たびこふれ

アートの街バランコにあるおしゃれでかわいいアートショップ「Cuatro en un Baúl」

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/30
最終更新日:2018/08/30

Views:

目次

アートの街、バランコ

アートの街として知られるリマ市バランコ区。キャンバスに見立てた建物の外壁にさまざまな絵が描かれていたり、ストリートパフォーマーがアッと驚くような技を披露したり。路上で手作りのアクセサリーや雑貨を売る若者もあちこちにいます。本格的なアートギャラリーも多く、つい立ち寄ってしまいたくなるお店がいっぱい。今回ご紹介するインテリア&アートショップ「Cuatro en un Baúl/クアトロ・エン・ウン・バウル」も、"つい覗いてみたくなる"お店のひとつ。「バウル=旅行かばん」の名の通り、素敵なアートがいっぱい詰まった可愛らしいお店です。

国内外の若手アーティストによる作品がいっぱい

002.jpg

薄いソーダブルーにまとめられたこの部屋は、女性が好きそうな可愛らしいオブジェでいっぱいです。オブジェを飾っているテーブルやソファーなどの家具類も、すべてペルー人アーティストたちによる"作品"。座っても大丈夫だそうですが、ひと声かけてからのほうがいいかもしれませんね。

003.jpg

ブックストッパーはブリキの靴を履いた木製の足型。横のこけしのような置物は、まさにそのとおり「Kokesi」という作品でした。アンティーク家具にインスパイアされたヴィンテージ調のファニチャーや、リサイクル素材を使った一点モノもたくさんあります。

004.jpg

ちょうどサッカーワールドカップ・ロシア大会の開催期間中に訪問したからでしょうか。店内には、ペルー国旗の色である紅白を活かした作品がいくつかありました。ペルー人のサッカー愛が感じられる一角ですね。

005.jpg

クアトロ・エン・ウン・バウル一押しのペルー人アーティスト、ラファエル・ランフランコの「Wako-San(ワコ-サン)」シリーズ。ラファエル・ランフランコはペルー国内のみならず、サンパウロやサンティアゴ・デ・チレ、マイアミなど世界各地で個展を開催。日本最大のアート見本市である「アートフェスティバル東京2017」にも出品したそうですよ。

006.jpg

いろんなワコ-サンがいますね。ちょっときわどいのもありますが、アートということでご理解ください。ワコ-サンは置物だけでなく、植木鉢や小物入れ、絵画などいろんな形で表現されています。店内にもいろいろあるので、お好きなワコ-サンを探してみてくださいね。

007.jpg

スペイン・ログローニョ出身の若手アーティスト、ナイアラ・アリエタのイラスト。多色使いながら抑え気味の色調が美しい彼女のイラストは、多くのファンを魅了しています。ドイツやスペインの現代アート美術館でも取り上げられるほどの実力の持ち主なんですよ。彼女のイラストが描かれたバッグやポーチもありました。

クアトロ・エン・ウン・バウルのある小道は歩道の幅が狭い上に葉がこんもり生い茂った街路樹が並んでいるので、離れたところからぱっと目につかないのがちょっと難点。扉の横に「Cuatro en un Baúl」と書かれた看板があるので、どうぞお見逃しなく!

Cuatro en un Baúl/クアトロ・エン・ウン・バウル

住所:Jr. Carlos Martínez de Pinillos 105, Barranco - Lima
電話:(01)247-8882
開館:10:00~20:00 無休
ウェブサイト:www.cuatroenunbaul.com.pe

プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/08/30
最終更新日:2018/08/30

Views:

この記事に関連する記事

ペルーのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.