たびこふれ

【大阪今昔物語】木津川飛行場跡

記事投稿日:2019/07/09最終更新日:2019/07/09

Views:

目次

大阪に伊丹空港でも関西空港でも八尾空港でもなく...飛行場があったそうです

大阪府大阪市の記事を見ていて大昔に木津川(きづがわ)飛行場が存在していたことを知り、早速、行ってきました。場所は、大阪府大阪市大正区。今は新木津川大橋のループ入口に碑があるだけです。もちろん飛行場の痕跡はなく、ひっそりとしています。

【木津川(きづがわ)飛行場記念碑】

碑には下記の通りの記述があります。

『わが国の近代航空技術は大正7年(1918年)頃から急速に開発が進み、あわせて飛行場も必要になってきました。大正11年(1922年)からは空の定期貨物輸送も始まり、大阪から東京、徳島、高松、別府などへの路線が次々と開設されましたが、当時はまだ木津川河口や堺の水上飛行場を利用していました。木津川河口に陸上飛行場が構想されたのは大正12年(1923年)頃からです。昭和2年(1927年)に着工し、昭和4年(1929年)には未完成のまま、東京・大阪・福岡間に1日1往復の定期旅客便が就航しました。しかし、市街地からの交通の便が悪く、地盤不良で雨天時の離着陸も困難であった為、昭和9年(1934年)の八尾空港、昭和14年(1939年)の伊丹空港完成により、その役割を終え、昭和14年(1939年)には閉鎖されました。』

2013-2014年 201.JPG

木津川飛行場位置図(記念碑より)

2013-2014年 203.JPG

木津川飛行場画像(記念碑より)

2013-2014年 202.JPG

木津川飛行場跡の碑

  • 住所:大阪府大阪市大正区船町1丁目3-35

新木津川大橋

ところで、新木津川大橋は車と歩行者が渡れる橋です。船舶も通過するのでかなり背の高い橋です。このようにループを上っていきます。僕は自転車で息を切らしながら上りました。

IMG_1515.jpeg

もう一息!

IMG_1516.jpeg

そして橋へとたどり着きます。

IMG_1517.jpeg

橋の中央からは大阪市内を見渡せる絶景スポットです。でも、車は駐停車できませんので、ご注意を。

IMG_1518.jpeg

大阪の空港は伊丹空港が昔からある空港と思っていたのですが、その昔に木津川飛行場があったのには驚きです。それも昔は水上飛行機が飛んでいたなんて...。島国である日本では珍しくないのかもしれませんが。

【続く】

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/07/09最終更新日:2019/07/09

Views:

大阪のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.