たびこふれ

ツェルマット宿泊者におすすめ!スネガ展望台で朝焼けマッターホルン観賞

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/11
最終更新日:2018/10/11

Views:

早朝の展望台はベストシーズンの夏でも観光客が少ないため、落ち着いて朝焼けを楽しみたい方には絶好のスポットです。それではご紹介していきましょう!

目次

展望台へ行く方法

スネガ展望台(標高2,288m)は、マッターホルン麓の村、ツェルマットの中心部から徒歩10分ほどの場所にあります。私が訪れた日の日の出時刻は6時頃でしたが、5時過ぎにはチケット売り場へ並んでいる方がすでに数名いました。トンネルを抜け、ケーブルカーへ乗り込みます。

スネガケーブルカー.png

わずか5分で展望台へ到着。出口ゲートを出ると、目の前に雄大なマッターホルンが姿を現します!(まだ日の出前なので薄暗いですが)周囲に遮るものが何もないため、裾野まできれいに見ることができるのです。

マッターホルン①.png

開店前でしたが、カフェもありました。マッターホルンを眺めながら食事を楽しめるなんて、特等席ですね!

ここだけじゃない!絶好のフォトスポット

この展望台からの眺めももちろん素晴らしいのですが、ここからエレベーターで少し下ると、ライ湖に映る逆さマッターホルンを見ることができます。徐々に地平線近くがオレンジ色に色付いてゆき、マッターホルンの先端がピンク色に色付いた瞬間は思わず歓声を上げてしまうほど感動します。刻一刻と光の当たる範囲が変化していくので、目が離せません!

マッターホルン②.png

30分ほどで全体的に色付いてきます。鏡のように映ったもう一つのマッターホルンも同時に染まってゆく姿は、息をのむ美しさです。

朝焼け観賞へ行かれるときの注意点

標高が高いことに加え、早朝はさらに冷えるので、朝焼け観賞へ行かれる際は暖かい服装でお出かけされることをおすすめします。 この朝焼け逆さマッターホルンは、展望台へ登るからこそ見られる絶景です。ツェルマットへ訪れた際は、ぜひ一泊して足を運んでみてくださいね♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
W.I
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/10/11
最終更新日:2018/10/11

Views:

この記事に関連する記事

スイスのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.