たびこふれ

大分県豊肥エリアの「温泉と自然・歴史」を満喫しました!

記事投稿日:2019/01/08最終更新日:2019/01/08

Views:

目次

豊肥エリアとはどのあたり?

大分県の南西部に位置し、竹田市と豊後大野市(ぶんごおおのし)から構成される地域が「豊肥(ほうひ)エリア」と呼ばれています。今回はエリア内のスポットをご紹介します。

日本一の炭酸泉「長湯(ながゆ)温泉 ラムネの湯」

②.jpg

③.jpg

温泉1L中に1,000mg以上の炭酸ガスが溶け込んでいるものを「炭酸泉」といい、1,000mg未満を「炭酸水素塩泉」というそうです。ラムネ温泉館はこの2種類の源泉を有しており、それぞれ外湯と内湯で楽しめます。設計は著名な建築家の藤森照信先生です。(夜景ですみません・・・。)

④.jpg

⑤.jpg

お湯に入るとぬるいお湯と熱めのお湯2種類があります。前述のぬるい方が「炭酸泉」、熱い方が「炭酸水素塩泉」でそれぞれ効能が違うそうです。

⑥.png

お湯につかるとすぐ大量の泡に包まれます!!ある温泉好きのドイツ人詩人が「いちばんきれいなのは炭酸泉。一万の真珠が肌につく。まるで露をむすんだ牧場のよう」と詠んだそうです。

⑦.jpg

こちらの温泉は飲むこともできるそうです。ちなみに私は血の味がしましたので鉄分不足でしょうか・・・?

ラムネの湯

■住所:大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
■電話番号:0974-75-2620
■ウェブサイト:http://www.lamune-onsen.co.jp/

沖縄の離島で出会ったお二人が始めたバー

⑧.jpg

温泉をでまして町中を歩いていると、ぽつんとあるバーを発見!

⑨.jpg

⑩.jpg

沖縄の離島で出会ったお二人がこの地を気に入ってお店を始めたそうです。2018年10月にオープンしたばかりなので、一度行ってみては?おすすめは地元産の「カボスんロック」。地元産の本格焼酎とかぼすを使用し、クラッシュアイスで楽しめます。美味しい!

ねはんや

■住所:大分県竹田市直入町大字長湯8005-3
■電話番号:0974-75-3988
■ウェブサイト:https://nehanya.wixsite.com/home

隠れ家的温泉宿の老舗旅館「大丸旅館」へ

⑪.jpg

宿泊は大正六年創業の老舗旅館「大丸旅館」へ。日帰り温泉部門トリップアドバイザーで2018年度全国2位にランキングインした隠れ家的温泉宿です。

⑫.jpg

⑬.jpg

お部屋も清潔で落ち着いた雰囲気の和洋室です。玄関で靴を脱いであがります。朝食のお粥は温泉水でつくられたオリジナルです。

大丸旅館

■住所:大分県竹田市直入町長湯7992-1
■電話番号:0974-75-2002
■ウェブサイト:http://www.daimaruhello-net.co.jp/

見ごたえのある壮観な景色の「岡城址」

⑭.jpg

翌日は竹田市の岡城址へ。こちらも、トリップアドバイザーの2018年お城ランキングで全国第5位!城址としては1位なんだそうです。城郭がないのにこの人気ぶり!

⑮.jpg

⑯.jpg

敵から攻めてこられても耐えうるように急カーブを作ったり、階段の高さも微妙に変えてあるそうです。(少しわかりづらいですが・・・。)

⑰.png

⑱.jpg

紅葉時期は少し過ぎましたが、まだまだ見ごたえのある壮観な景色が見られました。シーズンの夜にはライトアップもされて多くの観光客でにぎわいます。「荒城の月」で有名な滝廉太郎が幼少期に過ごしたことでも有名です。

岡城址

■住所:大分県竹田市大字竹田
■電話番号:0974-63-1541(岡城料金徴収所)
■ウェブサイト:https://www.city.taketa.oita.jp/okajou/

日本の滝百選にも選ばれている「原尻の滝」

⑲.jpg

⑳.png

続いて豊後大野市にある「原尻の滝(はらじりのたき)」へ。幅120メートル、高さ20メートル、「東洋のナイアガラ」として日本の滝百選にも選ばれている景勝地です。ガイドさんが滝の成り立ちを説明くださいました。

㉑.jpg

ご夫婦がゆったりとした時間をすごされておりました・・・。

滝の周りは自由に散策ができ、水流の落ちる際まで行くことができます。動画で迫力のある水流をご覧ください。ガイドさん曰く、「あくまで自己責任でね。」とおっしゃっておりました・・・。

原尻の滝

■住所:大分県豊後大野市緒方町原尻936-1
■電話番号:0974-42-2137(道の駅 原尻の滝)
■ウェブサイト:http://www.bungo-ohno.com/

地元でとれた野菜を中心とした創作ランチが味わえる「ベジ・カフェ ミズ」

㉒.jpg

㉓.jpg

最後に近くのランチスポット「ベジ・カフェ ミズ」をご紹介します。こちらでは地元でとれた野菜を中心とした創作ランチが味わえます。原尻の滝から車ですぐです。

㉔.jpg

㉕.jpg

うどん玉のようなものを平たく伸ばして鍋にいれます。アツアツがうれしいですね。

ベジ・カフェ ミズ

■住所:大分県豊後大野市緒方町馬場388-1
■電話番号:0974-42-4822(おくぶんごツーリズム研究所)
■ウェブサイト:http://okubungo.com/cafe/index.html

最後に

㉖.jpg

最後までお読みいただいてありがとうございました。機会がありましたら是非大分県へ「心の洗濯」に足を運ばれてはいかがでしょうか?

プロフィール画像
この記事を書いた人
太平洋 渡(たいへいよう わたる)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/08最終更新日:2019/01/08

Views:

大分のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.