たびこふれ

「セスナ」から大阪・仁徳天皇陵(大仙陵古墳)と百舌鳥・古市古墳群周辺を見てみた。

記事投稿日:2019/07/05最終更新日:2019/08/08

Views:

目次

ふらふらっと八尾空港に行ってみた。

初夏の晴天の日、ふらふらっと八尾空港に行ってみた。 そこからセスナに乗って、仁徳天皇陵(大仙陵古墳)を空から見てみた。

①仁徳天皇陵(大仙陵古墳).jpg
<空から見た仁徳天皇陵(大仙陵古墳)>

八尾空港

②八尾空港.JPG

阪神飛行学校の滑走路としてスタート。 戦時中は大日本帝国陸軍が利用し、戦後に八尾飛行場となり現在の名称は八尾空港。 年間着陸約13,000回・約180機のセスナやヘリコプターが常駐し、日本では比較的珍しい2本の交差滑走路(1,490mと1,200m)を持つ。

③八尾空港案内板.JPG

空港の敷地を歩くと、「第一航空」・「遊覧飛行」の看板を発見。 セスナに乗れるかも?

④第一航空.JPG

「当日でいきなりですがセスナに乗れますか?」と尋ねると、 『天候によってはNGですが、今日の天気ならOKです。』の回答。では、さっそく搭乗手続き。

⑤搭乗手続.jpg

⑥搭乗券.jpg

2階に上がって、ボディチェック。

⑦ボディチェック.jpg

格納庫を通って滑走路へ。

⑩第一航空格納庫.JPG

これが今から乗る、セスナ式172P型(愛称:スカイホーク)

⑪セスナ式172P型機.JPG

では搭乗。おぉ~、コックピット。

コックピット(cockpit)→元々、鶏(cock)を囲む(pit)闘鶏場(小さな戦場)のことで、近年になり飛行機の操縦席をさすようになった。

⑫コックピット.JPG

離陸します。 離陸・着陸時は、電子機器の使用が禁止やそうです。

写真は、離陸後すぐの松原ジャンクション。

⑬松原JCT.jpg

大和川に沿って、大阪市内が一望。

⑭大阪市内.JPG

到着。 仁徳天皇陵(大仙陵古墳)→エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の一つで、日本最大の前方後円墳。

最大長:840m、最大幅:654m、面積:121,380㎡。
被葬者は不明で、百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)・仁徳天皇の陵墓とされている。

2019年7月6日に、「百舌鳥・古市古墳群(もず・ふるいちこふんぐん)」として、世界遺産に登録されました。

では、セスナからの動画でどうぞ。

続いて、古市古墳群上空へ。

⑯古市古墳群.JPG

古墳だらけ。ようさんあるやん。世界遺産登録されてないものも含めると87基が現存するそうや。

⑰古市古墳群.JPG

⑰.JPG

あらもう終わり..。

⑱生駒山.JPG

八尾空港が見えてきた。

⑲八尾空港.JPG

約20分の空の旅でした。

基本情報

第一航空株式会社 八尾事業本部

【百舌鳥・古市古墳巡り(1フライト3名まで搭乗可)】

  • ショートコース(15分):22,500円(税別)
  • ロングコース(22分):33,000円(税別)

⑳駐機場.JPG

ん。次は、ヘリコプターにも乗ってみたいな。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
焼売
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/07/05最終更新日:2019/08/08

Views:

大阪のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.