たびこふれ

【ドバイから約1時間】ラスアルハイマでリゾートを満喫

記事投稿日:2019/12/11最終更新日:2019/12/11

Views:

アラブ首長国連邦の最北部に位置する「ラスアルハイマ」。海と砂漠だけでなく、UAE内ではめずらしい平原と山岳地帯が広がる緑豊かな地といわれています。ドバイ国際空港から車で約1時間の距離にあり、ドバイだけでは物足りない旅行者にぴったりのステイ先です。

今回はご紹介するのは、ラスアルハイマにあるビーチフロントリゾート「ウォルドルフ・アストリア・ラスアルハイマ(Waldorf Astoria Ras Al Khaimah)」。5つ星ホテルでありながら比較的リーズナブルに宿泊でき、UAEのリゾートを満喫できると人気のホテルです。

目次

ドバイ国際空港から1時間!ウォルドルフアストリアへ到着

IMG_6050.JPG

ドバイから、シャルジャ、アジュマン、ウンム・アル・カイワインを抜け、ラスアルハイマに向かいます。空港から車・タクシーで約1時間ほど。タクシーだとおよそ200Dhs(約6,000円)、Uberだと230~300Dhs(約6,600円~9,000円)程度です。

IMG_6052.JPG

ウォルドルフアストリアに到着。ちなみにウォルドルフアストリアはヒルトングループの高級ホテルで、ニューヨーク発祥とのこと。

IMG_6054.JPG

大型リゾートホテルのため、ロビーラウンジはかなり広くゴージャスなつくりになっていました。宿泊費は平日だと1泊600Dhs(約18,000円)~、週末だと1泊1,000Dhs(約30,000円)~と5つ星ホテルにしてはかなり控えめな価格設定になのも人気の理由のひとつだと思います(上記は朝食なし、キャンセル不可、手数料・税金を含まない金額)。

IMG_6152.JPG

アメニティはフェラガモ、ウォークインクローゼット完備

14:00にチェックインし、部屋に案内されました。

IMG_6063.JPG

清潔感があり、かなり綺麗でした。小さな部屋でも56平米なので日本のホテルよりもだいぶゆったりしています。

IMG_6056.JPG

バスルームはバスタブとシャワールーム付きです。

IMG_6058.JPG

そしてアメニティはフェラガモと、女性ならテンションが上がること間違いなし!

IMG_6062.JPG

メイクルーム兼ウォークインクローゼットもありました。別室になっているので朝の準備ものんびりできそうです。そのほか、ネスプレッソマシーンやケトル、紅茶類も充実の品揃えでした。

IMG_6060.JPG

プライベートビーチにプールに遊びたい放題!

庭に出ると、まさにリゾート!お子さん連れの方が多く、プールが大人気でした。

IMG_6102.JPG

IMG_6108.JPG

プールエリアだけでもかなり広いので1日中遊べそうです。もう一つ離れた場所に大人用のプールもあるので、ニーズによって使い分けできますね。

IMG_6091.JPG

もちろんプライベートビーチも完備!パラソルやタオル類はすべて無料です。途中でミニジュースを配ってくれたり、ウォーターサーバーがあったり、サービスもさすが5つ星ホテルです。有料のウォータースポーツもあるので、気になる人は直接スタッフに内容を聞いてみましょう。

IMG_6092.JPG

プールサイドにはバーカウンターがあり、フードやアルコール類、モクテル、フレッシュジュースなどが注文できます。支払いは部屋付けにできるため、手ぶらで行ってもOK!SNS映え必至のココナッツに入ったジュースもありました。

和食レストランで日本さながらの寿司を味わえる

IMG_6069.JPG

ホテル内にはいくつもレストランがあり、その中でも人気なのが和食レストランの「UMI」。日本から空輸した鮮魚を使った寿司を、日本人の板前さんが目の前で握ってくれるそうです。UAEにいながら日本さながらのクオリティを楽しめるなんて素晴らしいですね。

IMG_6078.JPG

揚げ出し豆腐や鱧のから揚げ、ホタテのグリルなど焼き物も豊富です。お寿司のほかに、カルフォルニアロールといった創作巻物もありました。旅行中、和食が恋しくなったらぜひ行ってみてください。

和食以外にも気分にあわせて選べるレストラン

IMG_6080.JPG

和食レストラン以外には、ステーキハウスや中東料理、バーラウンジなどがあり、その日の気分によって選べるのが嬉しいところ。そして食事に関して特筆したいのが、朝食ビュッフェの品揃えの多さです!

IMG_6082.JPG

ドバイではめずらしく豚肉のハムやソーセージ、ベーコンも置いてあり、ライブキッチンも複数完備。ペストリーやデザート、フルーツもたくさん種類がありました。

IMG_6083.JPG

スムージーだけで5種類!このほか、フレッシュジュースもあり、コーヒー・紅茶はテーブルにサーブしてくれます。

IMG_6085.JPG

その上お昼近くまでモーニング扱いのため、寝坊しても問題なし!ブランチ代わりとして使えるのもいいですね。

IMG_6148.JPG

メインの朝食会場が混みあっている場合は、ステーキハウスも開放しています。品数はメインの会場と比べると少な目ですが、それでも十分なほど。

IMG_6151.JPG

朝食なしプランとの料金差は1部屋につき100Dhs(約3,000円※)程度だったので、ぜひ朝食付きプランをオススメします。

朝から晩まで家族で楽しめるウォルドルフアストリアにぜひ宿泊してみてはいかがでしょうか。

ウォルドルフ・アストリア・ラスアルハイマ/والدورف أستوريا رأس الخيمة

  • 住所:Vienna Street, Ras Al Khaimah, U.A.E

▼ウォルドルフ・アストリア・ラスアルハイマについての詳細は下記サイトから:

※1Dhs=30円で算出(2019年10月時点)

※2019年10月時点の内容で、今後変更になる可能性がございます。最新の情報・料金等は直接ホテルまでお問合せください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
M.F
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/12/11最終更新日:2019/12/11

Views:

アラブ首長国連邦のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.