たびこふれ

イタリアのリゾート地コモ湖を学生一人旅!滞在レポートを紹介します

記事投稿日:2019/10/13最終更新日:2019/10/13

Views:

イタリアを代表する避暑地、リゾート地として有名な「コモ(Como)」。こちらがリゾート地として親しまれている理由は、イタリアで3番目の面積を誇るコモ湖の存在です。この湖を中心に町が形成されており、周辺には有名俳優が別荘を持っていることでも知られています。

コモではのんびりとした観光だけでなく、トレッキングや湖水浴などアクティビティを楽しむことも可能。実際にコモを一人旅した私が、余すところなくその魅力を紹介いたします。

目次

1. コモへのアクセスは?

コモ-イタリア-観光-一人旅-01.jpg

コモへのアクセスは、ミラノ中央駅から直行の電車で40分ほど、乗り継ぐ場合は1時間ほどで着きます。コモには「サン・ジョヴァンニ(Como San Giovanni)駅」と「ラーゴ(Lago)駅」の2つがあります。

Googleマップ:サン・ジョヴァンニ駅

どちらに着くかは電車の出発地にもよりますが、いずれもコモ中心地のそばなので安心です。また、ミラノ・マルペンサ空港からもバスや電車で直接向かうことができます。交通手段について詳しく調べたい方は、トレニタリアのホームページをチェックしてみてください。

2. コモでできることって何?実はアクティビティが充実!

コモ-イタリア-観光-一人旅-02.jpg

コモというと、のんびりとしたリゾート地のイメージがあるかもしれません。実際に、身なりの良い家族や熟年カップルなども見かけました。しかし当時学生で一人旅だった私はのんびりせず、コモ湖周辺をがんがん歩き回っていました。特に楽しかったのは、トレッキングと湖水浴です。

2_1. コモの山中トレッキング

コモ-イタリア-観光-一人旅-03.jpg
<コモの町から乗れるケーブルカー。>

コモ湖は周囲を山に囲まれており、さまざまなコースでトレッキングを楽しめます。町の東側、市街地から向かって右側には、標高約750mのブルナーテ山(Monte di Brunate)の急斜面に沿うようにしてケーブルカーが設置されており、降りた先からトレッキングをスタート。

コモ-イタリア-観光-一人旅-04.jpg

訪問時は夏真っ盛りの7月、イタリアはどこも猛暑でいても立ってもいられないもの。ですが水辺にあって緑溢れるコモはどこも涼しく、木陰で休憩していると肌寒く感じるほどでした。

この気候であれば、ゆっくりと散歩するのにもぴったりです。少し坂道が多いのですが、多くの道は舗装されているので安心。

コモ-イタリア-観光-一人旅-05.jpg
<トレッキング中に見つけた、コモ湖を遠くまで見渡せる展望スポット。>

30~40分ほど歩くと、山の中腹の開けたスポットからコモ湖を拝むことができます!ここからの景色はコモのハイライトとして印象に残りました。私はコモに着いてすぐにトレッキングを開始。往復1時間半前後のトレッキングでした。

コモ湖のケーブルカー基本情報

コモ-イタリア-観光-一人旅-06.jpg
<砂利道をひたすら上っていきます。>

続いて、もう一つ印象に残ったコモの景色をご紹介。コモに住んでいるイタリアの友人から「湖岸から塔みたいなものが見えるだろ?あれはコモの古城で、そこから見える景色が素晴らしいんだ」と教えてもらったので、そこまで歩いていきました。

コモ-イタリア-観光-一人旅-07.jpg
<通り道で見かけた馬。>

こちらの道は全く舗装されていないため、ひたすら砂利道を30分ほどかけて登り続けます。なかなか疲れる道のりでしたが、放牧されている馬を見かけてほっこりしながら、やっとの思いで到着。

コモ-イタリア-観光-一人旅-08.jpg
<バラデッロ城の入り口。かなり古びた雰囲気です。>

この古城は「バラデッロ城(Castel Baradello)」と呼ばれており、中では学芸員さんによるガイドを受けることができます。コモはもともと中世にロンバルディア同盟の領土になるまで、ずっと独立を守り続けてきた国家で、この古城はその当時から利用されてきました。

コモ-イタリア-観光-一人旅-09.jpg
<城内では、当時の貴族の洋服や装備品、金貨などが飾られています。>

そして、現在は展望台として利用されている城の屋上に上がると......。

コモ-イタリア-観光-一人旅-10.jpg

素晴らしい景色が広がっていました!屋根のオレンジと自然の緑と青のコントラストがとっても素敵ですね。この日は快晴で遠くの山まで見渡すことができ、ついたくさん写真を撮ってしまいました。

