たびこふれ

ウィーンを代表する2大カフェ!ザッハとデメルの食べ比べ♪

記事投稿日:2019/01/13最終更新日:2019/01/13

Views:

目次

ザッハトルテとは

ザッハトルテとは、ウィーンを代表する伝統的なチョコレートのケーキです。

円形のケーキを意味するドイツ語の「トルテ(torte)」に、ケーキを考案した料理人「ザッハー(sacher)」の名前からこのケーキの名称が付いたんだとか。

濃厚で甘いこのケーキ。1832年の発売以来、今もなお地元っ子や観光客に愛されています♪

今回は、ウィーンの2大カフェ「ホテルザッハー」と「デメル」のザッハトルテを食べ比べてみました!

オリジナルを名乗れるのはここだけ!ホテルザッハーのザッハトルテ

まずは、ホテルザッハーのザッハトルテを頂きます♪

ホテルザッハーは、オペラ座の裏手すぐ、とてもアクセスのよい場所にあります。

観光で歩き疲れてひと休憩・・・なんてときにぴったりです。

ここ、ホテルザッハーのザッハトルテは、「甘い7年戦争」に勝利し、オリジナルのザッハトルテを名乗れる唯一のお店。

※甘い7年戦争とは※

「オリジナルのザッハトルテ」を名乗るため、ホテルザッハーとカフェデメルが裁判で争った事案のこと。

7年にも及ぶ裁判の末、ホテルザッハーが勝利しオリジナルを名乗る権利を獲得しました。

ケーキの上には可愛らしい丸いロゴ入りのチョコレートプレートが乗っかっています。

スポンジの間に甘酸っぱい杏子ジャムが挟まっていて、濃厚なチョコレートケーキにとっても合う!

添えられた生クリームには甘さはなく、箸休めに最適。

写真1.jpg

残念ながら日本には支店が無いので、このおいしさを味わいたい!という方はインターネットからお取り寄せ下さい!

ウィーン王室御用達!デメルのザッハトルテ

さて、お次はデメルのザッハトルテを頂きます。

デメルは高級ブランド店が立ち並ぶKohlmarkt(コールマルクト)という通りに位置しています。

夏にはオープンテラスが出て、店頭でアイスクリームが売り出されます。

フランス・ヨーゼフ1世の妻、エリザベートもデメルのお菓子をこよなく愛していたそうです。

デメルのザッハートルテは、スポンジの間に杏子ジャムを挟んだホテルザッハーの物とは異なり、ケーキの表面にのみ杏子のジャムが塗ってあります。

ホテルザッハーと同様、甘くない生クリームと一緒にケーキを頂くと、よりチョコレートの甘さが引き立ってたまりません^^

写真2.jpg

デメルは日本にも支店があるので、すぐにでも食べに行くことが出来ます!

高品質の材料にこだわるデメルのザッハトルテは、日本人にもファンが多いと言います♪

ホテルザッハーとデメル、是非食べ比べを♪

双方魅力がありとってもおいしいザッハトルテ!

ショップも併設しているので、お土産用にザッハトルテを持ち帰ることも可能です♪

また、ウィーンには2大カフェのホテルザッハーとデメルは勿論のこと、その他にもおしゃれなカフェがこの他にもたくさんあります!

是非、直接ウィーンに足を運び、お気に入りのカフェを探してみてください^^

写真3.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
まるか
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/13最終更新日:2019/01/13

Views:

オーストリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.