.JPG
<スパイス・スーク>

スパイス・スーク

  • 営業時間:
    10:00~22:00(土曜日~木曜日)※ただし大体のお店が13:00~16:00に閉まります。
    16:00~22:00(金曜日)

18.JPG
アブラ乗船体験

>>>アブラ乗船体験について詳しくはこちらから(ドバイ政府公式サイト|英語ページ)

19.JPG
世界最大の人工島「パーム・ジュメイラ」

【食事】ドバイの食事について

28.JPG

ラマダンの期間、観光客も現地の人と一緒に断食をしないといけないのか、不安ですよね。

観光客については全く心配ありません!!

29.JPG

観光客用のレストランは通常通りあいている所が多く、食事に困りませんでした。

ただ、パーテーションで仕切られている店が多いです。

後は、お昼にお酒を飲めないぐらいがデメリットでしょうか。

それ以外は逆に「ラマダン期間」だから困るような事はありませんでした。

【体験.1】ラマダン時期ならではの「イフタール体験」

20.JPG

「イフタール」は断食を解く食事(日没時)を意味します。
(※ちなみに断食が始まる前の時間帯を「スフール」と言います。)

日没後、お祈りの時間をお知らせするアザーンが鳴ると夜の時間の始まりで、ラマダンの時期は、どの家庭でも豪華なイフタールが用意され、家族や親せき、友人たちと一緒に食卓を囲むのが一般的です。

今回、ラマダン時期ならではの「イフタール体験」をしました♪

21.JPG

【体験.2】デザートサファリ体験がオススメ!砂漠でのアトラクションやショーも満喫!

22.JPG

ドバイに来たら是非「デザートサファリ」を体験してみてください!

4WDで砂漠をドライブした後、砂漠のキャンプサイトでのビュッフェや砂漠ならではのアクティビティもあります。

23.JPG

鷹との撮影や砂漠バイク、砂漠サーフィン、ベリーダンスショー、星空鑑賞などアラビアンナイトを楽しめる内容が充実しています。

24.JPG

25.JPG

最後に

30.JPG

最後までご覧いただきありがとうございます。

ラマダン時期のドバイに行ってきましたが、困るようなことは何もありませんでした。

逆に観光客も少なく存分に観光やショッピングなど満喫できます。
混雑が苦手な方は是非ラマダン時期のドバイに行ってみてはいかがでしょうか?

オススメですよ♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
すさっち
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/01/13最終更新日:2020/01/13

Views:

アラブ首長国連邦のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.