たびこふれ

マチュピチュ、ナスカ、イグアスの滝!一生に一度は見たい南米3大絶景の旅

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/12
最終更新日:2018/10/12

Views:

目次

南米3大絶景とは・・・

今回は初めて南米大陸に行ってきました!
南米旅行の初心者として絶対に外せない3大絶景 【1】マチュピチュ遺跡、【2】ナスカの地上絵、【3】イグアスの滝をご紹介させて頂きます。

【1】 天空のマチュピチュ遺跡!

「天空都市」、「空中都市」と言われるマチュピチュ遺跡は「世界で最も行きたい観光地」の1つです。

180712_北川_マチュピチュ遺跡.jpg

マチュピチュ遺跡へはリマより飛行機でクスコに行き、その後ペルーレイルでマチュピチュ村に行き、さらにバスで遺跡の入り口に向かいます。

180712_北川_ペルーレイル.jpg


入り口からは階段を少し登り、意外とすぐにパンフレットで見る絶景に辿り着けることができました。その後は現地ガイドの案内で遺跡内をぐるっと1周し、インカ時代の暮らしを学ぶことができました。
さらにインカ時代の遺跡の入り口「太陽の門」への約2時間のハイキングも楽しむことができました。どこから見ても絵になる景色に思わず何枚も同じ写真を撮ってしまいました。
また、ペルーではクスコやリマの中心部にアルマス広場があり、市内の観光も楽しむことができます。

180712_北川_リマ アルマス広場.jpg

180712_北川_クスコ アルマス広場.jpg

【2】 神秘のナスカの地上絵!

リマ市内からバスで約4時間半。イカという町の小さな飛行場からナスカの地上絵遊覧飛行はスタートしました。
飛び立ってしばらくは水平飛行が続きますが、機体が旋回し始めると機長のアナウンスが始まり「見て!見て!左!ハチドリ!」などの案内で、地上絵が見えてきます。
右に左に旋回をして両側から地上絵を見せてくれるので、パンフレットでよく見る通りの「ナスカの地上絵」を存分に見ることができました。

180712_北川_ナスカの地上絵 セスナ.jpg

【3】 雄大なイグアスの滝!

世界3大瀑布の1つ「イグアスの滝」は滝の数で世界一となっております。

180712_北川_イグアスの滝 虹.jpg

ちなみにカナダの「ナイアガラの滝」は水量が世界一、南アフリカの「ビクトリアの滝」は滝の落差が世界一です。観光ではアルゼンチン側から「悪魔の喉笛」と言われる大迫力の絶景を、ブラジル側からは全体を見渡せる展望スポットから雄大な滝の姿を楽しむことができます。
また、ボートツアーでは水流の激しい滝壺へアタックと様々な角度から「イグアスの滝」を楽しめました。

180712_北川_イグアスの滝 ボートツアー.jpg

【番外編】 ロサンゼルスの有名スポット!

関西国際空港から南米に行くのは日本航空でロサンゼルスで乗り継ぐのがおすすめです。
乗継の待ち時間を利用してロサンゼルスの市内観光に出掛けてみてください!
サンタモニカのビーチを散策したり、ハリウッドハイランドのチャイニーズシアター前で有名人の手形や足型を見学してみてはいかがでしょう。お時間のある方はアナハイムのエンゼルスタジアムで野球観戦もおススメですよ!

180712_北川_サンタモニカ.jpg

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/12
最終更新日:2018/10/12

Views:

この記事に関連する記事

ペルーのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.