コモ-イタリア-観光-一人旅-11.jpg

先ほどの写真とはまた違った趣があって、私も大好きです。この城に来る日本からの観光客が少ないせいか、学芸員さんは私にいろいろと興味を持ってくれました(笑)。

こちらは城の観光なども合わせて、1時間半くらいのトレッキング。ちなみに売店などはないため、散歩を始める前に必ず飲み物を買っておきましょう。けっこう喉が渇きました。

基本情報

2_2. 静かに遊べる湖水浴

コモ-イタリア-観光-一人旅-12.jpg
<オッスッチョのビーチ。>

コモの町からバスで30~40分ほど移動した「オッスッチョ(Ossuccio)」という小さな町には、地元住民やちょっとニッチな観光客が楽しむ湖水浴場があります。

コモ-イタリア-観光-一人旅-13.jpg

若者はだいたい友達と遊びに来ていたので、1人でいることに若干気恥ずかしさも感じました(笑)。それでも、「俺はこの辺に住んでるんだぞ」というくらいに堂々と、湖を泳いだりビーチタオルを引いて砂浜に寝そべったりして楽しみました。

コモ-イタリア-観光-一人旅-14.jpg

通常、ホテルやバーなどに併設される湖水浴場または海水浴場は、パラソルやロングチェア、ロッカーなどがありますが、こちらは地元の人が中心に利用する無料の場所。そのため、一切そうした設備はありません。

湖で泳ぐために必要なタオルや日よけは自分で持ち込みましょう。また、泳いでいる間も持ち物は常に目の届くところに置いておきましょう。

3. コモで食べて美味しかったもの

当時のコモ湖旅行は、貧乏学生の一人旅だったのであまり豪華なものは食べることができませんでしたが、代わりにコモ在住のイタリア人に紹介してもらって訪ねた、オススメのお店をご紹介いたします。

地ビールが美味しいピッツェリア

コモ-イタリア-観光-一人旅-15.jpg

コモの中心から少し離れたところにある、ちょっとおしゃれな雰囲気のピッツェリアが「125 ピッツェリア&バール(Centoventicinque Pizzeria & Bar)」です。

ほとんど地元の人しかいない店で、店員さんも私のような観光客が来たことが不思議だったのか、「どこから来たの?」「何してるの?」といろいろと質問してきました。もしかしたら、この店に日本人が来たのは初めてだったのかもしれませんね。

コモ-イタリア-観光-一人旅-16.jpg

窯で焼いたピッツァがパリパリでとっても美味しかったこのお店ですが、併せて頼みたいオススメは地ビール。普通のレストランやピッツェリアではなかなか味わえないビールをいくつも用意していて、「こんなのが飲みたい」と伝えるとセレクトしてくれました。

料金はピッツァとビールで12ユーロ(当時)だったので、学生の一人旅にはぴったりだと思います。

基本情報

  • 名前:125 ピッツェリア&バール(Centoventicinque Pizzeria & Bar)
  • 住所:Via Borgo Vico, 125, 22100 Como CO, イタリア
  • 営業時間:月~木:12:00-14:30/金:12:00-14:30・18:00-00:00/土日:18:00-23:45
  • 価格帯:10~20ユーロ
  • 公式Facebook:https://www.facebook.com/CentoventicinqueBarPizzeria/

4. コモで一人旅したときに泊まったホステル

コモ-イタリア-観光-一人旅-17.jpg

最後に、私がコモ一人旅で2泊滞在したホステルを紹介して終わりたいと思います。コモの中心地から15分ほど歩いた場所にある、家族経営の「オステッロ・ヴィッラ・オルモ(Ostello Villa Olmo)」。このホステルは、ミラノの有力貴族であるヴィスコンティ家の別荘であるヴィッラ・オルモの敷地内にあります。

私が滞在した7月はイタリアの学校が夏休みに入っていたので、小学生くらいの娘さんがレセプションや朝食の準備をしてくれて、とてもアットホームな雰囲気でした。

コモ-イタリア-観光-一人旅-18.jpg
<ホステルから歩いて2~3分で湖に着きます。夜はゆったりとした時間が流れていました。>

コモのリーズナブルな楽しみ方やバスの乗り方など、いろいろと親身に教えてくれるので、コモ観光のインフォメーションセンターとしても最高でした!

最後に

家族や恋人とバカンスを楽しむリゾート地としての印象が強いコモですが、一人旅でも十分に楽しめると思います。夏のコモは本当に美しい風景なので、北イタリア旅行の際にはぜひ足を運んでみては。

※写真撮影:ゆうさん(出典:BUONO!ITALIA)
※編集部註:掲載情報はライター訪問時のものです。最新情報は各種公式サイトをご確認ください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ゆうさん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/10/13最終更新日:2019/10/13

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.